就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

カーシェアのチャイルドシートどうする?購入やレンタルの耳寄り情報

カーシェアのチャイルドシートどうする?購入やレンタルの耳寄り情報

24時間好きなときに好きな時間だけ車を利用できて、ガソリン代や保険料なども支払う必要がなく、毎月わずかな会費を払うだけのカーシェア!今最も話題を呼んでいるカーライフのスタイルのひとつですが、小さなお子さんがいる場合のチャイルドシートはどうするのでしょうか。詳しく調べてみることにしましょう。

日常的なカーシェア利用で、購入派にはコレ

日本育児のトラベルベストは軽量化が魅力

チャイルドシートを購入してカーシェアを利用する場合には、気軽に使えるという反面、高額なことやカーシェアで乗るたびの設置が大変だというデメリットがあります。

そこでおすすめしたいのが「トラベルベスト」です。チャイルドシートに比べて値段が安いうえに軽量で持ち運びしやすく1歳以上から使えます。

日本育児の「トラベルベストECFix」はISOFIX対応なので装着も簡単でママにも安心です。対象年齢は1歳(9kg)から7歳までで価格は17,300円です。また同社の「トラベルベスト ECプラス」は価格も8,960円とお手頃です。

トラベルシステムのザップは1台3役

車でのお出かけで眠ってしまった赤ちゃんを起こすことは、赤ちゃんにとってもママにとっても大変なストレスになります。そんなママにご紹介したいのが、クイニーのロングセラーモデル「ザップ」のトラベルシステムです。

欧米では定番の対面/背面式ベビーカーとチャイルドシート、ベビーキャリーの機能を一つの商品に一体化させたシステムです。ベビーキャリーのほかにロッキング機能が付いていて、家の中ではバウンサー(ゆりかご)としても利用することができます。

多機能商品なので使い道が広がりますね。

コンビのジョイトリップは11歳まで使用可

幼児用チャイルドシートには、乳児用のトラベルシステムのような便利な商品がありません。そのためある程度の安全性を確保しながらも、軽量でコンパクトなチャイルドシートを選択する必要があります。

おすすめ商品はコンビの「 ジョイトリップ エッグショック GC」です。お子さんの成長に合わせてシートを3段階に変化させることができるので、1歳頃から11歳頃まで長く使えるようになっています。

もしもの衝撃からやわらかい赤ちゃんの頭を守るために、本体頭部衝撃吸収素材「エッグショック」が搭載してあり安全性にも優れていて軽量です。

マキシコシのペブルプラスは設置も簡単

カーシェアでチャイルドシートを利用するときに大切なのが「着脱、持ち運びが簡単であること」です。

マキシコシのチャイルドシート「ペブルプラス」は車の後部座席シートに後ろ向きになるように乗せて、シートベルトを部品に通して固定するだけの簡単装着ですから時間をとりません。

また面倒なベルトの調整もウィングハーネスという機能でバックルをはずせば赤ちゃんをすぐ乗せられるようになっているので大変便利です。新生児期の赤ちゃんを優しく包むインサイドクッション「ハグインレイ」を装備していて安全性もアップしています。

ときどき利用するレンタル派に最適な業者

ダスキンレントオールは在庫がある安心感

ダスキンレントオールはその名のとおり、あのダスキンの会社です。大手が経営しているので在庫も豊富で安心感がありますね。

レンタル料金はチャイルドシートの種類によって違いますが、たとえばコンビのグッドキャリーだと1カ月2,700円、9泊10日までは10%割引で2,430円です。レンタル期間は最長で6カ月となります。Web、電話、店舗での予約が必要ですが、受け取り方法は店舗での受け取りと配送があります。

送料は店舗での受け取りの場合は無料で、配送の場合は商品の大きさで異なりますがグッドキャリーの場合は往復で2,500円です。ダスキンということもあり、返却された商品を独自の方法で洗浄、除菌しているので衛生面での安心感も文句なしですね!

DMMレンタルは予約可能日がすぐわかる

DVDレンタルなどで有名なDMMですが、実は様々なレンタル品を取り扱っています。もちろんチャイルドシートもレンタルしていて、30種類のチャイルドシートから選ぶことができます。

DMMレンタルはネットで予約して商品が届き、利用した後は電話一本で集荷に来てくれるという流れになっています。現在、ネット予約はパソコンや携帯から24時間いつでもできて、支払いはクレジットカードになるので、手持ちのお金がなくても大丈夫です。

DMMレンタルのHPでは、選んだ商品の予約スケジュールがわかるようになっています。さらにレンタル希望日に予約がキャンセルされた場合や、レンタル開始前の商品が予約できるようになった場合にはメールで知らせるサービスがあるのでとても便利ですね!

ベビレンタは業界最安値!

ベビレンタはベビー用品をレンタルするママたちの間では絶大な人気を誇るお店です。ベビレンタの最大の特徴は、ベビー用品のレンタルサービス業界の中で「最安値」で勝負しているところです。

また、ベビレンタはベビー用品のレンタルを専門としているので、ベビー用品の種類がほかよりも圧倒的に豊富です。そのせいか利用者がとても多くなっていて、欲しいものがレンタル中ということが多くなってきているようです。

ベビレンタは元保育士が運営しているので、ベビー用品が洗浄や除菌などによって丁寧にメンテナンスされていて、安心安全に使うことができます。ベビー用品をレンタルしている会社は、この安心感があるかどうかが一番のポイントになるのではないでしょうか。

便利!チャイルドシート搭載のシェアカー

カレコはチャイルドシート搭載車の貸出も

カーシェアにチャイルドシートが搭載されていたら便利ですね!でも残念ながらジュニアシートは設置していても、チャイルドシートを搭載したカーシェアはほとんどないのが現状です。

ここでまず確認しておかなければならないのは、チャイルドシートといっても、実はベビーシート、チャイルドシート、ジュニアシートに分けられているということです。「0歳から4歳頃まで」はベビーシートまたはチャイルドシート、「4歳~」はジュニアシートというのが一般的な使用対象年齢ですが、子どもの体重や体格によっても異なります。

そんな中で、「カレコ」は無料でチャイルドシートの貸し出しを行っています。チャイルドシートは全車に搭載されてはいませんが、ジュニアシートは全車に搭載されています。

チャイルドシート設置車両があるステーションは首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)の53箇所に限られますが、近くのステーションにあるかもしれませんので確認してみましょう。また三井のリハウスなどの店舗でチャイルドシートの無料貸し出しを行っているので、ぜひ電話してみてくださいね!

アースカーでも一部チャイルドシートを搭載

タイムズカープラス、オリックスカーシェアのチャイルドシートの搭載状況はどうでしょうか。タイムズカープラスとオリックスカーシェアはともにジュニアシートを全車に搭載していますが、チャイルドシートは未対応になっています。

またタイムズカーライフではチャイルドシート等のカー用品の通販を行っていますが、チャイルドシートの貸し出しについては、恐らく今後も導入は難しいようです。オリックスレンタカー部門ではチャイルドシートの貸し出しを行っているので、場合によってはレンタカーを利用する選択肢もありますね。

アースカーはチャイルドシート、ジュニアシートともに一部搭載車両があるようです。アースカーのHPで車種を特定しないで装備品のチャイルドシートにチェックを入れて検索してみましたが、22台の対象車両が表示されました。

ただしチャイルドシートとジュニアシートのどちらが搭載されているのかはわかりませんでしたが、試してみる価値はありそうですね!さらにアースカーは月額基本料・入会金ともに0円で、使った分だけの料金しかかからないサービスもあり便利に利用できそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。都会で気軽に車のある生活を楽しむうえで、カーシェアは時代の一つの潮流になろうとしています。

その一方で小さなお子さんのいるご家庭では、チャイルドシートへの対応という課題への対応が求められています。チャイルドシートの購入、レンタルについては各ご家庭のライフスタイルで決まることになるのでしょう。

しかし利用者の負担を軽減し、カーシェアをよりよいサービスとして発展させていくためには、チャイルドシート設置を要望するママの声を各会社に伝えていくのも一つの方法ではないでしょうか。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR