就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

生後5カ月の子育てって楽しい!赤ちゃんの成長や毎日を楽しむ方法

生後5カ月の子育てって楽しい!赤ちゃんの成長や毎日を楽しむ方法

赤ちゃん誕生から5カ月。赤ちゃんのお世話にも慣れてきて、子育てを楽しむ余裕が出てきたころではないでしょうか。その一方で、ママは溜まった疲れが出てくる時期でもあります。今回は、上手にリフレッシュしながら、赤ちゃんの成長や毎日を楽しむコツなどをご紹介します。

成長が感じられて子育てが楽しい生後5カ月

喜怒哀楽や個性があらわれる

5カ月頃から、ママの声や姿を喜ぶだけでなく、ママの姿が見えないと泣き出したり、不安そうな顔をしたりするようになります。ママの気を引きたいときや、嫌なことがあるときには大きな声を出す赤ちゃんもいるのですよ。これらは、不安や嫌という感情が芽生え始めた証しです。

また、首を振ったり、手足をバタバタさせたりして、全身で嬉しいことや楽しいことを表現するようになります。さらに、喃語(なんご)もたくさん発するようになり、喃語のトーンを変えながら自分の気持ちを表現する姿は微笑ましいものです。

喃語とともに、気持ちに合わせて様々な表情を見せます。真剣に訴えるような表情や、ひょうきんな表情をするなど、赤ちゃんによって様々な個性が感じられ楽しみが増えますよ。

おもちゃでの遊び方も変化する

今までは、自分の手をコントロールすることが難しく、おもちゃをぎゅーっと握るような仕草が多かった赤ちゃんも、生後5カ月頃になると手や指も自由に動かせるようになります。

指を上手に使っておもちゃをつかみ、振ったり叩いたりして遊びます。これは、おもちゃを叩いたりゆすったりして、おもちゃの反応を確かめているのです。

押すと音が出る、叩くと光るようなおもちゃや、押すと戻ってくる起き上がりこぼしのようなおもちゃに興味を示すようになるのもそのためです。

赤ちゃんの興味を示したおもちゃで好奇心や関心を刺激することは、発達を促すのに効果的です。5カ月後期には、ものを口にいれる動作が始まります。舐めても安全なおもちゃか確認しましょう。

ママが大好きな証し!人見知りを始める子も

5カ月頃の赤ちゃんは「顔の違い」に気づくようになり、人見知りが始まる子もいます。人見知りと聞くと、ママ以外の人を嫌がるというイメージですが、それぞれの顔を見て知っている人と知らない人に見分けているということなのですよ。

ママをはじめとする大好きな人を顔で見分け、ときには声や匂いを感じ取り、そばにいると安心します。逆に、知らない人を見ると不安を感じママを探します。

ママを見ると笑顔を見せ、手足をバタバタさせて喜ぶ姿を見ると可愛くて仕方がないですよね。人見知りが始まるとママは大変ですが、それだけママが好きな証しです。ママとの愛着関係が始まる大事な時期なので、大らかな気持ちで愛情たっぷりに接してあげたいですね。

楽しいばかりじゃない子育て事情

ママの身体には蓄積された疲れが

5カ月になると授乳間隔が長くなり夜中の授乳回数も減るため、ママもまとまった睡眠がとりやすくなります。赤ちゃんはひとり遊びもするようになり、ママがひと休みできる時間もできるのではないでしょうか。

しかし、育児に慣れ精神的に余裕ができた頃に、疲れをどっと感じることがあります。産後5カ月頃は、妊娠、出産でダメージを受けた体で育児をし、溜まった疲れや睡眠不足からくる体の不調を訴えるママが多くいます。

赤ちゃん優先で子育てをしていると自分のことは後回しになり、症状を悪化させてしまうことがあるので注意しましょう。また、産後の抜け毛で分け目などが気になり出すこともあるので、美容院に行くなど自分のケアも大切にしてくださいね。

産後5カ月ママのあるある話

先輩ママが体験した、産後5カ月のあるある話をご紹介します。

・昼夜問わずに泣く
生後5カ月は、夜泣きのほかに、朝から夜まで時間を問わずに泣き続ける赤ちゃんに困ってしまう。原因がはっきりしないことが多く、おんぶをしながら家事や自分の食事をするママも。

・お昼寝をしない
赤ちゃんがお昼寝をせず、夕方から寝るまでグズグズしっぱなし。午前中になるべく外に出たり、運動をさせたりして、ママもヘトヘトに。

・夜中に起きずに朝までぐっすり
夜から朝までぐっすり寝てくれると楽だけど、夜の授乳が減ることに不安になるママも。無理矢理起こしてミルクを飲ませようとしても途中で寝てしまう。

いかがでしたか。「うちも同じ!」と思ったママもいるのではないでしょうか。

子育て中もリフレッシュを大切に

子育て中のママは息抜きする時間は取りづらいですよね。また、お世話をたくさん必要とする赤ちゃんや一生懸命働いているパパのことを考えると、息抜きすることに後ろめたさを感じるママもいます。

育児や家事で疲れやストレスが溜まったままだと、心や体に支障をきたしてしまう恐れがあります。赤ちゃんと笑顔で接するためにも、適度な息抜きは必要ですよ。

赤ちゃんのお昼寝中に家事をするママが多いですが、たまにはママの好きなことをして過ごしましょう。パパがお休みのときは、赤ちゃんを頼んで少しの間ひとりの時間を作るのもおすすめです。なかなか行けない美容院やショッピングに行くなど、自分のために時間を使ってリフレッシュしましょう。

赤ちゃんとの毎日をもっと楽しもう!

赤ちゃんと一緒にお出かけできるスポット

赤ちゃんと一緒に楽しくお出かけできるスポットをご紹介します。

・近くの公園
お天気のよい日はお散歩がてら公園に行きましょう。ベンチに座って周りの様子を赤ちゃんに話しかければ、よいコミュニケーションになります。また、ほかの赤ちゃんやママと出会う機会にもなります。

・ショッピングモール
ベビーカーを押しながらウインドウショッピングを楽しめば、気分転換になります。授乳室やおむつ替えスペースがあるので、赤ちゃん連れでも過ごしやすいですね。

・図書館
図書館によっては、赤ちゃんや小さな子どもが過ごせるスペースがあります。赤ちゃん用の絵本を一緒に眺めたり、読んだりして、楽しい時間が過ごせますね。赤ちゃん向けの読み聞かせの会に参加するママも多いですよ。

おうちでの遊び方や上手な関わり方

5カ月になると、動きがどんどん活発になり、表情や反応が豊かになります。昨日できなかったことができるようになったりと成長を感じます。成長に合わせた遊び方や関わり方を、上手に変えていけるとよいですね。

赤ちゃんは興味があることを見つけると、ひとり遊びをするようになります。自分で遊びながら学習しているので、ときには手を出さず見守ることも大切ですよ。

発達の早い赤ちゃんは寝返りをうちながら移動するようになるので、手の届くところに危険なものを置かないなど、安全な部屋作りもパパと検討しましょう。

また、情緒の面の発達も著しく色々な感情を持つようになります。ママやパパの接し方が関係しますので、愛情たっぷりに接し豊かな感情を育ててほしいですね。

パパも一緒なら子育てはもっと楽しい

近頃は共働き世帯も多く、積極的に育児に関わるパパが増えています。その一方で、まだまだ育児はママの仕事という考えが残っているのも事実です。

パパに一緒に育児をしてもらうには、赤ちゃんの成長を報告する、パパを褒めることが効果的ですよ。パパも可愛い我が子の成長を見守りたいはず。「もうすぐ寝返りをしそうだよ」と伝えれば、赤ちゃんと過ごす時間を増やそうとするかもしれません。

また、「お風呂に入れるのが上手だね」「パパが帰ってくると嬉しそう」などと褒めれば、パパも悪い気はしないでしょう。「パパも親なんだからやって当たり前」と思わず、「ありがとう」を伝えることも忘れないようにしたいですね。パパも一緒に過ごす時間が増えれば、赤ちゃんも嬉しいですね。

まとめ

赤ちゃんの成長は早く、生後5カ月もあっという間に終わってしまいます。表情が豊かになったり、できることが増えたりと、とても可愛い時期ですね。

一方で、ママの体の声にも耳を傾けて欲しい時期でもあります。この頃の過ごし方が、今後の体調や精神的な面に影響を及ぼすこともありますよ。パパにも育児に参加してもらいながら、リフレッシュする機会を作ってくださいね。

愛着が形成されるともいわれるこの時期。赤ちゃんとたくさん触れ合い、毎日を楽しみましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj