就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんを育てるママが幸せな瞬間は?乳児期は大変だけど貴重な期間

赤ちゃんを育てるママが幸せな瞬間は?乳児期は大変だけど貴重な期間

待望の赤ちゃんとの生活は幸せだけど、大変に思うママは多いと思います。育児や夜の授乳で疲れもたまってきますね。試行錯誤の乳児期は大変ですが、貴重な時間です。赤ちゃんの一瞬一瞬の成長を見逃さないために、乳児期で見られる成長過程や、どんなことにママが幸せを感じるのか一緒に見ていきましょう。

赤ちゃんのときしか見られない姿を楽しもう

3カ月頃までに現れるモロー反射がかわいい

赤ちゃんには新生時期から生後3カ月頃までの間に見られる「モロー反射」というものがあります。個人差もありますが、脳の機能が発達してくる生後4カ月をすぎるとなくなる赤ちゃんがほとんどのようです。

モロー反射は赤ちゃんが光や音などの刺激を受けたときに、体をびくっとさせ、両腕をぴんと伸ばす動きのことです。乳児期ならではの、期間限定の赤ちゃんのかわいい動きですね。しかも、毎日一緒にいるママはたくさん見ることができて本当に幸せです。

モロー反射は寝ながらする赤ちゃんがほとんどで、そのあとに泣いてしまう赤ちゃんもいます。きっと光や音で不安になり、ママを求めているのですね。そのときは迷わず抱っこしてあげてください。ママの抱っこが赤ちゃんには一番です。

把握反射でママと最初のコミュニケーション

「把握反射」は、赤ちゃんの手のひらに触れたときに強く握り返してくる動きのことです。まさに赤ちゃんがママと最初にするコミュニケーションですね。

把握反射の中でも手の把握反射を「手掌把握反射」、足の把握反射を「足底把握反射」といいます。手掌把握反射は生まれてすぐから生後3、4カ月まで、足底把握反射は生まれてすぐから生後9、10カ月まで見られます。

手のひらを触るとキュッと握り返してくれて、ママと何かお話ししているような気分になります。把握反射の時期には個人差がありますが、握る強さにも個人差があります。

自分の子がほかの赤ちゃんに比べて握る強さが弱いと感じることもあると思います。ですが個人差があるのであまり過敏になりすぎないようにしましょう。

天使のスマイル!新生児微笑

生まれてまもない赤ちゃんの視力は0.01~0.02といわれ、はっきりと見えていません。そんな赤ちゃんでも時折微笑むことがありますね。それを「新生児微笑」といいます。

これは赤ちゃんが特別な感情をもって微笑んでいるのではなく、神経の反射で顔の筋肉を使って起こる現象です。ですが、赤ちゃんが周りの人にかわいがってもらうために本能的に備わっているともいわれ、「天使の微笑み」とも呼ばれるようです。

新生児微笑は周りにいる人を癒す力があります。この天使の微笑みを毎日見ることができるママは幸せですね。

この新生児微笑も生後3カ月頃には消失してしまう期間限定の微笑みです。今だけしか見ることができない天使の微笑みを、しっかり目に焼き付けてもらいたいです。

赤ちゃん時期を育てるママが幸せな瞬間

乳児特有の甘い香りに癒される

赤ちゃんは乳児期に独特の香りがします。ママによって聞いていた香りとは違ったとか、今までに嗅いだことのない香りだったなど感じ方はさまざまなようです。

ですがほとんどのママは、甘いふわっと包まれるような香りがして、その包まれるような甘い香りで癒されたとか、幸せな気持ちになったといっています。

また男の子と女の子では香りが違うといっているママが多いです。特に男の子の赤ちゃんの汗の香りは女の子と違って独特で、何度も何度もにおいたくなるような、くせになる香りです。

この香りも乳児期独特な期間限定のものです。この乳児期の赤ちゃんの香りは写真や動画では記録できませんね。ですからママの記憶にしっかりとインプットしておくようにしましょう。

授乳時間はママだけの幸せな特権

ママの一番の特権は、なんといっても授乳です。授乳はママと赤ちゃん2人だけの特別な時間ですね。授乳を始めた頃の赤ちゃんは上手におっぱいを飲むことができなかったり、夜は2、3時間おきに起きてしまったりして大変だと思います。

ですが、一生懸命におっぱいを飲もうとする赤ちゃんを見ていると、疲れもどこかへ吹き飛びますね。幸せそうにおっぱいを飲む我が子をゆっくりと見ることができる授乳時間は、ママにとってとても幸せな時間ではないでしょうか。

授乳は1歳辺りで断乳される方が多いですが、1歳前でも風邪をひいたりすると飲まなくなってしまう赤ちゃんもいるそうです。

授乳がなくなると寂しいというママは多いです。そんな短い授乳時間を大切に過ごしてくださいね。

赤ちゃんは全力でママを愛してくれる

ママが大好きな赤ちゃんは、ハイハイができない頃から目でママを追いかけるようになり、ハイハイができるようになると、とにかくママを後追いします。

さらにママだけ見せる笑顔があったり、ママの抱っこでないと泣きやまなかったりとママだけの特別なことが増えてきます。これは赤ちゃんがママを大好きだという表現方法です。

大きくなってもママが大好きということに変わりはありませんが、ママを愛する表現方法が変わってきて、大好きなのに嫌いといってしまうこともあるでしょう。

こんなにも素直に全力でママを愛してくれるのはこの時期だけかもしれません。後追いやママでないとできないことが増えて大変に思われると思いますが、素直にママを愛する赤ちゃんを全力で受け止めてあげてください。

赤ちゃん育児が大変だと思ったときには

無防備な寝顔をじっと眺めてみよう

赤ちゃんの子育ては楽しいことばかりではありません。赤ちゃんと一緒にいて楽しい反面、気を張りすぎて体力的に疲れがでたり、ママのやりたいことに制限ができてしまったりして大変だなあと思うこともあるでしょう。

そのようなときは赤ちゃんの寝顔をゆっくり見る時間を作ってみてください。きっと赤ちゃんの寝顔が、無防備でかわいい天使に見えるでしょう。赤ちゃん特有の、ばんざいの手をしてカエルのように足を曲げた寝方もかわいいですよね。

そんな赤ちゃんを写真に収めてみてもよいですね。月齢ごとに同じ場所で撮ってみると赤ちゃんの成長がよくわかります。

最近では「寝相アート」も流行っています。いろいろな楽しみ方で大変な時期を乗り越えるようにしましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC