就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

乳児の虫除け対策。虫から乳児を守る虫除けアイテム!

乳児の虫除け対策。虫から乳児を守る虫除けアイテム!

お子さんの成長と同時に、これから一緒に外出する機会も増えていきます。そんなとき、気になるのが虫!季節にもよりますが、せっかくのお出かけ、虫のことなんか気にせず楽しみたいですよね!そこで今回は、お出かけの際に役立つオススメの虫除けアイテムや情報をご紹介したいと思います。

虫除け対策をして楽しいお出かけをしよう

なぜ虫除け対策が必要なの?

海や山、公園などに限らず、近年は街中にも乳児を危険にさらす虫が増えてきたように思います。1番身近な虫といえば、やはり蚊を連想しますよね。

蚊に刺されるくらいどうってことないと思っているママもいるでしょう。大人の場合は痒くなる程度かもしれませんが、乳児の場合は、そこからとびひになったりと、後に医者にかからなくてはいけない、なんてことにもなりかねません。
乳児は大人よりも皮膚のバリア機能が低いからです。それに、大人に比べて体温が高く汗もよくかきます。

蚊は汗に含まれる匂い成分に反応して寄ってきます。ですから、乳児は常に虫に狙われやすい環境にあるわけなんです。虫除けを上手く利用して、繊細な乳児のお肌を守ってあげましょう。

選び方や使用時の注意点

虫除けを選ぶ際には、きちんと目的や用途に合ったものを選ぶことが大切です。
ここ近年、ドラッグストアなどやバラエティショップで様々なものが売られていますよね。種類がたくさんありすぎて、正直どれが最適なのか悩んでしまうママさんもいるでしょう。

乳児に虫除けを使用する際に1番注意しなければならないのが、容量、用法をきちんと守ることです。
虫除けに含まれている成分「ディート」は、人の体に何らかの影響を及ぼすことは無いといわれていますが、それを決定づけるにはまだまだ疑わしい点も多々あることから、なるべくなら乳児への使用を控えたほうがよいとされています。

市販の虫除けを選ぶ際は、説明をよく読みましょう。アロマや天然ハーブ系のものなら安心して使えそうですね。

虫に刺されてしまった時の対処法

パパやママがどんなに気をつけて虫に刺されないように対策をとっていても、完全には虫を除けきれません。どうしても刺されてしまうことってありますよね。そんな場合、乳児の肌はデリケートなので、掻きむしってしまわないように早めに対応しましょう。

まず、刺されたところをお水で優しく洗い流してあげましょう。その後すぐに冷やしてあげてください。冷やすことで、若干ですがかゆみを抑えられる効果があるんですよ。

その後も痒がるときは、市販の乳児でも使える塗り薬を塗るなどして様子を見ましょう。
その後なかなか腫れが引かなかったり刺された所が膿んできた場合は、傷口から細菌が入った可能性があるので、医療機関を受診したほうがよいでしょう。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

乳児を守る虫除け人気アイテムをご紹介

肌に直接つけるタイプ

ローションやスプレーで吹きかけるタイプなどがあります。

・0歳から使える「MAARO アロマミルクローション」
これ1本で虫除け、日焼け止め、保湿の3役を担ってくれます。白浮きしない紫外線反乱剤ベースに、虫が嫌うオーガニックエキス&アロマ配合。乳児の肌はデリケートなので、塗る際にこすらなくてよいのがローションタイプのメリットですね。お風呂の際に石鹸で洗い流すだけでいいので安心です。

・「オーガニックマドンナ アロマガードミスト」
こちらも0歳から使用可能で、合成の虫よけ剤(ディート)や石油系・植物性アルコール、防腐剤は一切使用しておらず、顔にも使えます。保湿成分のアロエベラ葉水も配合していてスキンローションとしても使用できますよ。

間接的に周りにつけるタイプ

乳児の肌に直接つけるものではなく、身に着けている衣服などに使用します。代表的なものだとスプレータイプがあります。

・「パーフェクトポーション アウトドアボディスプレー」
乳児から使える、オーストラリア原産のボディスプレー。シトロネラやラベンダーなどの天然成分100%の成分で、さわやかな香りが特徴です。累計130万本売れている、ママ達に大人気のスプレーなんですよ。

生後6カ月未満のお子さんは肌に直接スプレーせず、身に着ける衣服や帽子に吹き付けて使用しましょう。

他には、シールタイプで衣服などに張り付けて使用するものや、アームバンドタイプのもの、ベビーカーなどに吊るしておくフックタイプの虫除けなんかもあります。用途に合わせて選ぶのも楽しいかもしれませんね。

蚊帳でしっかり覆うタイプ

身に付ける虫除け以外にも、蚊帳のようなネット状になっているものがあります。乳児に直接ネットをかぶせるのではなく、乳児が乗っているベビーカー自体をスッポリ包んでしまおう、という優れものなんですよ。

虫除け以外にも紫外線から乳児のデリケートなお肌を守ってくれるので一石二鳥!夏のお出かけには最適ですね。

蚊帳というと、大きくて出したりしまったりが大変なイメージがあるかもしれませんが、ベビーカー用のネットはとてもコンパクトに収納できるので、片づけるのにも手間がかからないですよ。

ここ近年でとても種類が増えたように思います。機能性、デザイン、どこを重視するのかいろいろ考えながらお気に入りのものを見つけてくださいね。

虫除け対策のコツ。虫除けをもっと効果的に

虫の習性から対策を考える

夏のイヤ~な虫の代表は「蚊」ですね。

蚊は下のような人に寄ってくる傾向にあります。

1、体温の高い人
2、汗をよくかく人
3、暗めで濃い服を着ている人


大人よりも体温が高く、汗もよくかく乳児。一緒にいると蚊に狙われやすいんです。蚊は、人間が放出する炭酸ガスや、汗に含まれている乳酸が大好物。それらを感知して近寄ってきます。

一般的な虫除けには、蚊が触れると炭酸ガスや乳酸を感知する触覚をふさぐ成分(ディート)が含まれているため、蚊は刺さずにどこかへ飛んでいきます。アロマや天然ハーブ系の虫除けにも同じような効果があるので、乳児には肌に優しいタイプのものを使用してあげたいですね。

同時に、蚊が好む濃くて暗い色、黒や茶色、青などの衣類はなるべく避け、万全な対策をとりましょう!
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC