就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

生クリームは長期保存できるの?正しい保存方法と使い切りアイデア

生クリームは長期保存できるの?正しい保存方法と使い切りアイデア

料理やお菓子作りに使った生クリームが余ってしまうこともありますよね。余った生クリームはどのように使っていますか?消費期限を気にして無理に使うのはもったいないですよね。今回は、生クリームの保存期間や正しい保存方法、余った生クリームを使い切るアイデアを紹介します。

生クリームの保存期間と保存の方法

開封した生クリームの保存目安とは

生クリームの開封後の消費期限は、種類によって異なります。

動物性生クリームは乳製品なので日持ちしません。開封後は1~2日ほどで使い切るようにしましょう。乳脂肪分が高いものほど濃厚な口当たりになりますが、濃厚なものほど分離が早いので、開封後は使い切らないと品質が落ちてしまいます。

植物性生クリームは乳製品ではないので、3~5日は冷蔵保存できますよ。

保存日数は、冷蔵庫の衛生状態や保管方法に影響されるので、確実にこの日数持つとはいえません。必ず生クリームの状態をチェックしてから使いましょう。

「黄色っぽく変色しているもの」「液体状態を保っていないもの」「酸っぱい臭いがしているもの」は使えませんよ。

冷蔵保存は劣化が進みやすい

生クリームのパックには賞味期限が書いてありますが、開封するとすぐに劣化し始めます。冷蔵保存するならなるべく早く、遅くても保存目安の間に使い切りましょう。

生クリームが入っていたパックをそのまま使って保管するのはおすすめできません。パックの口を閉じても、開封口のちょっとした隙間から空気が入ってしまい、乾燥したり風味や品質が落ちたりしてしまいます。

冷蔵庫で保存するときには、口をきちんと閉められる保存用タッパーに移してから保存しましょう。保存容器に入れると1週間程度持つようになりますよ。

保存期間はあくまで目安ですので、早く劣化してしまうこともあります。再び生クリームを使うときには、必ず状態を確認しましょう。

生クリームを冷凍保存するメリット

生クリームは開封したときから劣化が始まります。生クリームを冷凍保存する最大のメリットは、やはり長期保存できることでしょう。すぐに冷凍保存すれば、生クリームを新鮮なまま保つことができますよ。

また、生クリームにはほかの食品の臭いが移りやすいのですが、冷蔵保存するよりも冷凍保存した方が、臭いが移りにくくなりますよ。一度冷蔵庫で臭いが移ってしまうと、そのあと冷凍しても臭いが残ってしまうので、パックを開けたらできるだけ早く冷凍保存してくださいね。

また、ホイップしてから冷凍すれば、次に使うときに面倒な泡立てをせずに使用できるので手軽に使えます。小分けして冷凍すれば、好きなときに好きな量だけ使えるので便利ですよ。

生クリームを冷凍するときのコツ

液状の生クリームは分離に注意して

生クリームは、開封したその日のうちに冷凍しましょう。冷蔵で保管していると、油脂と水分が分離してしまいます。

ホイップせずに液体のままで冷凍することも可能です。しかし、生クリームに含まれている水分の体積が増えて脂肪球が破壊されるので、解凍したときに油脂と水分が分離してしまいます。

また、解凍するときには、冷蔵庫でゆっくりと解凍しましょう。急いで解凍しようと常温解凍や電子レンジでの解凍をすると、雑菌が繁殖したり、油脂と水分が分離してしまったりします。

分離してしまった生クリームはホイップできません。しかし、スープやカレーなどの隠し味やコーヒーなどに入れるミルクとしては使えるので、うまく活用しましょう。

ホイップしてから冷凍すると使いやすい

生クリームを冷凍保存するときは、砂糖を入れてホイップすると、糖の保水性により分離しにくくなります。

おやつや飲み物などに少しずつ使うなら、小分けして冷凍するとよいでしょう。絞り袋に入れて絞ったりシリコンカップに入れたりすると、可愛い形のホイップができるので子どもが喜びますよ。

冷凍するときは、生クリームに砂糖を加えて8〜9分立てにして冷凍庫に入れましょう。小分けした場合は、ラップをかけて冷凍庫に入れ、しばらくして固まったら、保存用タッパーかジッパーつきの冷凍保存袋に移しましょう。

また、切り込みを入れていない絞り袋に入れて冷凍すれば、市販の冷凍ホイップと同じように使えます。解凍後に使うときは、きちんと使い切ってくださいね。

解凍する方法と保存期間の目安は?

一度解凍した生クリームを再び冷凍するのはおすすめできません。冷凍する前に、自分が生クリームをどのように使うかをイメージして、使用量に合わせて小分けするとよいでしょう。

解凍方法ですが、基本的に液体のまま冷凍した場合は料理に使いますよね。スープやシチューなど、温めるものに入れるなら、凍った生クリームをそのまま料理に入れて大丈夫ですよ。

液体に戻して使いたい場合は、必ず冷蔵庫に入れてゆっくりと解凍してくださいね。2~3時間くらい経つとちょうどよい柔らかさになります。溶かしすぎて液体に戻ってしまうと、再びホイップとしては使えなくなってしまうので注意しましょう。

ホイップクリームを冷凍すると、1カ月ほど持つようになりますよ。

生クリームを使い切るアイデアを紹介

子どもの好きなココアやデザートに添えて

ホイップクリームを飲み物にのせたりデザートに添えたりすると、ワンランク上のスイーツタイムを楽しめますよ。

コーヒーにのせてウインナーコーヒーにすれば、プチ贅沢なティータイムを演出できます。子どもの好きなココアにのせれば、きっと喜んでくれますよね。ジュースにのせてフロートにするのもよいでしょう。

デザートなら、プリンやゼリーにはもちろん、スコーンやカステラなどの焼き菓子にもよく合います。市販品でも手作りでも、ホイップクリームを添えるだけでちょっと贅沢な気分を味わえますよ。

缶詰のフルーツや生フルーツに添えて食べても美味しいですし、生クリームとフルーツをパンにはさんでフルーツサンドにすれば、腹持ちのよいおやつが完成します。
36 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版