就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

土曜保育の利用条件は厳しい?気持ちよく土曜保育を利用する方法

土曜保育の利用条件は厳しい?気持ちよく土曜保育を利用する方法

保育園のニーズが高まる中、土曜日も我が子を保育園に預けたいと考えているママは多いようです。そこで今回は、土曜保育の基礎知識とスムーズに利用するための方法について解説します。あわせて、土曜保育に預けることができないときの対処法についてもご紹介します。

土曜保育の基礎知識とママたちの悩み

土曜保育とは?平日との違い

働くママが増えている中で、土曜保育の役割はますます声が高まってきています。しかし、土曜保育はすべての園で実施しているわけではありません。

土曜保育とは土曜日にパパとママが仕事に出かけるなどの理由で子どもの世話ができない場合に、保育園を利用する制度です。保育園によってルールは異なるようですが、基本的にはパパとママのどちらかが仕事がお休みの場合には利用できません。

それでは、平日保育とはどのように違うのでしょうか?もちろん保育園によってそれぞれ異なりますが、人数に制限があって異なる年齢の子どもたちが一つの部屋で保育されることがほとんどです。事前予約も必要で、平日保育よりも預かり時間が短くて延長できなかったりします。

土曜保育を利用できる条件

土曜保育のニーズが高まっている今、利用できる条件が年々厳しくなってきているようです。保育士の人数が限られている保育園にとって、やむを得ない対応かもしれません。

土曜保育を利用できる条件は、保育園や市区町村によって異なります。パパとママが同時に土曜日に仕事が入った場合のほかにも、ママが妊娠や出産、病気などで面倒が見られないときにも利用できるところがあります。親の介護や求職活動なども、利用できる条件に含まれることが多いようです。

これらの事情で土曜保育を利用する場合、就労証明書や医師の診断書などが求められることがあります。事前に土曜保育を利用できる条件や必要な書類について、保育園に確認しておいた方がよいでしょう。

保育士に嫌な顔をされるなどトラブルも

残念なことですが、土曜保育を利用していて保育士に嫌な顔をされるなどのトラブルを経験したママの声をよく耳にします。トラブルの背景には、保育士側と子どもを預けるママの双方で誤解や無理解があるようです。

トラブルの原因の一つが、保育士の人手不足です。保育士不足は大きな社会問題になっていて、多くの園では厳しい人数の中で運営しています。保育士の人数が少ないことから、土曜保育を控えてほしいという思いが顔の表情や言葉に表れてしまうようです。

また、一部のママたちの不適切な言動が、保育士とのトラブルを招いていることも。保育園のルールを守らなかったり、園の事情も考えずにママたちの意見を一方的に保育士にぶつけたりするケースもあるようです。

一生モノの英語を習得!「インターナショナルキッズアカデミー」の魅力とは!?

PR

今の時代、子どもが小さい頃から英語学習をスタートさせる家庭は珍しくありません。また来年2020年の小学校英語教育必修化も迫っており、その流れは加速すると思われます。同時に、英語を学ばせたいけど、「いつから、どのように始めれば効果的なの?」と悩んでいるママも多いのでは?そんなママにおすすめしたいのが、0歳から誰でも楽しく英語を学べる「インターナショナルキッズアカデミー(IKA)」。無償化対象の認可外保育施設になった園の特徴に迫ってみました。

スムーズに土曜保育を利用するために

日ごろから丁寧な対応を心がける

働くママにとって便利な土曜保育を問題なく利用するためには、日ごろから丁寧な対応を心がけた方がよいでしょう。保育園や保育士とよい関係を作っておけば、困ったときに相談に乗ってくれるかもしれません。

保育士とのコミュニケーションの基本は、挨拶です。登園や降園の際には「お願いします」「ありがとうございました」などの挨拶を忘れないようにしましょう。その時々で、お世話になっていることへの感謝の気持ちを伝えてもよいですね。

また、園からのお便りには目を通し、園の方針やルールを理解しておくことも大切です。パパやママの仕事の状況や子どもの体調などを連絡帳やお迎えのとき直接伝えておくと、柔軟な対応をしてくれる可能性があります。

どうしても必要な場合にのみ利用する

平日保育と違って、土曜保育は利用する子どもの人数や年齢などを考慮して保育士の数を調整します。保育園にとっては負担が大きい土曜保育ですから、安易に利用しない方がよいでしょう。

土曜保育では、平日よりも保育士の人数が少ない園がほとんどです。そのため保育できる子どもの人数は限られ、理由によっては希望しても断られるケースがあります。

同じ立場のパパやママ、保育士事情を考えれば、どうしても必要な場合のみ利用したいものです。土曜日に仕事が早く終了したときには、寄り道せずにそのままお迎えに行くのがマナーですよ。

また、土曜保育はいつもと違うお友だちや先生と生活することが多いようです。子どもにとっても負担が大きくなることが考えられるので、よく検討してくださいね。

トラブルなど困った場合には速やかに相談を

子どもを保育園に預けている以上、園とのトラブルはつきものです。保育士も同じ人間ですから、誤解やそのときの感情で不愉快な言葉を発することもあるでしょう。

保育士の中には、パパやママの事情を考えようともせずに自分の価値観を押しつけてくるタイプの人もいます。子どもが土曜保育で怪我をしたときに、自分には責任がまったくないかのように言い訳ばかりしてくる保育士もいるようです。

保育士に嫌な言い方をされたときや保育園の対応で困った場合に、我が子のために我慢をするパパやママもいるようです。しかし、お互いのためにも気持ちを伝え、相談した方がよいでしょう。もし担任の先生に伝えにくければ、主任や園長に相談してもよいかもしれません。

土曜保育が利用できない場合の対処法

親族やママ友にお願いする

仕事や体調不良などにより土曜日に子どもの面倒を見られなくなったときに、土曜保育を利用する以外にも親族やママ友などほかの預け先も検討しておいた方がよいようです。土曜保育はいつでも利用できるとは限りませんから。

近くに祖父母や親戚の人が住んでいる場合、緊急時などに子どもの面倒をお願いしているママは多いようです。子どもに慣れている祖父母や親戚であれば、安心して預けられますね。

急な用事が入ったときには、ママ友や子どもの面倒を見てくれる友人は頼りになります。困ったときはお互い様で、快く引き受けてくれるかもしれません。

いざというときに親族やママ友を頼るためには、日ごろの関係が大切です。子どもを通して良好な関係を築いておきましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事