就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児期の冬休みの過ごし方。早寝早起きやお手伝いと冬にできる遊び

幼児期の冬休みの過ごし方。早寝早起きやお手伝いと冬にできる遊び

年末が近づいてくると、家族で冬休みをどう過ごそうか計画を立て始めますね。旅行や帰省など、普段とは違った生活を送ることが多くなりますが、幼児にとっては規則正しい生活を継続することがとても重要。そこで今回は、冬休みの過ごし方で気を付ける点と、冬ならではの過ごし方を紹介していきます。

幼児期は冬休みでも早寝早起きをして過ごす

幼児が早寝、早起きをするメリット

皆さんのご家庭では、普段から早寝早起きの習慣がついているでしょうか。昔から「寝る子は育つ」「早起きは三文の徳」などといわれ、早寝早起きをすることが推奨されています。特に、成長著しい幼児期の十分な睡眠は、健やかな成長にとって非常に重要な役割を持っています。

幼児期に早寝早起きを習慣づけることで得られるメリットはたくさんあります。ひとつは「体内時計を整える」ということ。規則正しい生活を送ることで、決まった時間に3食しっかり食べることができ、結果体力がついて1日元気に過ごすことができます。

また早寝早起きをすることで精神的にも安定します。十分な睡眠がとれていない子どもは、イライラしたり、日中ボーっとしたりしてしまう傾向にあるといいます。

早起きを習慣化するためのコツ

たくさんのメリットがある早寝早起き。ぜひ子どもにも習慣化させたいですよね。早起きを習慣化させるには、子どもに朝日をたっぷり浴びさせることです。

朝起きて太陽の光を浴びることで、精神を安定させるホルモンが分泌されますが、このホルモンが分泌されることで、夜適切な時間に眠気が訪れるのです。夜早く眠れば、朝も早く起きることができますね。

早起きが苦手な子どもにおすすめのテクニックは、前日の夜寝る前に「明日はこんなことをして遊ぼう!」などと、翌日の楽しい予定を伝えておきます。そして朝起こすときに「さあ!今日はあれをして遊ぶ日だよ!」と一言声をかければ、「そうだ!起きて準備しなきゃ!」とスッキリ起きてくれますよ。

夜の睡眠も大切!早寝をするコツ

幼児期に早寝を習慣化するためには、コツがあります。それはズバリ、「家族みんなが早寝すること」です。ママとしては家事が残っていて難しいこともあるかもしれません。もちろん仕事で帰りが遅いパパはもっと難しいですよね。

各家庭の事情もあると思いますが、できる範囲で子どもと一緒に早寝することを心がけてみてください。ママが「やりたいことがあるから早く寝て~」という雰囲気を醸し出していると、なぜか子どもはそれを察知してなかなか寝付かないものです。

ママが落ち着いて一緒に寝てくれるという安心感が、子どもを早寝に導いてくれるでしょう。見たいテレビは録画して、スマホやパソコンは明日の朝やると決めて、子どもと一緒に早寝してみてくださいね。

冬休みはおうちのお手伝いをしてみよう

お手伝いは子どもの成長に繋がる

冬休みの間は、いつもよりも子どもと過ごす時間が長くなりますよね。どこかに遊びに行くのもよいですが、たくさんある時間を有効活用して、ぜひ子どもに「お手伝い」を経験させてみてください。幼児期の子どもにとってお手伝いをすることはとても意味のあることです。

【幼児期のお手伝いのメリット】
・責任感が強くなる
・自分で考える力が身につく
・自信がつく
・親子のコミュニケーションの時間になる
・生活するすべを学ぶことができる など

「自分に仕事を任せてもらえた」「自分にもできた」という経験が、子どもの自己肯定感を育て、成長に繋がります。年齢によってできることは限られてきますが、簡単なことでよいので、積極的にお手伝いをお願いしてみましょう。

幼児にもできるお手伝い

お手伝いといっても、幼児期の子どもにできることは限られてきますよね。ママがいつもしていて、小さな子どもにも簡単なにできそうな家事を、いくつか紹介していきます。

【3、4歳の子どもにできるお手伝い】
・食器を並べる(落としても割れないもの)
・お部屋を片付ける
・カーペットやソファーにコロコロをする
・野菜を洗う、ちぎる
・植物の水やり など

【5、6歳の子どもにできるお手伝い】
・食材を切る
・食器を洗う(割れにくいもの)
・コップに水を注ぐ
・テーブルを拭く
・掃除機をかける
・洗濯物を干す、たたむ、しまう など

年齢はあくまでも目安です。子どもの成長に合わせて、危なくないものを任せてみてくださいね。

幼児がお手伝いをするときのポイント

幼児にお手伝いをさせるとき、「お手伝い」という名の「学習時間」と思った方がよいかもしれません。実際にお手伝いさせてみると、想像以上に時間がかかりますし、後でママがやり直す必要があることも多いでしょう。

子どもにとってはおそらく「遊び」の一環という認識です。ママが自分でやった方がきれいで速いのは当然ですが、そこはグッと我慢して、子どものやりたいように任せてみてください。

あれこれ口出ししてしまうと、「もうやらない」と気分を損ねてしまうかもしれません。どんな仕上がりでも、「ママ、とっても助かったわ!あなたのおかげ!嬉しい!」と、オーバー気味に感謝を伝えましょう。きっと子どもは嬉しくなって、またやってみようという自信がつくでしょう。

冬休みにしかできない過ごし方で楽しもう

冬にしかできない遊びをやってみよう

冬休みの間、せっかくなら冬にしかできない遊びで思いっきり楽しみたいですね。おすすめは「雪遊び」です。住んでいる地域の気象状況にもよりますが、雪が降る地域であればお家のベランダや公園で雪合戦や雪だるまづくりをするのが楽しいですよ。

雪が降らないところに住んでいるなら、ちょっと遠出してゲレンデに行ってみるのもよいですね。場所によっては子ども専用の「キッズパーク」が設置されているところもあります。そり遊びは大人も童心に帰れて楽しいですよ。

また、冬といえば「イルミネーション」というイメージがありますよね。陽が落ちるのが早いので、夕方くらいから点灯するところも多いですよ。子どもは夜に外出する機会が少ないと思うので、きっと特別な思い出になるでしょう。

クリスマスは飾りつけや工作をして楽しもう

クリスマスはちょうど冬休み期間にありますよね。天気が悪かったり、すごく寒かったりして外遊びがしにくいときは、子どもと一緒にクリスマスの飾りつけをして楽しむのもよいですよ。

定番はクリスマスツリーを飾ることですが、持っていない場合や、子どもがいたずらして壊してしまいそうな場合は、模造紙で大きなツリーを作って壁に貼り付け、オーナメントを描いて貼るのがおすすめです。買ってきたシールを貼るだけならもっと手軽ですね。

工作ができる年齢なら、折り紙でサンタクロースやトナカイを作ったり、ペーパーチェーンを作ったりするのもよいでしょう。ママにとっては毎日何をしようか悩んでしまう長い冬休みかもしれませんが、時間があるからこそ楽しめることもありますよ。

お正月は楽しい遊びや学びも多い行事

年が明けて、お正月になると、昔から親しまれてきた「凧あげ」や「駒回し」「羽子板」などの遊びができますね。帰省先でおじいちゃんおばあちゃんに、お手玉やおはじき、けん玉などを教えてもらえば、よいコミュニケーションになりますよ。

子どもにとっては「昔遊び」はとても新鮮に映ります。遊びを通して家族の絆が深まれば、ママも嬉しいですよね。また、3、4歳を過ぎると、「なんで」「どうして」が増えます。お正月におせち料理やお雑煮を食べる意味、お年玉や年賀状をもらう意味などを学ぶよい機会になるでしょう。

年末年始は日本の伝統的な行事がたくさんありますね。冬休みに、除夜の鐘突きや初詣など、子どもと一緒に季節の行事を楽しみましょう。

まとめ

冬休みを存分に楽しむなら、まず大切なことは「健康」に過ごすことです。寒さに負けて病気になってしまっては、楽しみ切れませんね。お休みの間も、家族みんなで規則正しい生活を心がけましょう。

アクティブに遊んだ夏休みとは違って、冬休みは学ぶことや家族団らんを楽しめる長期休暇でもあります。寒いからといって、なんとなく家でダラダラ過ごすのではなく、子どもと長い時間一緒に過ごせることをうまく活かして、家族みんなで楽しみたいですね。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018