就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

忙しいママにぴったりの暇つぶしは?隙間時間を上手に埋める方法

忙しいママにぴったりの暇つぶしは?隙間時間を上手に埋める方法

毎日子育てで忙しいママも、子どもが昼寝をしていたり幼稚園や保育園で過ごしていたりすると、ふと時間があくことはありませんか。子育て中のわずかな時間であっても有効的に使いたいですよね。今回は、隙間時間を上手に埋める方法や注意点をご紹介しますので参考にしてくださいね。

ママの暇つぶしタイムを有効活用しよう

Web系の資格をとってキャリアアップ

子育て中の隙間時間を使って資格をとりたいと意欲的になるママは多いといいます。様々な資格がある中で子育て中のママに人気があるのは、WebデザインやプログラミングなどのWeb系の資格のようです。

資格をとるためには、スクールに通ったり通信講座に申し込んだりして勉強する方法があります。また、書店などで販売されているテキストやインターネットを使って独学で学ぶこともできます。

Web系の資格がママに人気の理由は、子育て中の隙間時間に自宅のパソコンを使って通信講座や独学で勉強ができるからです。さらに、基本的なパソコンスキルに加えてWeb系の資格があれば、Web関連企業への就職が有利になります。Web系の資格をとってキャリアアップを目指しましょう。

隙間時間を埋めて小遣い稼ぎができるFX

「FX」という言葉をご存知ですか。FXとは「Foreign Exchange」の略で、正式には「外国為替証拠金取引」といいます。FXは、円やほかの国の通貨の売買によって利益を出す投資です。例えば、1ドル100円のときに買って、1ドルが120円になったら売ると20円の差益が出ます。この仕組みを利用して利益を出すことがFXの基本です。

FXは24時間いつでも取引が可能ですので、子育てのちょっとした隙間時間を埋めて小遣い稼ぎができるのです。少額から始めることができ、パソコンやスマホで簡単に売買の取引が可能ですよ。

知識がないことやリスクが生じることへの不安を感じるママは、FX関連の本を読んだり初心者向けのセミナーに参加してみたりするとよいでしょう。

中断しやすく隙間時間にできるデータ入力

データ入力はクライアントから用意された内容を指定のフォーマットに入力していく作業です。クライアントによって依頼内容は様々ですが、基本的にタイピングができるママであれば簡単に感じる作業がほとんどです。自宅だと、隙間時間にデータを入力したりママの都合に合わせて作業を中断しやすかったりするので、子育て中のママに向いていますよ。

データ入力の内容は、クライアントの企業から受け取った売上や顧客名、アンケート結果などが多いです。ほかにも、名刺のデータやショッピングサイトの商品情報などを入力することもあります。

データ入力はスピードとともに正確さが大切です。タイピングに自信があったり事務経験があるママは取り組みやすい作業ですね。

すぐに増えてしまう子ども関連グッズの整理

思い出をスクラップブックやアルバムに

子ども関連のグッズは気がつかないうちに増えてしまいますよね。その中でも、どんどん増える子どもの写真は隙間時間に整理をしやすいですよ。

子どもが生まれてから写真を撮る機会が増えたというママはたくさんいます。子どもの成長はあっという間なので、そのときにしか見ることができない可愛い表情やしぐさを写真に残しておきたいですよね。

例えば、フリー台紙に思い出の写真や子どもが好きなキャラクターシールなどをコラージュすると、オリジナルのスクラップブックが完成します。残したい写真がたくさんあるママはポケットアルバムを利用するとよいですよ。コメントを残すと思い出がよみがえりますね。

残したい思い出の写真をスクラップブックやアルバムにして楽しみましょう。

子ども服やおもちゃをスマホアプリで売ろう

子どもが大きくなりサイズアウトして着ることができなくなった服や遊ばなくなったおもちゃは、いつのまにか増えてしまうのではないでしょうか。フリーマーケットへの出品やリサイクルショップへの持ち込みをしたくても手間と時間がかかってしまいますね。

子育て中のママが気軽に利用できるのがスマホのフリマアプリです。専用アプリをダウンロードしてインターネット上で個人取引をすることができます。売りたい物の写真撮影をしたり必要項目を入力したりするだけで出品が完了しますよ。商品名や価格、商品の状態などを入力するので、売り手も買い手も安心して取引できる魅力がありますね。

商品の発送以外はスマホで簡単に行うことができて、ママの隙間時間を有効活用できるでしょう。

子どもが描いた絵や工作の選別をしよう

幼稚園や保育園では絵を描いたり作品を作ったりする機会がたくさんあります。幼稚園や保育園から持ち帰った子どもの作品をそのままにしていては増える一方ですね。子どもの成長を感じる作品は全部思い出に残したいものですが、隙間時間を利用して保管しておく作品の選別をしましょう。

作品の選別は、ママがすてきだなと感じたり何度も見返したいと思ったりする物を中心にするとよいでしょう。また、子どもの思い入れが強かったり気に入っていたりするような作品を選んでもよいですね。幼稚園や保育園だけでなく、家で描いた絵や手紙なども一緒に残すと、見返したときに幼い子どもの思い出がよみがえるでしょう。

保管にはファイリングやプラスチックケースなどを活用する方法がありますよ。

ママが暇つぶしをする際の注意点とは

スマホが子どもに悪影響を及ぼすことも

隙間時間ができると、ついつい手元にあるスマホに夢中になってしまうことはありませんか。スマホの普及が進み、スマホゲームやSNSなどのツールを利用するママが増えましたね。

しかし、ある専門家によると、ママがスマホに夢中になっていると、子どもに悪影響を及ぼすこともあるといいます。特に、気をつけたいのは生後半年~3歳までの子どもです。思っていることを言葉にして伝えることが難しい時期ですので、ママが子どもの気持ちを汲みとりながらコミュニケーションをはかります。

しかし、ママが子どもよりスマホの画面ばかりを見ていたら子どもの欲求が満たされません。いつまでも泣いたりかんしゃくを起こしたりして、感情のコントロールができない子どもになってしまう可能性があるそうです。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC