就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ベビー服は水通しをしてから使おう!水通しの方法や行いたい時期

ベビー服は水通しをしてから使おう!水通しの方法や行いたい時期

赤ちゃんが着るベビー服は「水通しをした方がよい」と聞きますよね。赤ちゃんが心地よく着られるために必要な水通しですが、初めてのママにとって「新品なのに洗う必要があるの?」「どうやって洗うの?」などたくさん疑問が湧いてくることでしょう。今回はベビー服を水通しする必要性やメリット、方法などを紹介します。

新品のベビー服は赤ちゃんには刺激が強い

新品の服には糊がついていることが多い

ママのなかには「新品のベビー服ならわざわざ洗わなくても大丈夫では?」と思う人もいるかもしれません。しかし新品であっても、ベビー服には赤ちゃんにとって好ましくない物が付着している可能があります。

たとえば新品の衣類などは、特有のパリッと張りのある感触をしていますよね。ベビー服に限らず新品の衣服やタオルなどには、シワを防いできれいに見せるために「糊」がつけられていることがよくあります。

大人にとっては特に問題のない糊ですが、赤ちゃんにとっては肌への刺激になる場合があるのです。糊は水に溶けやすい性質なので、水通しすることで簡単に落とすことができます。水通しをして赤ちゃんの肌を糊の刺激から守りましょう。

ホルムアルデヒドを除去する役目も

衣類にはシワや縮みを防ぐために加工する際「ホルムアルデヒド」という薬品が使用されている場合が多くあります。

実はこのホルムアルデヒドは衣類だけでなく、家具や壁など様々なところに使用されている薬品で、濃度によっては毒性が生じるものです。そのため日本では、生後24カ月未満の乳幼児向け衣類には特に厳しい規制基準を設けています。しかし、まったくゼロというわけではありません。

ホルムアルデヒドは水に溶けやすく、水通しすることで洗い流すことができます。そのためベビー服の水通しは大切です。ベビー服だけでなく赤ちゃんと触れ合うことの多いパパやママの新品の衣類も、一度着る前に水通しをしてから着用すると安心ですね。

買った服はすでに汚れがついている可能性も

まだ誰も着ていない新品の服ですが、すでに汚れがついている可能性もあります。洋服は様々な工程を経て私たちの手元に届きます。洋服を作る縫製工場は食品工場のように衛生管理が厳しくないことが多く、土足で工場内に埃が溜まっている所もあるのです。

また洋服が保管される倉庫も塵や埃がつきやすい場所です。さらに洋服を保存するダンボールには虫やダニがつきやすく、なかの衣類に入り込む可能性もあるでしょう。最近の洋服は海外製の物も多く、店頭に並んでいるベビー服が品必管理の行き届いた工場で作られているかどうかまではわかりません。

塵や埃なども、十分赤ちゃんがアレルギーを起こす原因になり得ます。そのため細かな汚れや埃も水通しで落としていきましょう。

水通しを行うことで得られるメリットは?

赤ちゃんの衣服による肌荒れを防ぐ

前述したように新品のベビー服であっても糊やホルムアルデヒド、汚れといった物が付着している可能性があります。水通しにはこのような赤ちゃんの肌に好ましくない物を取り除き、健康な肌を守るメリットがあるのです。

特にホルムアルデヒドは、濃度によって炎症やアレルギー症状を引き起こす有毒物質です。赤ちゃんは肌で触れるだけでなく、衣類を舐めるなど口に入れることも十分考えられますよね。またベビー服によく使用されるコットンですが、物によっては栽培段階で使用された農薬が衣類になっても残っている場合も考えられます。

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。そのためできるだけ肌に刺激が加わらないように、水通しをして負担になる物質を取り除くようにしましょう。

生地が柔らかくなって着心地がよくなる

水通しをした後の衣類は、購入時と比べて肌触りが柔らかくなっていますよね。水通しには生地を柔らかくして着心地をよくするメリットもあります。

赤ちゃんの肌は皮脂が少なく乾燥しやすい状態です。また赤ちゃんはよく動くので服と肌が擦れやすいといえます。そのときに糊のきいたゴワゴワした衣類だと、肌に負担をかけてしまいますよね。

さらに授乳やおむつ替えなどで、衣類が汚れて着替えが必要なときも多いでしょう。赤ちゃんは体温調整がまだ苦手なので、冬場などはできるだけ早く着替えを終わらせる必要があります。生地が柔らかいと着替えがしやすくなるので、手間がかかりません。硬い生地のようにママが力を入れなくても着せ替えができるので、赤ちゃんにも優しいですよ。

汗や水分などを吸い取りやすくなる

今まで新品のタオルをそのまま使用して「水分の吸水がよくない」と感じたことはありませんか?これは生地についた糊が水分の吸収を邪魔してしまうからです。水通しをすると糊が落ちるので、水分を吸い取りやすくなるメリットもありますよ。

赤ちゃんは体はまだ小さいですが、汗腺の数は大人とほとんど変わらず新陳代謝も活発です。そのため赤ちゃんはよく汗をかきます。汗が肌に残ったままだと、あせもなどの肌トラブルの原因になってしまいますよね。汗っかきな赤ちゃんの肌に触れる衣類は、吸水性が重要なのです。

衣類以外にも、授乳時に使用するガーゼやスタイ、赤ちゃんが寝るシーツやお風呂上りに体を拭くタオルなども新品の場合は水通しをしておきましょうね。

ベビー服の水通しはどうやって行うの?

よく晴れて天日干しができる日が最適な時期

ここからは水通しの方法を紹介します。まずは水通しをする時期ですが、天日干しのできるよく晴れた日がおすすめです。季節によっては花粉などで外干しが心配なときもありますよね。その場合は、部屋干しや乾燥機を使用してしっかり乾かせば大丈夫ですよ。

水通しは手洗いでも洗濯機でも問題ありません。手洗いをするときは、清潔な洗面器やバケツなどにぬるま湯を入れて洗いましょう。洗濯機の場合はベビー服をネットに入れて、ソフト洗いやデリケート洗いなど優しく洗えるコースで洗ってください。

洗濯槽はカビや雑菌が発生しやすい場所です。せっかく洗ったベビー服に汚れがついてしまわないように、洗濯機を使用する場合は事前に洗濯機を掃除してから使いましょう。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND