就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊婦が日記をつけるメリット!書き方のコツや使いやすい日記の選び方

妊婦が日記をつけるメリット!書き方のコツや使いやすい日記の選び方

お腹の赤ちゃんと一体感を実感する妊娠中のママにとって、日々変化していく体と心の変化は記録として残しておきたいですよね。そんなママのために、妊娠中のママが日記をつけるメリットと書き方のコツ、さらには妊婦用日記帳やアプリの選び方についてご紹介します。

妊娠中に妊婦が日記をつけるメリットとは

妊娠中の日々の体調管理に役立つ

お腹の中に新しい命が宿ったことを知ったママは、大きな喜びとともに不安な気持ちを感じるものです。日に日に体が変化していくことを実感し、心も大きく揺れ動いていくことでしょう。

妊娠中のママの体や心の変化、さらにはお腹の赤ちゃんが成長していく様子を記録に残しておきたいと考える妊婦さんは多いようです。このような記録が「妊娠日記」とか「マタニティダイアリー」と呼ばれています。

日々変化していく体の様子を記録するとともに、体重や体脂肪率、さらにはどのようなものを食べたのかを記録しているママも多いです。お腹の中の赤ちゃんが成長していく様子や妊娠中のママの体や心の変化を記録することは、体調管理にも役立ちますよ。

出産後に妊娠中を振り返ることができる

赤ちゃんが誕生すると、慌ただしい毎日が待っています。家事だけではなく、慣れない育児でイライラが募るばかりです。

このようなときに妊娠日記を読み返すと、妊娠中の喜びやつらいことを乗り越えてきた自分を振り返ることができます。自分を客観的に見ることができると同時に、我が子への愛の深さを実感できたというママの声をよく耳にします。

また、第2子を妊娠したときに読み返すママも多いようです。妊娠中の体重の変化や食事の内容、飲んだ薬、つらかったことなどを記録しておけば、後々参考になりますよね。

記憶というものは、意外に忘れやすいものです。妊娠日記をつけておくと自分が経験したことをいつでも振り返ることができて、その後の子育てに役立つことでしょう。

将来自分の子どもに贈るプレゼントになる

ママの中には、自分の子どもが大きく成長したときのプレゼント用として妊娠日記をつけているという人もいます。我が子が成人して独立したときに、へその緒や写真などと一緒に妊娠日記を贈るなんて、素敵ですよね。

また、子どもが小学校に入学すると、生活科の授業で自分の成長の記録をまとめる学習をすることがよくあるようです。多くの学校では「生まれたときの様子をママやパパに聞いてくる」という宿題が出されたりします。

そこで活躍するのが、妊娠日記です。妊娠日記を見ながら我が子と会話をすることで、自分がどれだけ愛情深く育てられたかがわかることでしょう。子どもにとって、ほかには代えることのできないママからの最高のプレゼントになるはずです。

妊娠中の日記を残す方法と書き方のコツ

市販の妊婦用日記帳やアプリを活用する

妊娠日記を残す方法は様々ありますが、市販の妊婦用日記帳を活用しているママが多いようです。どのような内容を日記に残せばよいのかわからないママにとっては、市販の妊婦用日記帳はきっと役に立つことでしょう。

ママの体の様子を書く欄とお腹の赤ちゃんの様子を書く欄が見やすく分かれていたり、妊婦健診でもらうエコー写真が整理しやすくなっていたりする日記帳があるので便利です。妊娠中に必要な情報や書き方が記されたものも多いようですよ。

また、スマートフォンのアプリを活用しているママもいます。アプリであれば、妊娠中の細かな記録をいつでも入力できますよね。写真や動画を残せるだけではなく、健診スケジュールなども管理できるアプリも多くあります。

ノートや手帳で妊婦日記を手作りする方法も

市販の妊婦用日記帳を活用する以外にも、ノートや手帳を使って手作りで妊娠日記をつけているママもいます。お気に入りのノートや手帳であればオリジナルな妊娠日記になりますし、愛着もより一層深まることでしょう。

手作りの妊娠日記であれば、自分の好みに合わせて記録を残すことができます。大切な写真や市販のシール、スタンプなどを活用する楽しさも味わうことができるでしょう。

妊娠前から手帳を持ち歩いていたママであれば、その手帳をそのまま妊娠日記に利用する方法もあります。新たにノートを用意する必要もなく、書き慣れているので活用しやすいかもしれません。ただし、手帳の種類によっては書くスペースが限られるため、書きづらいことが考えられます。

体調の悪い日は無理せず書けるときに書く

妊娠すると、ママの体は出産に向けて少しずつ変化をしていきます。つわりの症状が出てきたり、体がだるくなったりして体調が悪い日が続くことが当たり前です。

妊娠中は日々体調がすぐれないことが繰り返されるので、決して無理をしてはいけません。日記だからといって、毎日几帳面につける必要はないのです。体調のよいときなど、書けるときに書いていくという気持ちになるだけで楽になります。

ただし、簡単なルールは決めた方がよいでしょう。たとえば、妊娠に気づいた日、初めてのつわり、胎動を感じた日、検診内容など、出産までの大きな節目は書き残しておくこと。

このようなルールを決めることで書き続けることができて、役立つ妊娠日記になりますよ。

妊婦用の日記帳やアプリの選び方のヒント

手帳タイプの妊婦日記帳は携帯しやすい

携帯しやすくて常に手元に置いておきたいというママには、手帳タイプの妊娠日記帳がおすすめです。母子手帳などと一緒に管理しやすいのも、手帳タイプの魅力といえるかもしれません。

手帳タイプの妊娠日記帳の中には、健診の記録や緊急連絡先のページ、アルバムのページなどがあります。栄養管理に役立つ情報がわかりやすくまとめられているものもあるようです。

また、フリースペースがふんだんにあって、必要な情報を自由にレイアウトできる手帳タイプの妊娠日記帳もあります。中には産科医が妊娠中の変化や疑問などをわかりやすくアドバイスするページがあって、役立ったというママもいるようです。種類が数多くあるので、お気に入りの一冊をみつけてくださいね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC