就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもが寝る前に動き回る原因と対策!今夜から始められる入眠のコツ

子どもが寝る前に動き回る原因と対策!今夜から始められる入眠のコツ

子どもが寝る前に最適な寝かしつけ絵本

パペット付きの「ふわふわわんちゃん」

子どもの寝かしつけをするときに、絵本の読み聞かせをしているパパやママは多いでしょう。寝る前の絵本は、子どもがゆったりとした気持ちになれるような優しい物語のものがおすすめです。

「ふわふわわんちゃん」は、可愛いわんちゃんのパペットがついている絵本です。わんちゃんのパペットはふわふわで触り心地がよいので、赤ちゃんの頃から絵本と一緒にパペット遊びを楽しむことができますよ。

こちらの絵本は、文章が短くてほのぼのとしたお話なので、子どもの心を落ち着かせてくれるような絵本です。子どもは動物が好きな子も多いので、わんちゃんのパペットに興味を持ってくれるでしょう。パペットをきっかけに絵本を好きになってくれるとよいですね。

親子でハグしよう「だいすきぎゅっぎゅっ」

スキンシップをすることは大切なことだと分かってはいても、どのように子どもとスキンシップをすればよいのか分からないというママもいるかもしれませんね。「だいすきぎゅっぎゅっ」は、絵本を読みながら親子でスキンシップをたくさんとれる素敵な絵本ですよ。

こちらの物語は、うさぎの子どもが何気ない毎日のなかで、ママにたくさんハグをしてもらうという心が温まるストーリーです。絵本を読みながらうさぎの親子のように、子どもとハグをして愛情をたくさん注いであげましょう。

子どもは絵本を読みながらパパやママとスキンシップをとることで、体も心もリラックスできます。リラックスした状態だと眠りやすいので、寝かしつけのときにおすすめですよ。

大冒険「いやだ あさまで あそぶんだぃ」

4~5歳くらいになると、少し長い物語の絵本も楽しむことができるようになりますよね。「いやだあさまであそぶんだい」は、まだまだ遊びたくて動き回っている子どもの心の様子が絵本に描かれているので、「同じ気持ちだ」と子どもが共感できるストーリーになっていますよ。

このお話は、主人公「ぼうや」が、寝る時間になっても遊び続けているのですが、最後にはママの腕のなかで寝て、夢の国へ行くというお話です。遊びたくて動き回っている子も、楽しいストーリーなので絵本に夢中になってくれるでしょう。

可愛らしい絵が描かれていて、汽車や兵隊さん、トラなど、さまざまなものが登場します。性別関係なく楽しめる絵本なので、寝かしつけに困っているママにおすすめですよ。

まとめ

寝かしつけのときに、子どもが動き回ってなかなか寝てくれないと、パパやママは困りますよね。また、動き回っている子どもをどのように寝かしつけすればよいのか悩む方も多いでしょう。

子どもが寝る前に動き回る原因はさまざまですが、日中にたくさん体を動かして遊ぶことは、生活リズムを整える上でもとても大切です。体が疲れていると自然と眠たくなるので、日中は子どもと一緒にたくさん遊んでくださいね。

また、寝かしつけの際は、寝る環境を整えたり、スキンシップをとったり、絵本を読んだりしてあげるのも効果的ですよ。
31 件

関連記事

この記事のキーワード



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND