就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

添い寝でしか昼寝ができない!メリットデメリットと寝かしつけのコツ

添い寝でしか昼寝ができない!メリットデメリットと寝かしつけのコツ

「子どもと昼寝をするときに添い寝をしていたら、いつの間にか添い寝をしないと寝なくなってしまった」と悩んでいるママはいませんか?ママの不安な気持ちが解消されるように、添い寝のメリットやデメリット、昼寝のときにスムーズに寝かしつけをするコツなどを見ていきましょう。

昼寝を添い寝で寝かしつけるメリット

スキンシップがとれる

小さな子どもがいる家庭では、子どもが昼寝をするときにママが一緒に添い寝をして寝かしつけをしているところが多いのではないでしょうか。子どもが安心して眠れるように、優しくハグをしたり、頭をなでたりなど、スキンシップをとっているママもたくさんいますよね。

スキンシップは、子どもの成長に必要不可欠だといわれています。小さなころにスキンシップをたくさんとって育った子どもは自分を認められる、ストレス耐性、協調性など、人として重要なことを自然と身につけられますよ。

ママは子育てや家事で忙しいため、子どもとゆっくりスキンシップをとる余裕がない方もいますよね。昼寝のときに添い寝をすることで、スキンシップをたくさんとることができるでしょう。

子どもが寝つきやすくなる

子どもは、いつだってママが大好きですよね。昼寝をするときにママが添い寝をすることで、子どもは安心感に包まれながら眠ることができます。ママの肌と密着するとぬくもりを感じられるので、寝つきがスムーズになりやすいですよ。

肌の温度はほんのりと温かいので、心地よさを感じますよね。暑かったり寒かったりなど、不快を感じると寝つきが悪くなるので、人のぬくもりはちょうどよい温度といえるでしょう。

ほかにも、ママの心音を聞いていると安心して眠くなる、ママと呼吸が合っていると心が落ち着きやすいなど、ママがそばにいると子どもは心身ともにリラックスすることができます。添い寝をすることで寝かしつけがスムーズになると、ママも嬉しいですよね。

ママも一緒にお昼寝できる

ママは子育てや家事の両立で、毎日忙しいですよね。夜も「子どもを寝かしつけしたあとに残っている家事をこなしてから寝る」という方も多く、毎日寝るのが深夜というママもいるようです。

睡眠不足が続くと体調が不安定になるだけでなく、精神面も落ち込みやすくなりますよね。疲れやストレスを解消するために休息することは大切なので、子どもの昼寝の時間に添い寝をしてママも体を休めましょう。

先ほどご紹介したように、添い寝をすると子どもは安心感に包まれるため、ぐっすり眠ってくれることも多いです。成長とともに昼寝の時間は短くなりますが、2歳ごろでも1~2時間ぐらいは寝てくれるので、添い寝をして睡眠不足を解消できると嬉しいですね。

添い寝を続けることで起こるデメリット

思わぬ事故が起こる危険性がある

添い寝は子どもとママに様々なメリットがありますが、デメリットがあることも忘れてはいけません。添い寝をすることで子ども(主に0歳児の赤ちゃん)に思わぬ事故が起こる危険性もあるので、添い寝をするときは十分に気をつける必要がありますよ。

ママは育児や家事で疲れているので「ちょっとだけ一緒に寝よう」と添い寝をしているうちに熟睡してしまうことがあるかもしれませんね。いつの間にか赤ちゃんの上にママの体が乗ってしまい、赤ちゃんが窒息死するという悲しい事故も起きています。

ほかにも、クッションや大人用の寝具での窒息死やママとの添い寝で熱がこもったことによる熱中症など、安全面でリスクがあることを知っておきましょう。

添い寝でないと寝ないようになる

先ほどお話したように、添い寝をしているとママと肌が密着する、ママの心音が聞こえて心地よいなど、ママがそばにいる安心感に包まれて子どもは眠ることができますよね。しかし、添い寝に慣れると子どもが寝たあとに少し離れただけで泣き出したり、起きてしまったりする可能性がありますよ。

また、昼寝の添い寝が当たり前になると、夜に寝るときも添い寝でないと寝られなくなります。子どもが寝てから家事をしようとしてもくっついていないと起きるため、常に子どもから離れられないことにストレスを感じるママもいるでしょう。

また、ママとの添い寝が好きな子は、パパや祖父母などに寝かしつけをお願いするのが難しくなるので、ママに負担がかかってしまいますよ。

一緒に寝てしまい後悔する

添い寝をして寝かしつけをしていると、ママまで眠たくなって「知らないあいだに一緒に寝てしまっていた」と後悔したことはありませんか?子どもが寝ているすきに家事をこなしたり、自由時間を楽しんだりしようと思っていたママは「子どもが寝ているあいだだけは自由に過ごせたのに」と悔しい気持ちになるでしょう。

子どもが起きている時間はお世話をこなしながら過ごすため、ママの理想どおりに過ごすことは難しいですよね。昼寝のあいだに自由に過ごせるだけでもストレス発散になるので「一緒に寝るのがもったいない」と感じるママも多いようです。

「寝てしまった」と後悔するのではなく「ぐっすり眠れてよかった」と前向きに考えられるとよいですね。

寝かしつけをスムーズにするための心がけ

お昼寝に心地よい空間を作る

毎日決まった時間に寝かしつけをしていても「今日は全然寝てくれない」「昼寝の時間なのに遊び始めた」など、子どもに寝る様子がない日があるかもしれませんね。昼寝をするときは、子どもが眠りやすいように心地よい空間を作ることが大切ですよ。

たとえば、昼寝の時間帯は外が明るいのでカーテンを閉めて部屋を薄暗くする、布団やベッドなど、ぐっすり眠れる場所で寝る、テレビは消すなど、眠りに入りやすい環境で過ごしましょう。子どもは音や光などに敏感なので、なるべく静かな環境を整えていきたいですよね。

また、部屋や寝具が汚いとダニやホコリなどでくしゃみや鼻水が出て、寝つきが悪くなることがあります。部屋を清潔にすることも心地よい眠りには重要でしょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC