就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもが喜ぶ冬キャンプをしよう!ポイントや注意点、楽しみ方

子どもが喜ぶ冬キャンプをしよう!ポイントや注意点、楽しみ方

行ってみたい冬キャンプ。子どもとどう過ごしたらよいのか、どうやって楽しんだらよいのか、そして何を準備したらよいのか、何かと不安がいっぱいですよね。今回は冬のキャンプを楽しむポイントと注意点を紹介します。初心者の方も慣れている方も、ケガのない楽しいファミリーキャンプを!

冬キャンプを楽しむためのポイントや注意点

暗くなる前に早めの準備や行動をしよう

冬のキャンプは、雪が降ることも予想されるため、早めに出発しましょう。路面が凍っているなんてこともあります。路面の凍結は夕方から夜にかけて、そして翌日の朝方まで起こりやすいです。

ただでさえ慣れていない雪道に加えて、凍結してしまっては、大変危険です。明るいうちに到着してゆっくりキャンプを楽しめるように、予定に余裕を持つようにしましょう。

冬は日が暮れるのも早く、すぐに暗くなります。日が沈むとぐっと気温も下がるので、テントの設営が終わったら、夕飯作りをスタートしましょう。

焚火の暖かさを満喫できるのは、冬キャンプならでは!明るいうちに枯れ葉を集めて焚火の準備をしましょう。暗くなったときには、焚火を囲んで温かい料理を楽しめるよう、予定を組みたいですね。

服やテントの防寒対策を万全にしよう

今、持っているテントは、冬用のテントかチェックしましょう。冷気の侵入を防ぐスカートがついていないと、夜が寒過ぎて寝れないなんてこともありえます。風を防げるスクリーンタープもおすすめです。

頭頂部の開口部が排気口になっているティピーテントは、テントの中でストーブを使うことが可能です。カセットコンロ式ストーブを使用してテント内でご飯を食べることもできます。服装は必ず暖かい恰好で。

標高が高い場所や山間部など、気温が低くなりがちなキャンプ場は、普段より一層暖かい服装を心がけましょう。保温性の高いインナーにキルト素材を使用したウェアを着用し、さらにダウンを羽織るなど、気にしすぎるくらいがちょうどよいです。

やけどや低体温症に気をつけよう

冬キャンプといえば、焚火ですが、子どもは火が大好き。身を乗り出したり、手を出したりすることのないよう、見守りましょう。

大きすぎる椅子は転んでしまうので、子どもに合ったサイズが安全です。安全のために子ども用軍手をつけさせ、引火しやすい化繊アウターはなるべく避けるのがよいでしょう。

高温やけどだけでなく、湯たんぽやホットカーペットによる低温やけどもあり得ます。足が冷えると感覚が鈍るため、低温やけどになってしまうこともあります。また薄着で夢中になって遊び続けると、気づかないうちに体温が下がって低体温症になることもあります。

体温低下の度合いによっては全身の震えや指先にしびれが出たり、命に関わる事態にまで悪化したりすることもあるので、注意しましょう。

子どもとの冬キャンプの楽しみ方「初級編」

アスレチック遊具で思いっきり遊ぼう

ファミリーキャンプの目的の一つに「子どもを思いっきり外で遊ばせたいから」と考えている方も多いでしょう。

自然があふれ、アスレチックなどの遊具が充実したキャンプ場がたくさんあります。子どもは寒くても、走ったり、登ったり、とにかく動き回るのが大好きです。アスレチックは、自然の中でのびのび遊べて、伸び盛りの子どもに数多くの経験をさせてくれます。空中アスレチックやスリル満点のターザンロープなど難易度もさまざまです。

習いごとなどで忙しい昨今の子どもたち。キャンプのときこそ時間に追われることなく、めいっぱい遊ぶことができるでしょう。ただし子どもだけで遊ぶのは危険です。せっかく楽しいキャンプもケガをしてしまったら辛いですよね。必ず大人が付きそうことを忘れずに。

温かい料理を食べて体の芯まで温まろう

仲間たちと温かい料理を囲むことも、冬キャンプの防寒対策です。冬キャンプでは食材の傷みも遅く、いつもより多くの食材を持ち込むことができます。長い冬の夜、アウトドア料理を堪能するのも魅力の一つです。

お鍋料理は、体の芯まで温まる冬キャンプには欠かせないメニュー。人数の増減にも左右されず、洗い物が少ない合理的な料理です。食材を切って入れて煮込むだけなので、準備も簡単です。

出汁まで飲み干す寄せ鍋や石狩鍋、子どもたちに人気のカレー鍋やトマト鍋、大人はキムチ鍋も!ポン酢で食べる水炊きやしゃぶしゃぶ、ちり鍋もあります。うどんやラーメンや白飯を入れると、翌朝の朝ご飯にも変身します。バリエーションが豊富な鍋料理は、何度食べても飽きないですね。

静かな環境で神秘的な夜空を楽しもう

冬は、星が綺麗に見える季節です。空気が乾燥する冬には大気中の水蒸気に邪魔されずに星を見ることができます。人里から離れたキャンプ場の夜空は、より一層美しい輝きを放ちます。

行楽シーズは賑やかな人気のキャンプ場でも、冬は人混みもほぼなく、静かにキャンプを楽しめます。場所によってはキャンプ場が貸しきり状態なんてこともあり、ほかの方に気を使うこともなく自由に楽しめます。

夏の青々とした木々とは違い 一面広がる静かな銀世界を見られるかもしれません。冬の山や森など普段目にしたことがない風景など、静かに大自然を満喫することができるでしょう。日常の世界から完全に隔離された閑静とした環境は、日頃のストレスを浄化させるような開放感を与えてくれます。

子どもとの冬キャンプの楽しみ方「上級編」

キャンプ場の冬イベントに参加しよう

冬は一年の中でも行事が多い季節。クリスマスには、クリスマスイルミネーションでライトアップをしているキャンプ場が多くあります。場内が華やかなイルミネーションで飾られ、いつもは暗くて静かなキャンプ場も幻想的な雰囲気に包まれます。

サンタクロースがキャンプサイトにプレゼントを持ってきてくれたり、子どもがツリーの飾り付けができたり、クリスマスケーキ作りなど、盛りだくさんです。年越しには、そば打ち体験をしたり、キャンプ場のみんなでカウントダウンをして、新年をお祝いしたり、お正月ならではのベントが開催されるところもあります。

ほかにも、オイスターパーティや節分など、寒さを吹き飛ばす楽しいイベントが開催されるキャンプ場があるので、チェックしてみてください。

雪でしかできない遊びを「雪中キャンプ」

雪中キャンプは、冬にしかできない楽しみがつまっています。キャンプ場に一面雪が積もり、木々が白くお化粧している様子は、とても美しいでしょう。張り詰めた空気感や、静粛さは、幻想的です。肌で季節を感じることができるでしょう。

雪だるまを作って並べてみたり、そり滑りをしたり。仲間たちと雪合戦をするのもよいですね。テントの横にかまくらを作って、そこで寝てみるのも素敵です。スノーシューをはいて、森の中を探検するなんてこともキャンプならではの経験です。野生の動物や野鳥が現れることがあるかもしれません。

雪中キャンプは、見るものすべてが美しいです。日常から離れた環境で、自然を満喫できる雪中キャンプは、魅力がたくさんです。

疲れた体を「温泉」で癒して温まろう

冬の楽しみの一つに温泉がありますが、キャンプをしながら、温泉も楽しめるキャンプ場があります。

温泉郷エリアにあるキャンプ場は、敷地内に、源泉かけ流しの温泉が設備されているところがあります。宿泊利用者は、無料で使用できるなんてありがたいサービスがあるところも。また露天風呂が設けられているキャンプ場もあり、冷たい空気の中、満天の星空のもと入る露天風呂は、格別なものがあります。その景色は素晴らしいものでしょう。

天然温泉が、キャンプで冷えた体を、芯から温めてくれます。日頃の疲れが癒され、リフレッシュさせてくれることでしょう。冬のキャンプは、寒さが不安でためらってしまいがちですが、こんな「気持ちいい」お楽しみがあると、嬉しいですね。

まとめ

冬のキャンプは、ハードルが高いと思いがちですが、電源と暖房器具をフル活用すれば、初心者でも問題ありません。まずは、標高がさほど高くないところからチャレンジするのもよいですね。

人気で予約のなかなか取れないキャンプ場も冬なら当日に予約できることもあります。当日のお天気の様子で、予約の判断ができるのも、混み合わない冬キャンプならではです。

食事や温泉や星空や雪遊びなど、冬を楽しむイベントがたくさんの冬キャンプ。ぜひ家族で冬を満喫してみてください。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR