就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

4人家族の平均的な食費はいくら?すぐに試せる節約のコツや注意点

4人家族の平均的な食費はいくら?すぐに試せる節約のコツや注意点

おやつを手作りすると大きな節約になる

子育て家庭はおやつ代が結構かかる

おやつは、子どものために、疲れたママ自身のためにとつい気軽に買ってしまいがちですが、意外と出費がかさんでいます。家計簿をつけているママは、おやつ代を別で計算すると分かりやすいですね。

そんなおやつにかかる費用を抑えるために、手作りしてみるのはいかがでしょうか。作るものや材料によって違いはありますが、少ない材料で作れるものなら、買うより安くできるものもたくさんあります。また、手作りなら、無駄な添加物を使うこともないので安心して食べられますね。

また、簡単に作れるものなら混ぜたり盛りつけをしたりなど、小さな子どもにもできることがたくさんあると思いますので、一緒に作ると楽しいのではないでしょうか。

子どもも大人も大好きなポテトチップス

子どもも大人も大好きなポテトチップスは手作りでも簡単です。基本的にはジャガイモと塩があれば作ることができますね。

ジャガイモを薄くカットしたいときはスライサーを使うと便利です。フォークに刺したり、野菜ホルダーで挟んだりすれば手を切る心配もありません。野菜ホルダーは100均でも販売されているので一つあると何かと重宝しますよ。

ジャガイモの厚みを変えてみるのもよいでしょう。油で揚げる作業はもちろんママが担当することになりますが、お皿やキッチンペーパーの準備は子どもにお願いできそうですね。仕上げの味つけは塩に限らず、コンソメや青のり、カレー粉、粉チーズなどを使って色んなバリエーションを楽しみましょう。

ホットケーキミックスを使うと簡単

ホットケーキミックスを使ったおやつは、ホットケーキ以外にもレシピがたくさんありますよね。例えば、クッキー、パウンドケーキ、マフィン、スコーン、ドーナツなど、色々なレシピに活用できるので便利です。

おやつ作りに時間がかかるのは調合の工程です。ホットケーキミックスは砂糖や小麦粉などがバランスよく配合されているため手間が少なく、お菓子作りが苦手なママでも失敗は少ないでしょう。安いものなら1袋100円台で購入することができるので、おやつ代の節約にもなります。また、消費期限も長いので、いくつかストックを用意しておくといつでもおやつ作りができますね。

オーブンや電子レンジ、炊飯器などを活用して様々なレシピにチャレンジしてみましょう。

食費を節約する際の注意点を知ろう

無理のない節約目標を立てて継続させる

いくら「食費3万円」が素晴らしいとしても、今まで6万円だったとしたらいきなり3万円にするのは至難の業です。目標を高く設定し過ぎてしまうと、クリアできないことが当たり前になってしまいストレスも溜まります。

ちょっと頑張れば達成できる目標をたくさんクリアしていくと、いつの間にか節約上手になっていることも夢ではありません。食費を節約するときは、まず一度何にお金を使っているかを知ることが大事です。

家計簿をつけているママは中身を見直し、つけていないママは早速書き出してみましょう。スケジュール帳を見て、何回外食しているかをチェックするだけでもOKです。毎週していた外食を月に一度にするだけでも大幅な節約になりますよ。

セール品は安さより必要なものだけを選ぶ

スーパーのセールはママも臨戦態勢で、より安くよりよいものを買おうと頑張ってしまいがちですね。「お徳用」や「見切り品」などの言葉にも弱く、つい手が伸びてしまいます。

しかし、セール品も見切り品も実際に使わなければ無駄な出費になってしまいます。「ストックできるものなら大丈夫」と思ってしまいそうですが、結局たくさん買ったことを忘れて新たに買ってしまったことはないでしょうか。

買い物は必要なものだけをメモに書いて持参し、それと照らし合わせながらスーパーを移動しましょう。どうしてもセール品を買いたい場合、そのメモを見ながら代わりになりそうなものであればセール品を買うなど、自分なりのルールを決めておくとよいですね。

まとめ買いは使い切れる量に抑える

節約のために買い物の回数を制限すると、どうしてもまとめ買いをするようになります。最初のうちは使い切れる量が分からず、腐らせてしまうなど失敗することもあるかもしれませんが、上手な保存方法やまとめ買いの適量を知ることで改善していきます。

まとめ買いの目安は一週間分なので、その期間で使い切れる分を目安に購入するようにしましょう。あらかじめ考えておいた一週間の献立に、何がどれだけ必要なのか書き出しておくと余計な買い物も減らせます。買い物をしたら下処理をして、小分けに冷凍するなど食材に合った保存を心がけると食品を傷めることなく保存できますよ。

まとめ買いをする前日に冷蔵庫を空にすることを目標にすると、使い切るクセがついて食品ロスも防げるでしょう。

まとめ

食費は家族が1人増えるごとに15,000円ずつ増えるのが一般的なようです。しかし、子どもが小さいうちからこの法則に当てはめてしまうと、後々苦労する原因になってしまうかもしれません。

もちろん、後から節約生活をスタートすることもできますが、急な節約はストレスが溜まりやすく失敗しやすいので、今から徐々に節約の意識を持って変えられる部分は努力をしてみましょう。節約も度が過ぎると食べる楽しみを奪ってしまいかねません。家族の意思も尊重しながらできる範囲で取り組んでくださいね。
36 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND