就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

塩素系漂白剤と重曹を混ぜたら危険?効果的な活用方法から注意点まで

塩素系漂白剤と重曹を混ぜたら危険?効果的な活用方法から注意点まで

環境に優しいエコな洗剤として注目を浴びている重曹は、クエン酸や中性洗剤などと混ぜて使うことができます。しかし、「混ぜるな危険」と書かれている塩素系漂白剤と混ぜても大丈夫なのでしょうか。今回は重曹と漂白剤を混ぜるときの注意点や、効果的な活用方法を紹介します。

漂白剤と重曹を混ぜるメリットとデメリット

塩素系漂白剤と重曹は混ぜても大丈夫

「混ぜるな危険」の表示がある塩素系漂白剤は「重曹と混ぜると危険なのではないか?」と不安を感じるかもしれません。

しかし、これは「酸性の洗剤と混ぜるな」という意味です。酢酸やクエン酸と混ぜることはできませんが、重曹は弱アルカリ性なので化学反応が起こらず、有毒ガスも出ないので安心して使うことができます。

重曹はそのまま粉として使うだけではなく、水に溶かしたり、ペーストとして使ったりすることが可能です。漂白剤を加えた重曹のペーストを作れば、液体よりも活用範囲を広げることができます。

油脂やたんぱく質の汚れを落としながら殺菌もできるため、カビの除去や食中毒防止に最適です。浴室やキッチン周りなど掃除に活躍しますよ。

重曹と混ぜて便利な漂白剤は液体の酸素系

塩素系漂白剤は高い漂白力と殺菌力を持つものの、色柄物の衣類につくと色落ちしてしまうというデメリットがあります。ツンとした特有のにおいが苦手というママも多いのではないでしょうか。

色柄物に使いたい、塩素のにおいが苦手という場合は、液体の酸素系漂白剤を加える方法がおすすめです。

液体の酸素系漂白剤はケガの消毒に使用される「オキシドール」と同じ過酸化水素が主成分です。水で薄めたり汚れに触れたりするとゆっくりと酸素を放出し、酸素の力で汚れを落とすことができます。

重曹ペーストに加えると水に溶かしたときよりも酸素の放出が活発になるため、重曹のみや漂白剤のみで使用するよりも短時間で汚れを落とすことができます。

漂白剤と重曹を混ぜるデメリットもある

重曹に漂白剤を加えると洗浄力が高くなるなどのメリットがありますが、デメリットもあります。

塩素系の製品は重曹よりも強いアルカリ性なので、酸性の汚れである油汚れに対する洗浄力も高めです。重曹を加えるとアルカリの力がやや弱くなるため、漂白剤としての効果が下がってしまいます。

また、液体の酸素系漂白剤に重曹を加えると酸素の放出が活発になりますが、化学反応が早く終わるため洗浄力がなくなるのも早くなるのがデメリットです。時間をかけて汚れを落としたいときには向いていません。

混ぜて使うと洗剤の特性が変化するため、適した使用法も変化します。汚れの種類などによっては単体で使った方がよいというケースもあるので状況に合わせて使い分けるとよいでしょう。

重曹ペーストを育児の隙間時間に活用しよう

液だれしないので壁のカビ掃除に便利

塩素系の製品は一般的には液体なので、壁などの垂直な面に使うと液だれすることがあります。液だれすると漂白剤で床が傷んだり、カーペットが色落ちしたりするかもしれません。

また、漂白剤がカビの上に留まる時間や量が少なくなってしまうため、効果を十分発揮できなくなります。表面のカビは取れても根が残ってしまうかもしれません。

重曹を加えてペースト状にすると液だれを防ぐことができるため、壁などの垂直な面にも安心して使用できます。ペーストを塗った上にラップをかけてパックすれば、深く伸びたカビの根を退治することができますよ。

重曹は水に溶けるためペーストが排水管に詰まる心配もありません。浴室のパッキンについたカビ取りにも最適です。

まな板などキッチン用品の殺菌にも使える

大きくてつけおき洗いが難しいまな板やしつこい茶渋がついたコップなどの洗浄にも活用できます。漂白剤を加えていると殺菌効果も得られるのでキッチン用品のお手入れに最適ですね。

まな板の殺菌と洗浄を行うときは、ペーストを全体に塗ったあとラップで包み、30分ほど置いてから洗い流してください。強い漂白力で黄ばみや黒ずみ汚れもきれいになりますよ。

つけ置きだけでは落ちにくい茶渋などの汚れはペーストでこすり洗いすると効果的です。哺乳瓶についたたんぱく質汚れなども殺菌しながら落とせます。

キッチン用品に塩素系の製品を使用したあとは、塩素のにおいがなくなるまで洗い流してください。また、食品用の重曹を使えば子どもの食器やまな板にも安心ですね。

衣類のシミや黄ばみにも効果的

油汚れやたんぱく質汚れに強い重曹は衣類についたシミを落とすのにも最適です。汚れの部分にペーストを塗り、30分ほど置いてから洗濯機で洗えば食べこぼしの汚れもきれいに落とせます。

漂白剤をプラスすると重曹だけでは落としきれない黄ばみにも効果的です。白物衣類なら塩素系、色柄物なら酸素系というように、衣類の色や素材に合わせて使い分けるとよいでしょう。

食べこぼしのシミに使うときはペーストを塗る前に軽く水洗いなどをして固形物をできるだけ取り除いてくださいね。

また、漂白剤を加えるとアルカリの成分が強くなるため、置いておく時間は5~10分程度と短めにしておきましょう。長い時間置いていると生地を傷める可能性があります。

漂白剤や重曹ペーストを使う場合の注意点

換気やゴム手袋などを忘れずに

重曹と塩素系の製品は有毒ガスが出ない組み合わせですが、塩素のにおいは刺激が強いため、大量に吸うと吐き気やめまい、頭痛などを感じることがあります。

塩素を含んだ製品やペーストを使うときは窓を開けて換気扇を回すなど、しっかり換気を行いましょう。薬品に敏感な赤ちゃんや小さな子どもは体調を崩しやすいので、特に注意したいですね。

また、重曹は水に溶かすとアルカリ性になりますが、水の量が少ないほどアルカリ成分も強くなります。そのため、重曹水では手荒れしなくてもペーストでは手荒れするかもしれません。

漂白剤を加えたペーストはさらに成分が強くなるので、素手で触れると炎症を起こす可能性があります。使用するときはゴム手袋を着用しましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事