就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

3人目の出産に里帰りは必要?里帰りなしの場合と里帰りのメリット

3人目の出産に里帰りは必要?里帰りなしの場合と里帰りのメリット

里帰り出産をすると産前産後に家族のサポートが受けられるので安心ですね。でも3人目の出産では、上の子の気持ちや生活環境が気になり里帰り出産するかどうかを悩むママも多いようです。3人目を里帰り出産するメリットや里帰りの期間、里帰り出産をしない場合のポイントなどについてお話しします。

3人目の出産で里帰りをするメリットは?

出産前から家族のサポートを受けられる

3人目の出産では「陣痛がきたとき、上の子たちを連れて病院までたどりつけるかどうか」ということが心配というママは多いものです。

ただでさえ2人の子どもを連れて外出するのは大変です。たとえタクシーを利用した場合でも陣痛でママの身体がつらいときに、小さな子たちを連れて移動するのは不安ですよね。

その点、里帰りすると誰かがそばにいてくれる確立が高くになるでしょう。上の子の面倒を見てくれる人がいてくれると、1人で病院まで向かうことになっても負担が少なくて助かりますね。

出産前は精神的に不安定な時期です。つねにそばで励ましてくれる家族がいると安心です。里帰り出産はつねに家族からのサポートが受けられるので嬉しいですね。

家事などの負担が減るため母体に嬉しい

出産前は家事をするのも一苦労です。大きなお腹で料理を作るのは大変ですし、買い物の重たい荷物や洗濯物を運ぶことは控えたいものです。

産後も1カ月は安静にしていた方がよいといわれているので、普段は難なくこなせる家事ができなくなってしまいます。里帰り出産をすれば、ごはんを作ってもらえたり洗濯してもらえたりするでしょう。身の回りのことをしてもらえるので助かりますね。

里帰り出産しない場合は「料理や洗濯をどうするか」という大きな問題があります。パパにお願いするという方法もありますが、働きながら食事を準備したり洗濯をしたりするのは大変なことでしょう。

里帰り出産は家事をしてもらえるので、パパやママに優しい選択といえそうです。

産後も新生児の育児に集中できる

里帰り出産では、周りの家族に上の子の面倒を見てもらえるので助かりますよ。下の子を出産するときは、上の子たちは不安で精神的に弱くなりがちです。

先ほどもお話ししましたが、出産後のママは1カ月は安静にした方がよいといわれています。そのため、上の子が「遊んで!」と寄ってきたり、「ママに抱っこしてほしい!」と甘えてきたりすると困ってしまいます。

里帰り出産中は家族が上の子たちと遊んでくれるので助かりますね。上の子たちもしっかりと甘えることができるので精神的にも落ち着くでしょう。上の子の心のケアもしてもらえる点も里帰り出産のメリットです。

上の子を見てもらえるとママは赤ちゃんのお世話に集中できるので楽ですね。

3人目は里帰り出産をしない場合は?

パパにしっかりと協力してもらおう

3人目の出産は上の子のことを優先して、自宅で出産するママもいます。子どもが「お友だちと離れたくない」といったり幼稚園などの行事があったりすると、上の子の意志を尊重したいですよね。

里帰り出産しなければ、ママの家事負担が大きくなってしまいます。前にもお伝えしたように、産後1カ月はママは安静にしておいた方がよいので、パパに協力してもらえるかどうかがポイントです。

パパの休暇などが取れることもあると思います。里帰りしない場合は、勤務先への届け出の期間なども考えて早めにパパに相談しましょう。

出産前後にパパに協力してもらいたいことをメモなどに書いて伝えておき、出産後はしっかりとサポートしてもらいましょう。

万が一のために周りには現状を伝えておこう

里帰り出産をしない理由はいろいろあると思います。幼稚園や保育園に子どもを預けられるので、自宅にいる方が楽だというママもいるでしょう。

その場合は仲のよいママ友と連絡を取り合っておく方がよいですよ。緊急のときにお願いできるかもしれません。陣痛が始まって病院へ行くときは、パパが帰ってくるまでの短時間なら子どもの面倒を見てもらえることもあるでしょう。

出産後は幼稚園のお迎えにパパが行くことになるかもしれません。急な残業でお迎えが遅れてしまうときも助けてもらえるかもしれませんね。

3人目の出産では「少しだけ誰かに手伝ってもらえたら助かる…」ということも多いものです。幼稚園の先生やママ友などに現状を伝えておくと力になってもらえるはずです。

とにかくストレスは溜めないようにしよう

赤ちゃんが生まれるとストレスが溜まりやすくなりますね。出産後は思うように動けないのでもどかしいですし、2~3時間おきの授乳で睡眠不足になってイライラしがちになります。

さらにパパと育児の大変さを共有したくても、わかってくれなければモヤモヤしてしまいます。大人と会話しない日が続くと孤独に感じることがあるかもしれません。

そんなときはストレスが溜まらない工夫をするとよいですよ。外出ができないときは、テレビを見て気分転換したり、ママ友と電話でおしゃべりしたりするのも効果的です。

出産後はただでさえ精神的に不安定になりがちな時期です。いろいろな方法でストレスをうまく発散して、溜めこまないように気を付けましょう。

3人目出産の里帰りの理想の期間は?

産前産後の1カ月くらいが理想的

里帰り出産をする期間をどれくらいにすればよいか悩むママも多いと思います。実家にいると家事や育児が楽なので、いつまでも滞在したいと思ってしまいますよね。

上の子が保育園などに通っている場合は、休園期間の決まりを確認しておいた方がよいですよ。期間が過ぎると退園になってしまう場合もあるようです。

長い里帰りは上の子のためにも控えた方がよいといえそうです。長くお友だちと離れていると記憶が薄れてしまうこともあるでしょう。またパパが気楽な一人暮らしに慣れてしまったり、父親としての自覚が薄れてしまったりすることもあるようです。

そのためパパや上の子のことを考えると、産前産後の1カ月くらいが里帰り出産の理想期間といえそうです。

遠方ならもう少し長めがおすすめ

里帰りの期間は、一般的に実家が近いママは短期間、実家が遠いママは長期間の滞在になっているようですよ。

実家が近ければ行き来するのも簡単です。困ったことがあっても応援に来てもらえる可能性が高いので里帰りの期間も短いのですね。

実家が遠い場合はいろいろ考えることがありそうです。実家が遠いということは、パパの待つ自宅へ戻るまで新生児を連れて長時間、乗り物に乗ることになってしまいます。

生まれたばかりの赤ちゃんは免疫力が弱いため感染症などの心配もあるでしょう。季節によってはインフルエンザなどが流行っていることもありますよね。

そのため自宅へ戻る季節をずらすママも多いものです。長距離を移動するときは安全を考えて期間を決めましょう。

上の子の予定も踏まえて計画しよう

里帰り出産は上の子たちも連れて実家に帰ることになるでしょう。パパだけで何週間も上の子たちの面倒を見るのは難しいですよね。

上の子が保育園や幼稚園に通っているときは、「運動会」や「お遊戯会」、「遠足」など毎年行われる行事を楽しみにしていることもあるでしょう。親としては、できるだけ参加させたいと思ってしまいますよね。

「お遊戯会で〇〇の役をしたい!」とか「運動会のかけっこで1番になりたい!」など、子どもなりに目標を持っているかもしれません。

里帰り出産の計画は、上の子たちの予定を踏まて考えましょう。上の子には上の子の生活があるので、家族で話し合ってなるべくお互いが納得できるようにしたいですね。

まとめ

3人目の出産に里帰りするかどうか悩むママは多いものです。里帰り出産は家事負担が減って上の子の面倒も見てもらえるところがよいですよね。

上の子が幼稚園などに通っているときは、お友だちとの関係や行事予定などを考慮して計画を立てたいものです。長期間の里帰りはパパが寂しく感じたり父親への意識が薄れたりする可能性がありますよ。

里帰り出産をしないときはパパのサポートが大切になります。家族が納得できる出産になるようにみんなで話し合いましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj