就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

3歳の反抗期の赤ちゃん返りとは?特徴や行動とママの対処法とは

3歳の反抗期の赤ちゃん返りとは?特徴や行動とママの対処法とは

大好きだよと言葉や態度で伝える

赤ちゃん返りをする原因には、ママが自分を見ていないことが増えたときに、ママが自分を大切に思っているか不安になってしまうことが多いですよね。

下の子が生まれて不安になっているときには、赤ちゃんはまだ一人で何もできないから、ママがいつも一緒にいるけれど、〇〇ちゃんのことは変わらず大好きだと伝えましょう。また、環境の変化で不安になっているときには、帰ってきたらいつでもママが待っていることを伝えるとよいですよ。

ぎゅっと抱きしめて「大好きだよ」「ママは〇〇ちゃんがいてくれて幸せだよ」などと言って、ママの気持ちを態度と言葉で分かりやすく伝えましょう。また、「抱っこして」と言ってくるときには、たくさん抱っこしてくださいね。

ママと2人だけの時間を作る

ひとりっ子のときはママの愛情が100%上の子にいっていたのに、赤ちゃんが生まれるとそうはいきません。ママがどんなに平等に接しているつもりでも、上の子は自分に向けられている愛情が極端に少ないと感じてしまいます。だからといって平等に50%と感じれば満足かというと、そうではありません。やはり100%の愛情が欲しいのです。

たまには、下の子を両親やパパに任せて、上の子と2人の時間を作ったり2人だけでお出かけしたりするのもよいですね。

また、家族でお出かけしたときに、下の子と上の子で遊ぶものが違うと、パパは上の子、ママは下の子と遊ぶことが多いですが、このときもチャンスです。下の子はパパに任せて、ママが上の子と遊びましょう。

まとめ

3歳の反抗期に起こる赤ちゃん返りの特徴や行動と、子どもへの接し方を紹介しました。

赤ちゃん返りは、下の子が生まれたり、幼稚園や保育園に行くようになるなど環境が変わったりしたときに起こる可能性があります。今までできていたことを「できない」と言う、自分の年齢より幼く見せようとする、必要以上にママに甘えるといったことがあれば、それは赤ちゃん返りかもしれません。

子どもの赤ちゃん返りを見逃さないで、子どもが甘えられる状況を作ったり、大好きだと伝えたりすると、自然と元に戻っていきますよ。
26 件

関連記事

ピックアップ記事

おすすめ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版