就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

お金の使い方が上手なママになりたい!無駄のない買い物をするコツ

お金の使い方が上手なママになりたい!無駄のない買い物をするコツ

日々節約に励んでいるのに、思うようにお金が貯まらないと悩んでいませんか?お金の使い方が上手なママは、どのように買い物をしたり、日々の暮らしで何に気をつけたりしているのか気になりますよね。今回は、節約のつもりが無駄遣いになりがちな買い物の仕方や、やりくり上手なママのお金の使い方についてご紹介します。

お金がなかなか貯まらないママの特徴

安いときに同じものをまとめ買い

セール品やまとめ買いで割引される商品を買うことは、節約につながるように感じますよね。しかし、まとめ買いは余計な出費となってしまいがちです。

それは、本当に必要なもの以外にもお金を使うことになるためです。たとえ必要だから買ったものであっても、必要以上の数をまとめ買いすれば、予定より多くの出費をしたことと同じになってしまいます。

買ったものを消費できなければ無駄になってしまいますし、同じもののストックが大量にあっても保管場所に困ってしまいますね。買ったときはお得に感じますが、実は余分なものにもお金を払っているということが少なくないでしょう。

まとめ買いをするよりも、必要なもの以外は買わないようにする方が、結果として節約になりますよ。

いつも部屋の中が散らかっている

部屋が散らかっているということは、ものが決められた場所に保管されていない状態だということです。保管場所が決まっていないと、管理がしにくくなります。

あるものが必要になったときに、探したが見つけることができず、新しく購入する。しかし、後で見つかり、同じものがダブってしまう…ものの管理がきちんとされていないと、このようなことが起こりがちです。

ものの住所が決まっていて、整理整頓が行き届いた部屋なら、何がどこにあるのかすぐ分かります。すると、無駄なものを買うことがなくなるので、出費を抑えることができますね。

部屋が散らかっているという方は、不要なものを処分し、残すものは決まった場所に保管するように意識してみるとよいでしょう。

「いつか使うかも」が口ぐせ

先にも述べたまとめ買い商品や、セールなどで安くなった商品は、お得に感じられるのでつい買いたくなってしまいますね。すぐに必要なものでなくても、「いつか使うかも」と思うこともあるでしょう。

しかし、「いつか使う」と思っても、結局使わないということになれば無駄遣いでしかありません。まとめて買って腐らせてしまった食べ物、来年着ようと思って買ったが翌年には流行遅れになったセール品の服…こういったものが家にあるという方は、買い物の仕方を見直す必要があるかもしれません。

また、いつか使うかもと考える方は、ものを溜め込みやすいタイプでもあります。不要なものや必要以上の数のものが増えていくと、管理がしにくくなるので気をつけましょう。

お金を上手に使いながら貯蓄を増やすコツ

節約は無理のない範囲で楽しみながら

お金を貯めるには節約が欠かせませんが、無理をして切り詰めようとすると、日々の生活が楽しくなくなってしまいます。節約は、無理のない範囲で、楽しんで取り組むようにすると長く続けられますよ。

たとえば、休日にショッピングモールへお出かけすると、レストランやフードコートで食事をしたり、ゲームセンターで遊んだり、服などを買ったり…と、ついついお金を使いすぎてしまいがち。天気のよい日は、お弁当を持って公園や動物園に出かけると、低コストで充実した時間を過ごせます。

子どものおもちゃは、親子で一緒に手作りすると、楽しい時間を過ごせるし節約にもなりますね。また、絵本などは図書館で借りるようにすると、たくさんの作品を楽しむことができますよ。

冷蔵庫の中に何があるか把握しよう

冷蔵庫の中に、食料品や調味料がぎっしりと詰められていませんか?もし冷蔵庫の中が整理されていないなら、すっきりと片付けることで節約につながるかもしれません。

冷蔵庫の中に何があるか把握できないと、食材を腐らせてしまったり、同じものを買ってダブらせたりしてしまいがちです。一方、何があるか分かっていると「今日はこの食材を使って料理をしよう」と考えることができ、余計な買い物や食材のロスを減らすことができます。

ドレッシングやソースは、使う頻度が少なく、気づくと賞味期限が切れていることも。酢やオイルなどの調味料を使って手作りすると、新鮮な味を楽しめ、冷蔵庫内もすっきりしますよ。

一度、冷蔵庫の中をチェックし、整理してみてはいかがでしょうか。

今日買うものと予算をしっかりと決めよう

買い物へ行く前に、「今日は何を買うか」ということを明確にしておきましょう。無駄な買い物をしないことが、節約の基本となります。

買い物の前には、今家に何があるかを把握し、足りないものや必要なもののみを買うようにします。買い忘れや無駄な買い物を防ぐために、買い物リストを作るとよいですね。

また、予算をしっかりと決めることも大切です。1カ月の予算を決め、それをさらに週単位に分けるなどして、お金を使いすぎないようにしましょう。

財布にお金が多く入っていると、つい気が緩んで余計なものも買ってしまうかもしれません。そのような場合は、その日の買い物の予算だけを財布に入れて出かけるようにするなどして、お金を使いすぎないよう工夫するとよいですね。

お金の使い方が上手なママはこんな人

お金をかけたい項目が決まっている

節約や貯蓄が上手なママは、お金の使い方にメリハリがあります。お金をかけるものとかけないものを区別して、無駄遣いをなくすようにしてみましょう。

たとえば、子育て中は子どもと一緒に遊んで服が汚れたり、子どもに服を引っ張られたりしがちですよね。汚れや傷みを気にするよりも、価格の安い服をワンシーズンで着倒すようにしてみるのはいかがでしょうか。

一方、レジャーや旅行などは、お金を気にしすぎると楽しめなくなってしまいます。予算を決め、それを超えない範囲で楽しむようにすれば、リフレッシュできて素敵なひとときになりますね。

過度な節約はストレスになりやすいもの。お金の使い方にメリハリをつけた方が満足度が高く、無駄な出費を抑えられるでしょう。

お金だけでなく時間の使い方も上手

お金の使い方が上手な人は、時間も無駄にしません。時間に余裕があると心にもゆとりが生まれ、毎日の暮らしがより楽しいものになりますよ。

部屋の掃除や片付けなどは、汚れや散らかりが目立ってから行動するのではなく、こまめにきれいにすることを習慣にすれば、少しの時間で済みます。たとえば、歯磨きのついでに洗面台を拭く、トイレを使うたびに掃除をするなど、少しの時間をかけることで、きれいな状態が長く続きますよ。

時間に余裕ができると、リラックスタイムや趣味の時間を楽しむことができますね。スキンケアに時間をかけたり、好きなテレビや音楽を楽しみながらお茶を楽しんだりと、自分のための時間を持つことができると心が満たされ、無駄な消費を減らすことにもつながります。

部屋の中はすっきりと無駄なものがない

先にも述べたように、部屋が散らかっているとものの管理が難しくなり、お金や時間の無駄にもつながります。逆にいえば、部屋の整理ができている人は、お金の使い方も上手ということです。

部屋が整理されているということは、ものの住所が決まっているということです。もし新しくものを買えば、それを保管するための新たな場所が必要になりますね。

ものの場所を増やしていくと、次第に部屋が雑然としてしまうでしょう。すっきりとした状態をキープするためには、安易にものの保管場所を増やさないことが重要です。

部屋が整理されている人は、ものを買う前に「これは本当に必要なものか」と考えています。そうすることで無駄な買い物をしなくなり、部屋がすっきりと片付いていくのです。

まとめ

お金の使い方が上手な人は、節約だけでなく、時間の使い方や家事の進め方もスマートです。ポイントはいたってシンプルで、いかに無駄を省くかということ。無駄遣いや不要なものをなくしていくことを心がければ、毎日の暮らしのやりくりが上手になっていくでしょう。

無理のある節約はストレスがたまり、長続きしません。いきなりあれもこれも頑張ろうとするのではなく、できることから少しずつ取り組み、習慣にできるとよいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018