就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんは朝風呂してもよいの?赤ちゃんのお風呂の時間帯やポイント

赤ちゃんは朝風呂してもよいの?赤ちゃんのお風呂の時間帯やポイント

赤ちゃんは朝風呂をしてもよいのでしょうか?ママの都合に合わせて赤ちゃんをお風呂に入れていることが多いかもしれませんが、赤ちゃんのことを考えてお風呂の時間帯を決めるのもよいですね。赤ちゃんのお風呂の時間帯はいつがよいのか、どのようなポイントで入れたらよいのかをまとめてご紹介します。

まずは赤ちゃんのお風呂事情について知ろう

沐浴を卒業してお風呂に切り替える時期

新生児は細菌などへの抵抗力が弱いですから、感染を防ぐためにベビーバスなどを使って大人と別の浴槽で体を洗います。これを沐浴といいますね。

生後すぐは湿っているへその緒から雑菌が入る可能性があるために沐浴をしますが、生後1カ月もするとへその緒も乾燥して取れ、感染する可能性が低くなります。1カ月健診で先生もおへその状態を確認して、おへそが乾いていたらお風呂に切り替えて大丈夫かを言ってくれるでしょう。沐浴の卒業ですね。

ママも産後1カ月ほどすると悪露が落ち着いてきます。1カ月健診で先生から許可が出てから湯船につかることができるようになりますので、生後1カ月ごろからママも赤ちゃんも一緒に入れる時期になるというわけですね。

季節で違うお湯の温度と入浴時間の目安

赤ちゃんが湯船につかれるようになったら、お湯の温度を何度にするか迷いますよね。目安としてお湯の温度は夏には約38度、冬は約40度の少しぬるめのお湯にしましょう。

ママやパパが心地よいお湯の温度にしたら、赤ちゃんには熱すぎるかもしれませんね。赤ちゃんの方がのぼせやすいと覚えておきましょう。

お風呂に長時間入るのも体に負担が掛かりますから、浴槽につかるのは2~3分程度にしておきましょう。体を洗う時間も合わせて10分程度にしておくとよいですよ。

これらの数字はあくまでも目安になりますので、赤ちゃんの様子を確認して調節するようにしましょう。赤ちゃんの顔が赤くなっていたら、お湯につかりすぎかもしれませんよ。

赤ちゃんをお風呂に入れる回数について

赤ちゃんは新陳代謝が激しく、汗もかきやすいですから、清潔を保つことが大切です。そのためにも1日に1回以上はお風呂に入れて体をきれいに洗いましょう。きれいに洗った後に乳液やクリームなどで保湿をしたら、デリケートな肌を守ることもできますね。

汗をよくかく暑い時期は、汗を洗い流さないとあせもができやすくなりますから、1日に数回入浴してもよいですね。湯船につかるのは1日1回で、あとはシャワーで汗を流すだけでもよいですよ。

できるだけ同じ時間にお風呂に入れると、生活リズムも整ってくるでしょう。ママひとりで赤ちゃんをお風呂に入れるのは大変ですから、パパが帰宅したらパパに入れてもらえるとママも楽ですね。

沐浴とお風呂の理想の時間帯とは

夏は涼しいとき、冬は暖かいときに沐浴を

沐浴をする時間帯を決めるときには、気温にも注意をすることが大事です。沐浴する部屋が暑すぎても寒すぎても、体温調節機能の未熟な赤ちゃんが沐浴をするには負担が掛かってしまうかもしれません。

できるだけ負担を軽くするためにも、夏のような暑い時期は涼しい時間帯、寒い冬は暖かい時間帯に沐浴するとよいですね。夏は涼しい午前中、冬は暖かい昼過ぎごろがよいでしょう。

沐浴は毎日同じ時間帯に行うことが望ましいとされていますが、それがママのストレスになってはいけませんから、赤ちゃんとママのペースを大事にして沐浴の時間を決めましょう。新生児は寝たり起きたりを繰り返していますから、この時期にはリズムを整えるよりも赤ちゃんのペースを大事にする方がよいかもしれませんね。

湯船につかるころから寝る2時間前を目安に

1カ月健診で湯船につかることに許可が出たら、ママやパパと一緒にお風呂に入るようになるでしょう。ママとパパがお風呂に入る時間帯の夕方から夜にかけて入る場合が多くなるかもしれませんね。

夜に入浴するときは、眠る2時間前までを目安にしてみましょう。湯船につかると体温が上がりますから、眠気がさめてしまうことがあります。

一度高くなった体温が下がるときに副交感神経が働いて、リラックスするようになるといわれています。ですから、ちょうどリラックスしたときに眠れるように、眠る時間の2時間前ぐらいに入浴するとよいのですね。

何があっても時間を守ろうと無理をしたら疲れてしまいますから、2時間前を目安にする程度で十分でしょう。

同じ時間帯を目指して生活リズムを整えよう

赤ちゃんの生活リズムを整えるためには、朝決まった時間に起こして朝日を浴び、授乳や離乳食を決まった時間にするなど、日々の生活での決まったことは同じ時間帯にすることが大切だといわれています。そうすることで少しずつ生活リズムが整ってくるのですね。

いつも入浴している時間帯が授乳後すぐであったり、不機嫌でなかなか泣き止まない状態であったりしたら、無理をせずに入浴時間をずらしましょう。時間を守ろうと無理矢理入れるのはよくありませんね。

赤ちゃんの様子をみながら、お風呂に入って気持ちよくさっぱりとできたらよいですね。赤ちゃんが相手ですから、ママの思いどおりにいかないこともたくさんありますよ。だいたい同じ時間帯を目指す程度にしておきましょう。

赤ちゃんと朝風呂をするときのポイント

冬など寒い日は浴室や室内の温度も暖かく

ママの都合のよい時間帯や家族の生活リズムに合わせようとすると、赤ちゃんを入浴させる時間帯を朝にする場合もありますね。朝風呂で赤ちゃんを入浴させるには、色々と準備が必要です。

まずは、冬や秋の朝などの寒い日は、浴室や室内の温度も暖かくしておきましょう。室温を上げておかないと、服を脱がせたときに赤ちゃんが急な寒さに驚いて泣き出してしまうかもしれませんね。

また、湯冷めして風邪をひかないようにするためでもありますよ。お風呂上がりに素早く服を着せるようにしても、周りの温度が低ければ赤ちゃんの体温が下がるのも早くなってしまうでしょう。寒く感じる日は浴室や室内の温度に注意して、暖かくする必要がありますね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC