就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティ期もオフィスコーデを楽しもう!ポイントと使えるアイテム

マタニティ期もオフィスコーデを楽しもう!ポイントと使えるアイテム

妊娠中は会社にどんな服装で行けばよいか迷いますよね。妊娠中は、お腹が少し出始める妊娠初期からお腹が大きくなる臨月まで、目まぐるしく体型が変化します。妊娠中はどんなポイントでコーディネートすればよいのか、また季節ごとのおすすめのコーディネートも合わせてご紹介しますね。

マタニティオフィスコーデのポイント

オフィスにあう、きちんと感のある服を選ぶ

妊娠初期から産後まで、長く愛用することになるオフィスでのマタニティは、どのようなものを選べばよいのでしょうか。マタニティであってもオフィスで着る洋服なので、きちんとした感じを出したいですよね。

簡単にきちんとした感じを出すためにおすすめの方法は、洋服の生地質にこだわることです。例えば、光沢がある素材やツイードのような素材は品があり、それだけで上品に見せることができます。

生地質がよいだけで、必要以上に頑張らなくてもきちんとした感じが出せるので、体調が変わりやすい妊娠中にはおすすめです。きれい目に見えるマタニティテーパードパンツや、はじめからコーデが決まっているセットアップ、サラッと一枚で着れるワンピースあたりが着こなしやすく、おすすめです。

臨月まで対応できて産後も使用できるものを

妊婦さんの身体は妊娠中から出産直前まで、お腹周りだけではなく、太ももやお尻のサイズも大きく変わります。マタニティウェアはお腹が出始める妊娠初期から臨月まで、余裕をもって着ることができるものを選びましょう。

デザインもゆったりとしたものを選べば、締め付けの心配や途中で買い換える必要も無く、長く着ることができます。また、せっかく購入するのであれば、産後まで長く着られるものであるとベストです。

トップスは、授乳口がついているものを選ぶと、普段着のほかに産後のお宮参りなどにも使えますよ。パンツはウエストサイズを調整できるものや、お腹を覆う部分がすっきりしているものを選ぶと、産後に体型が戻ってきたあとでも履きやすく、長く愛用できます。

足元はフラットシューズかローヒールで

妊娠期間中は身体の状態が目まぐるしく変わり、体重も増えて疲れやすくもなります。そんなときでも、フラットシューズやローヒールであれば、必要以上に疲れにくいので快適に過ごしやすくなります。

また、お腹が大きくなってくると全身のバランスを保ちにくくなり、ふとした瞬間に転倒しやすくなります。ヒールの高い靴を履くとさらに全身のバランスを崩しやすいので、妊娠中は危険です。

妊娠中はバランスを取りやすいフラットシューズやローヒールを履くようにしましょう。フラットシューズやローヒールででも、オフィスで使えるような光沢があるきれいめなデザインのものが多く販売されています。産後にも使えるので、何足か持っていても損はないですよ。

マタニティオフィスコーデで使えるアイテム

着やすくてきちんと感がでるジャンスカ

マタニティオフィスコーデで活躍するのがジャンパースカートです。ウエストを締め付けることがなく、丈も長めのものが多いので、冷え対策にも使えます。

また、妊娠中は胸元もきつくなりやすいですが、ジャンパースカートはどの部分も締め付けることなく、ゆったりと着こなすことができますよ。シンプルなデザインのものやオールシーズン着られるものが多いので、臨月まで活用することができるでしょう。

また、制服着用でもマタニティサイズの用意がない会社もありますが、そのような場合でもシンプルなジャンバースカートは制服として代用できます。なかには制服用にデザインされたジャンパースカートもありますよ。

それぞれのオフィスにあったジャンパースカートを探してみてくださいね。

お腹をすっぽり包むマタニティボトムス

マタニティボトムスは、お腹を包み込む部分がストレッチが効いた素材でできているので、大きくなっていくお腹を優しく包みこみます。また、お腹や腰のサイズが変わってもきれいに履きこなせるように、お腹や腰回りの大きさを調整するためのアジャスター付きが多いのが特徴です。

柔軟にお腹や腰回りのサイズを調整できるので、産後まできれいに履くことができます。デザインも色々あり、テーパードパンツやワイドパンツ、ガウチョパンツやジョガーパンツなど、コーディネートに合わせて使いやすいアイテムが揃っています。

カラーはオフィスでも馴染みやすいベージュやネイビーなど、シンプルでシックなものを選ぶと着回しがしやすいですよ。柄はシャープに見えるストライプがオフィスにはぴったりです。

産後も使えて1枚で決まるワンピース

産後まで使えて、さらりと1枚着るだけで決まるワンピースもおすすめのアイテムです。マタニティワンピースはお腹や胸元周りがゆったりと作られているものが多く、妊娠初期から産後まで使えるデザインが多いですよ。

オフィスでも使える上品で光沢のあるデザインのものが多いので、数着用意しておけば着回しにも便利です。結婚式に使えるようなきれい目なデザインのものもあります。

授乳口がついたものを選べば、産後のお宮参りや子どもの入学式といったイベントにも使えるので、長く愛用できますよ。なかには、オフィスの電磁波をカットするものなど、個性的で便利なワンピースも。

ライフスタイルに合わせて、お気に入りのワンピースを選んでみてくださいね。

季節別おすすめマタニティオフィスコーデ

春はレギパン+ロングカーデですっきりと

マタニティレギンスパンツはオールシーズン使い回しができますが、春はロングカーディガンと合わせると相性ばっちりです。レギンスパンツは暗めの色も便利でよいですが、春は思い切って爽やかな白もおすすめです。

トップスは、すっきりとして上品なシルエットのものを選べば、きちんとした印象に。そして、ポップな色を指し色として使えば、オフィスでも使える春らしいコーデになります。

また、ロング丈のカーディガンを羽織れば体系の変化で気になる腰回りを自然にカバーできます。そして、身体の縦のラインが強調されることでスッキリとした印象になりますよ。

春はまだ肌寒いときもあるので、ロングカーディガンをおしゃれな冷え対策として取り入れてもよいですね。

夏はふんわり白トップスでさわやかに

夏はふんわりした白トップスを活用するとさわやかで綺麗な印象に仕上がります。形はフレアーやウエスト部分から裾が広がっているぺプラムなどのお腹にボリューム感があるトップスがおすすめです。

お腹にボリュームがあるタイプは、大きくなるお腹を自然にカバーして綺麗なシルエットを作り出します。お腹が大きくなると、パンツインスタイルが難しくなってきますが、ウエストからフレアーが入っているものやぺプラムは、パンツインしなくてもすっきりと見せることができますよ。

トップスにボリュームを持たせた場合は、ボトムスはすっきりとしたデザインのものを選ぶとバランスがよいでしょう。ジョガーパンツやタイトスカートなどはすっきりしていて組み合わせやすく、着回しもきくので便利ですよ。

秋冬は生地が厚手なゆったりボトムスを


秋冬は冷えが気になる季節ですよね。身体を冷えから守りつつ、きれいでおしゃれなコーデに仕上げましょう。おすすめは生地が厚手な、ゆったりとしたボトムスです。

厚手なのでお腹などの大事な部分を冷えからしっかり守ります。ゆったりとしたシルエットのものを選べば重ね着をしても着心地がよく、お腹を締め付ける心配もありません。

センタープレスが入っているラインがきれいなワイドパンツや、ジャガード生地を使ったマタニティスカートなど、寒い時期に対応したボトムスを選びましょう。ウエスト部分はリボンで調整ができるものや、よく伸びるリブ生地を使っているものが多いので、臨月まで安心して使えますよ。

トップスも温かい素材を選び、快適に過ごしてくださいね。

まとめ

体調や体型の変化が激しいマタニティ期はオフィススタイルにも悩むものですよね。マタニティの購入を考えているのであれば、ぜひ妊娠初期から産後まで長く使えるものを選んでみてくださいね。

デザインがおしゃれで機能性もばっちりなマタニティウェアがたくさんありますので、オフィスでも活用してみてください。赤ちゃんが生まれるまでは長いようであっという間です。

お仕事しながらも充実したマタニティ期を過ごせるように、快適なマタニティウェアを見つけましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018