就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママの健康は赤ちゃんに影響する?妊娠~産後を元気に生活するために

ママの健康は赤ちゃんに影響する?妊娠~産後を元気に生活するために

妊娠~産後まで、ママの健康が赤ちゃんに影響することはあるのでしょうか。あるとすれば一体どういったことなのでしょう。ここでは、妊娠~産後までママと赤ちゃんが元気で健康に生活するために、心がけることをご提案します。赤ちゃんと楽しく過ごすためにもぜひご参考ください。

妊娠中のママの健康状態と赤ちゃんへの影響

妊娠中のママは健康を損ないやすい

妊娠中のママは健康を損ないやすいということをご存知ですか。妊娠中はママの体の免疫が低下するので、風邪をひきやすく感染症などの病気にも気を付けなくてはなりません。

妊娠中に体の免疫が低下するのには理由があります。通常、人は外から入った菌やウイルスなどの異物に対して、免疫が働き攻撃しようとします。

お腹の赤ちゃんにはパパの遺伝子が半分含まれているので、ママの体は異物とみなし攻撃してしまいます。そのようなことにならないために、ママの免疫を低下させて赤ちゃんを守っているのです。

そのほかホルモンバランスの変化によるものも考えられます。ママは妊娠によって大きくホルモンバランスが変化して体調を崩しやすくなります。

妊娠中のママはストレスが溜まりやすい

妊娠すると体の大きな変化に、精神的にも身体的にもストレスや不安を感じやすくなります。ストレスや不安は様々な要因が考えられます。

まずは体がどんどん変化していくこと。体の中では毎日赤ちゃんが成長するため、ホルモンバランスも変化していきます。そしてつわりや抜け毛、便秘や腰痛などさまざまなトラブルが出てきます。体調管理を気にしたり、お腹が大きくると動きにくくなってきたりと、ママは次々起こる体の変化をストレスと感じやすいです。

また精神的にもこれから迎える出産や育児に不安になります。特に初産の場合は未知の経験をするわけですから、不安も大きいですよね。

同様のストレスや不安を抱える妊娠中のママは多いもの。ストレスは溜まるものだと考え気を楽にしましょう。

ママの健康はお腹の赤ちゃんにも影響がある

妊娠中のストレスはいろいろとありますが、一時的なストレスであればそこまで悩む必要もなく赤ちゃんへの影響は心配ありません。

しかしママが強いストレスを感じ続けている場合は、早産や切迫早産を引き起こしやすいといわれています。そこで、辛いときにはママ1人で抱え込まず、赤ちゃんのためにも産婦人科などに相談してみましょう。

また妊娠中に風邪をひくママは多いですが、高熱が出たり激しく咳が出たりする場合は赤ちゃんにも負担がかかります。

風邪など体調が悪いと感じたときは、なるべく早く産婦人科や内科に診てもらうようにしましょう。薬は妊娠中に飲むと危険なものもあるので、自己判断せず、病院で妊娠していることを伝えて処方してもらいましょう。

産後もママの健康は赤ちゃんに影響がある

ママが感染症になると赤ちゃんにもうつる

赤ちゃんは生まれてから生後6カ月くらいまでは、ママの免疫が残っているので風邪などの感染症にかかりにくいといわれています。しかし、すべての感染症に対して免疫があるわけではありません。

ママやパパはもちろん、上の子が幼稚園や保育園に通っている場合は、そこでもらってきた感染症が赤ちゃんにうつる可能性があります。

インフルエンザなどは幼い赤ちゃんにとっては重症になることもあるので、できるだけ家族で予防を心がけましょう。

予防接種を受けたり、たまに部屋の換気をしたり温度や湿度に気を付けるだけでも感染症のリスクを減らすことはできます。

もし赤ちゃんがいつもと違って体調が悪そうに感じたら、様子を見て早めに病院を受診するようにしましょう。

ママの産後うつは赤ちゃんの発達に影響する

妊娠から出産までママにとっては心身ともに大変な状態が続き、回復する暇もなく育児が始まります。寝不足や育児の不安など疲れも溜まってきますね。

産後うつはそのような心身の負担によって、ママの精神状態が不安定になることをいいます。産後うつになるママは10人に1人程といわれていますが、出産は命がけですから多少なりとも誰もが心身の不安を感じることでしょう。

しかしあまり産後うつが長引くと、赤ちゃんにも影響がでる可能性があります。産後うつによって赤ちゃんに対する接し方に愛情が乏しいと、赤ちゃんの情緒の発達も遅れてしまうといわれています。

育児に集中しているとなかなかママ自身がうつに気がつかないことがありますので、ときどき自分を見つめてみることも大切ですよ。

ママが乳腺炎になると母乳嫌いになることも

乳腺炎とは乳腺に溜まった母乳が細菌感染し炎症をおこしている症状をいいます。乳腺炎になると、おっぱいにしこりができて熱を持ち、触れるだけで痛く感じることがあります。ときには痛みに加えてママも熱が出たり悪寒がしたりします。

ママが乳腺炎になると、母乳に黄色や黄緑色の膿が混じり美味しくありません。美味しくないと赤ちゃんもわかるようで、あまり飲もうとしなくなります。赤ちゃんは言葉で伝えることができないので、ママが無理やり飲ませようとすると母乳嫌いになることもあるそうです。

そうなると赤ちゃんが母乳を飲まなくなって栄養や成長が心配になってくるので、乳腺炎には気を付ける必要があります。

辛いときは早めに産婦人科を受診しましょう。

ママが笑顔で元気に生活するには?

リラックスして休息する時間をつくる

妊娠中や不安や育児の疲れなどを感じるときには、リラックスする時間を取るとよいですよ。

まず、睡眠を取れるときに取っておくようにしましょう。寝不足になるときちんとした思考ができないので、体調不良によってどうしてもマイナス思考になりがちです。

特に赤ちゃんが寝ているときはその間に家事をしたくなるかもしれませんが、ママも一緒に横になって休む方が体力回復にもなり、その後の家事育児がスムーズにいくこともありますよ。

またお風呂につかることも血行がよくなりリラックス効果が高いです。ほかにも好きな音楽を聴いたり、外に出て陽の光を浴びてみたり、美味しいおやつを食べたりママが好きだと思うことをして自分を癒してあげましょう。

栄養バランスのよい食事を心がける

妊娠中や育児でママが体調を崩してしまうと、赤ちゃんのお世話や身の回りのことなど色々なことがうまくいかなくなります。そこで家事も子育ても、まずママの体調を整えることが大切です。

睡眠もですが、バランスのよい食事を摂ることでママの体調は早く回復します。葉酸やカルシウム、鉄分やタンパク質、ビタミンなどをしっかり摂ることができたらよいですね。

なかなか買い物や料理ができないときは、ネットスーパーや宅配、宅食サービスを利用する方法もあります。

宅食サービスは栄養のバランスを考えて作られており料理の手間も省けます。宅配サービスには赤ちゃんがいると割引があったり、安心な商品を取り扱っていたり、離乳食などの商品もあったりするので助かりますよ。

悩みは1人で抱え込まないようにする

周りに相談できる人がいれば、1人で抱え込まずに積極的に頼りましょう。ママ1人で頑張っても解決できないことがあります。

周りに相談できる人がいない場合は、地域の子育て支援センターや無料の電話窓口があるので、相談してみるとよいでしょう。

話を聞いてもらうだけで心が落ちつく場合もあるし、子育てに詳しい専門の方からのよいアドバイスがもらえますよ。

また人に話したくないときは、心を元気にしてくれるような本を選んで読むのもおすすめです。本は自分以外の人の考えが書かれているので、読むことによって子育てや悩みの解決のヒントが見つかることもあります。

子育てに正解はないといわれているからこそ、悩んだりすることは当たり前です。だから1人で頑張らずに頼りましょう。

まとめ

妊娠~産後のママは免疫が低下していたり、ストレスを抱えたりしていることが多いです。

そこで、ママの体調が悪いと早産を引き起こすリスクがあったり、感染症が赤ちゃんにうつる心配があったりするので気を付けなくてはなりません。

また産後うつや乳腺炎などによって、赤ちゃんの発達に影響が出てしまわないように、ママは自分の体の変化に気付いて早めに対処することが求められます。

睡眠や食事バランスを整えて、リラックスできる自分のための時間を取りましょう。悩みは1人で抱え込まずに誰かに頼ることも大切ですよ。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • クリスマスプロジェクト2018