就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

早い時期にしゃべり出す赤ちゃんの特徴!早くしゃべるための方法とは

早い時期にしゃべり出す赤ちゃんの特徴!早くしゃべるための方法とは

赤ちゃんが成長してくると、いつしゃべり始めるのか気になったりしますよね。周りに同じくらいのの赤ちゃんがいると、自分の子どもはしゃべるのが遅いのではないかと焦ってしまうママもいるのではないでしょうか。ここでは早くしゃべり始める赤ちゃんの特徴や、簡単にできる言葉を促す方法をご紹介します。

赤ちゃんがしゃべり始めるまでの過程とは

生後3カ月頃に赤ちゃん特有の発語が始まる

赤ちゃんが一番初めにしゃべり始めるのは生後3カ月頃です。しかしまだこの頃ははっきりと単語をしゃべることができるのではなく、「あーうー」といったクーイングと呼ばれる意味のない言葉を話します。

クーイングによって赤ちゃんは自分の声を耳で聞き、声の発し方を学んでいきます。特に機嫌のよいときに発することが多いといわれています。このクーイングが今後の発語の基礎となっていくので、ママが積極的に話しかけてあげて、クーイングを促してあげるとよいですね。

赤ちゃんは何かを伝えたいからクーイングを発しているのではなく、音を出すことを楽しんでいます。赤ちゃんが「あーうー」といったときには、ママも返事をするように「あーうー」といってあげたりすると赤ちゃんも喜びますよ。

生後10カ月頃から意思を伝える発語が増加

生後10カ月頃になると、赤ちゃんも自分の意思をはっきりと表すようになってきます。まだ意味のある言葉を話すことができなくても、欲しいものがあれば指を差しながら「あー!」といったりすることができるようにもなります。

また、生後6カ月を過ぎると赤ちゃんは大人の言葉や行動を真似しようとし始めます。例えば、ママが「いただきます」といって手を合わせれば、赤ちゃんはそれをじっと見て手を合わせながら「あーあー」といったりするようになります。

まだはっきりと言葉を発することができない時期ですが、言葉を話すことが楽しくなるようにコミュニケーションを取ることが大切ですね。ママが楽しそうにおしゃべりをすると赤ちゃんもきっと喜んでそれに答えてくれるでしょう。

言葉をしゃべり始めるのは平均1歳前後から

赤ちゃんが言葉をしゃべり始める時期で多いのは、1歳前後だといわれています。ただし言葉のしゃべり始める時期は個人差が大きいので、1歳を過ぎてもまだしゃべることができなくてもあまり気にしないでくださいね。

この頃の赤ちゃんがよく発する言葉が、「わんわん」や「ぶーぶー」「まんま」などが多いようです。この頃はまだはっきりと言葉の区別がついていないので、どの動物を見ても「わんわん」といったり、動くものを見れば「ぶーぶー」といったりします。

子どもは単語をしゃべり始めることができたことが嬉しくたくさん声に出したい時期なので、間違っていても正しい言葉に訂正する必要はありません。子どもが発する言葉に耳を傾け、相槌を打ってあげると喜ぶことでしょう。

赤ちゃんがしゃべり出す時期が違う理由とは

早くしゃべり出す赤ちゃんは好奇心旺盛

早くしゃべり始める子だと生後8カ月頃から言葉を発するといわれています。遅い子だと2歳を過ぎてからようやく言葉を発したという子どももたくさんいます。どうしてこんなに大きな差ができてしまうのか気になりますよね。

しゃべり始める時期に差が出るのには、子どもの性格が大きく関係しているといわれています。早くしゃべり始める子どもの多くは、好奇心が強く覚えた単語をとにかくすぐに使いたいタイプで、興味があることには猪突猛進で進んでいく性格の持ち主です。

大人がいう言葉をオウム返しのようにどんどん口に出すことが多く、子どもは意味もわからずオウム返しをするので、大人も変な言葉を使わないよう言葉づかいに気をつけないといけませんね。

しゃべり出すのが遅い赤ちゃんは慎重な性格

一方でしゃべり出すのが遅い赤ちゃんに多いのが、慎重な性格の持ち主です。耳にした言葉を頭の中にどんどんと溜めていき、ある日急に多くの単語を話し始めることがあるようです。

まだしゃべるという心の準備ができていないだけで、ある日突然しゃべり始め、単語のみならずいきなり二語文を話すなんてこともあります。しゃべり出すのが早い赤ちゃんとは異なり、最初からはっきりと正しい単語を発することが多いようです。

しゃべり始めるのが遅いと、周りと比べて焦ってしまうこともあると思いますが、しゃべることができなくても赤ちゃんは頭の中にどんどんと言葉を溜めていっています。それぞれのペースがあるので、あまり焦ったりせずにゆっくりと見守ってあげるようにしましょうね。

赤ちゃんがしゃべり出す時期は個人差がある

一般的にしゃべり始めるのが早いといわれるのは生後8カ月頃、一方で1歳6カ月を過ぎても一語も話すことができないと、しゃべり始めるのが遅い子だといわれます。そのため、しゃべり始めるのが早いこと遅い子では約8カ月も差が出てしまうことになります。

これだけ差が出るということは、しゃべり始める時期は赤ちゃんによってかなり異なるということです。また、最初の言葉を話すのが早くても、二つ目の単語がなかなか出てこなかったり、二語文を話し始めるのが遅いこともあります。

しゃべり始めるのが遅くても、3歳くらいになると急にどんどんしゃべり始めておしゃべりな子どもになってしまったなどということもあります。自分の子どもの性格やペースをみてあげるようにしましょうね。

早い時期に赤ちゃんがしゃべるための工夫

日常生活で赤ちゃんにたくさん話しかける

赤ちゃんがしゃべるためにはとにかくたくさん話しかけることが大切です。ある研究の結果によると、子どもにたくさん話しかけた方が言語能力が発達するということが明らかになっています。

言葉の通じない赤ちゃんに何を話しかけてあげればよいのか悩んでしまうこともありますよね。難しく考えなくても大丈夫です。日常の生活の中で、ご飯を食べるときに「ご飯食べようね」や「いただきます」、おむつを替えるときに「おむつを替えようね」と話しかけるだけでも赤ちゃんにとっては大きな刺激になります。

もちろんたくさん話しかけていても、しゃべり始める時期には個人差があります。「こんなに話してるのにどうしてしゃべらないの!?」と焦らずに赤ちゃんとの会話を楽しんでくださいね。

赤ちゃんが嬉しがるコミュニケーションを

赤ちゃんはママやパパとコミュニケーションを取ることが大好きです。赤ちゃんが言葉を話そうとしたり、指をさして何かを訴えてきたときには「どうしたの?」と笑顔で聞いてあげるとよいでしょう。

また赤ちゃんが喜ぶように、少しオーバーにリアクションをしてみたり、抑揚をつけて返事をしてあげたりすると、赤ちゃんもコミュニケーションをとるのが楽しくなって、言葉をしゃべり始めるよい刺激になるかもしれませんね。

テレビを見せても言語の発達のきっかけになるのでは、と思う人もいるかもしれません。しかしある研究で、テレビから流れてくる言葉では言語能力は発達しなかったと発表されています。親が愛情を持って話しかけるのが、1番赤ちゃんに影響を与えるようですね。

絵本の読み聞かせは言葉の発達を促す

絵本の読み聞かせは、言葉の発達にも大きな影響を与えるといわれています。絵や文章が刺激になるだけではなく、絵本を読み聞かせることは、ママやパパとのコミュニケーションのきっかけにもなりますよね。

絵本を読むときに大切なことが、赤ちゃんが聞き取ることができるように、ゆっくりはっきりと読むことです。また、年齢に合わせた絵本を選ぶことも大切です。いきなり長い文章の絵本を読まれても、赤ちゃんは理解することができません。

また、ただ読むだけではなく、絵本に描かれているポーズと同じポーズを見せてあげると赤ちゃんはさらに興味をもちます。言葉に合わせて絵本と同じポーズをしてあげると、言葉の理解にもつながるのでよいですね。

まとめ

しゃべり始める時期は、赤ちゃんによって個人差があります。赤ちゃんの性格もしゃべり始める時期に影響を与えるので、周りの子と比べたりせずに自分の子どもを見てあげるようにしましょうね。

また、言葉の発達を促すために、たくさん話しかけてあげたり、絵本を読んであげたりと積極的にコミュニケーションをとるように心がけるとよいでしょう。

しゃべり始めるのが遅い子は、今は多くの言葉をインプットしている時期なのです。ある日突然何かが弾けたようにしゃべり出すかもしれません。焦らずに長い目で見てあげましょうね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR