就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

3歳児の寝かしつけは大変!スムーズに寝かしつけるコツとポイント

3歳児の寝かしつけは大変!スムーズに寝かしつけるコツとポイント

子育てで大変な仕事の中のひとつに、寝かしつけがあります。寝るのが嫌いな子、眠たいのに寝れない子など、苦労しているママは多いかと思います。特に3歳にもなると、小さな頃のように疲れて寝入ってくれることも減ってきますよね。ここでは、寝かしつけのコツとポイントをご紹介します。

3歳児のお昼の生活リズムを見直してみよう

朝は早起きして日光をあびよう

寝つきを良くするには、まず早起きします。朝起きて日光を浴び、体内時計のリズムを整えるようにします。遅くとも朝7時には起きて、カーテンを開けて太陽光を浴びます。すると、寝ている時に出ている睡眠ホルモンのメラトニンの分泌が抑えられて、スッキリ目を覚ますことができます。

朝早く起きると、起きている時間が長くなるので、自然と疲れて眠くなるものです。しかも、このメラトニンは大体15時間後に再分泌されるので、夜にはまた眠くなるというシステムなのです。

朝起きて、夜は寝る、そういう規則正し生活習慣を身に付けることが、寝つきを良くするための最初の一歩です。ママも起きるのが辛い日があるかも知れませんが、子どもの寝つきがよくなることを願い、一緒にチャレンジしてみましょう。

体を使ってたくさん遊ぼう

お天気の良い日には外に遊びに出て、公園でお友達と走り回ったり、遊具で遊んだりして、体を使って運動します。体を動かせば疲れて眠くなるのは、大人も子どもも同じです。しっかり遊び回って、体が自然と疲れるようにします。

雨の日でも、キッズルームなどを利用して少し広い遊び場に連れて行ったり、お家の中でも、ママと一緒に体操したり、ジャンプ運動したすることもできます。運動する事を日課にするのは、子どもの健康な体を作るにも大切なことです。筋肉と骨をしっかり育てて丈夫な子どもに育ちます。

ついでにママも、一緒に外に出て気分転換ができますし、体操して健康になれます。毎日運動することは、子どもにもママにもよいことがいっぱいなのです。

昼寝の時間が子どもに合っているか見直そう

3歳は、まだお昼寝が必要な年齢でもあります。もちろん個人差はありますし、お昼寝をしなくても大丈夫な子はいます。夕方に疲れて愚図り出すようなことがあれば、お昼寝がきちんとできていなかったといえます。

お昼寝は、昼ご飯を食べた後、お腹がいっぱいになったときがよい時間です。そして、1時間から2時間眠る子が多いようです。ここで注意しなくてはいけないのが起きる時間です。起きるのが午後3時を大きく過ぎると、夜までの時間が少なくなり、夜の寝つきが悪くなります。もし昼寝を始める時間が遅くなってしまったら、早めに起こして、夕方まで寝続けることがないようにしましょう。

子どもが寝いてる間はママの貴重な時間です。ゆっくりして午後からの子どもとの時間に備えましょう。

3歳児の夜の生活リズムを見直してみよう

就寝一時間前までにはお風呂に入ろう

夜お風呂に入る時間も、寝つきと関係があります。お風呂に入ってすぐの体がポカポカ火照っているときよりも、火照りが徐々に冷めていく中の方が、お布団の中に入ってちょうどよい暖かさになり、寝つきやすいからなのです。なのでお風呂は、寝る一時間ほど前までにすませてしまうのがお勧めです。

夜はとくに、やることが多い時間です。夕飯を食べて、お風呂に入って、就寝する、この夜の時間をドタバタとせず、ゆっくり順番にこなしていくためにも、お風呂には余裕をもって、寝る一時間ほど前に済ませるのはよいことです。

ママも一緒にお風呂に入ったら、髪の毛を乾かしたりクリームを塗ったりと、自分のためにやりたいこともあるでしょうから、それをしていると、1時間くらいが過ぎているかもしれません。

就寝前はテレビや携帯を見ないようにする

寝る前には、テレビや携帯電話を見せたり、ゲームなどをさせないようにします。それは、テレビの液晶などから発せられるブルーライトが、人間を活性化させる効果があるいわれているからです。

それに、子どもが夢中になってしまうテレビやゲームは、子どもの神経を高ぶらせ、より寝つきを悪くしてしまいます。さらには、もっとやりたいという気持ちが子どもの中に起きて、「もっと、もっと!」とおねだりを始め、寝る時間がどんどん遅くなり困ったことがあるママやパパもいるのではないでしょうか。

夜寝る前は、ゆったりした気持ちに持っていくための、大事な時間です。子どもを刺激するような遊びや過ごし方をしないように心掛け、就寝に備えましょう。

就寝前の流れを作ろう

毎日生活していると、自然と次は何をするか決まり、時間の流れができてきますね。例えば、ご飯を食べる前は、ママが料理で忙しいからテレビの時間、ちょうど好きな番組が終わったところで夕飯の時間。

これと同じように、夜寝る前にも流れができれば、自然と寝る気持ちになります。お風呂に入って、自分でパジャマを着て、明日のお洋服をママと選んで、オモチャの片づけをして、トイレに行って。今日はもう終わる、明日の準備もできたし、もう寝るのだと決めるのです。

最初は、まだ遊びたいとか、布団に入りたくないと言うかもしれません。でもそこで踏ん張って、決めた流れを毎日繰り返します。すると体も気持ちも慣れ、布団に自然と入って眠れるようになります。

寝かしつけをするときのポイント

本の読み聞かせをしてあげよう

本を読むことは、とても大切なことです。寝る前に、ふわふわのお布団の上でママが本を読んでくれたら、本が好きな子どもになるでしょうし、大きくなっても読書の習慣が残りやすいです。

寝る前に本を読むと、お話を頭の中で想像しながら、どんどん集中していきます。そうしてお布団の中に入って、頭の中で遊びに夢中になって、最後にはウトウトと寝入ります。本を読むときに、もう布団の中に入って横にさせておくのもよい方法です。ママが本を読んでいる声を聴きながら、それが子守歌のようになり、眠りにつく子もいます。

今は、寝る前に読むとよいお勧めの本もありますから、図書館で借りたりして、いろいろ試してみるといいです。きっと、子どもの気に入る本が見つかります。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事