就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ベビーカーで保育園の送り迎え!ベビーカーのメリットとデメリット

ベビーカーで保育園の送り迎え!ベビーカーのメリットとデメリット

保育園の送り迎えの方法には自転車、徒歩、自動車などいろいろありますが、ベビーカーを使っているというママも多いでしょう。ベビーカーでの送迎は便利なのでしょうか?ベビーカーでの保育園の送り迎えをスムーズにするために、ベビーカーのメリットとデメリットをご紹介します。

保育園の送り迎えにベビーカーが便利なとき

抱っこ紐で通園していたけど重くなってきた

赤ちゃんが小さいうちは、身動きが取りやすく、赤ちゃんも泣きにくい抱っこ紐で送り迎えをしているというママも多いでしょう。小さいうちはあまり支障を感じてなくても、赤ちゃんが重くなってきたらママの肩も腰も負担が大きくなりますよね。

1歳6カ月頃になると約3割の赤ちゃんの体重が10kgを超えますから、重く感じるママが多くなるようです。この時期にベビーカーを考えるママが多いようですね。仕事に行くためにも疲れは最小限に抑えておきたいというのがママの本音でしょう。

特に保育園に持っていく荷物が多いときは、赤ちゃんと荷物でかなり重くなりますから通園だけでも大変です。ベビーカーであれば、その重さを感じずにすみますからママは楽ですね。

急いでいるときなどの時間に制限があるとき

仕事をしているママにとって朝の時間は、しなくてはいけないことがたくさんあって忙しいですよね。子どもが思うように準備してくれなかったり、急いでいるときに限ってうんちといわれたり、あっという間に時間が過ぎていくでしょう。

家を出る時間が遅れたら、その分急いで保育園に行かなくてはいけません。子どもが歩くと時間がかかってしまいますが、ベビーカーなら子どもが大人しく座っていてくれればママのスピードで行くことができますからスムーズですね。

時間に制限があるときは、ママも気持ちに余裕がなくイライラしてしまいがちです。イライラして子どもに当たってしまうことがないように、スムーズな方法で保育園の送迎ができるとよいですね。

赤ちゃんも一緒に連れて行く場合

保育園に2人の子どもを連れて行くのは1人を連れて行くよりも大変です。下の子が小さいときは抱っこ紐で上の子をベビーカーに乗せればスムーズに歩けますね。A型ベビーカーであれば下の子を乗せ、上の子はベビーカーステップに乗せて2人一緒にベビーカーに乗せることも可能です。

上の子を歩かせて下の子は抱っこ紐という場合に、上の子が歩きたがらなかったりや抱っこを求めてきたりしても対応できません。ベビーカーに乗せていれば、そのような心配はありませんね。

ママが妊娠しているときや腰が痛いときも、ママに負担なく通園できますからうれしいですよね。上の子と下の子のどちらかでも、ベビーカーに乗ってもらえたらママは楽になるでしょう。

雨の日にベビーカーを使うメリットとは

子どもの安全や濡れに対する気疲れが少ない

通園する日に雨が降ったらママは憂うつですが、子どもは喜んでいませんか?子どもは雨が大好きです。長靴やレインコート、傘など使いたがりますし、雨や水たまりで遊びたがります。

子どもが遊んでなかなか歩いてくれなかったら、ママはイライラしてしまいますよね。雨の日は滑りやすくなりますし、雨で濡れることもあります。

晴れの日以上に子どもの安全に目を配る必要がありますし、体が冷えて風邪をひかないか心配になりますよね。ママは心配することがたくさんあって気疲れしてしまいますね。

ベビーカーに乗っていればレインカバーをしたら濡れませんし、子どもが滑って転ぶこともなくなります。ママの気疲れが少なくてすむかもしれませんよ。

自転車に比べ雨による転倒や事故を防げる

保育園に早く行けるからと自転車を利用しているママも多いと思います。自転車は狭い道でも通れますし、重い荷物も一緒に運べますからママも楽でしょう。

ただし、雨の日は道路が濡れて滑りやすく自転車が転倒することがありますし、ママがレインコートを着て運転したら視界が狭くなり事故につながる危険性も高くなります。自転車は2輪で不安定ですから、仕方のないことかもしれません。

その一方で、自転車のようなスピードはありませんが、ベビーカーは4輪で安定していますから、雨が降っても転倒することはありませんし、安全に移動することができます。雨の日は車も増えて運転している人も視界が悪くなりますから、気をつけていきたいですね。

雨の日でも荷物を濡らさずに運べる

ベビーカーを利用しているママは、ベビーカー用のレインカバーを持っていますか?最近はレインカバーも種類が豊富で、中の様子が見られますし必要な所だけ開けられて便利に利用できます。

保育園に持っていく荷物もベビーカーのとっての部分にぶら下げてレインカバーをかければ、荷物を濡らすことなく運ぶことができますね。ベビーカーを使わなければ、ママが大きな荷物をビニールに入れて持ち、傘も持って子どもの手も引かないといけませんから、ママは通園の送り迎えだけで疲れてしまうかもしれませんね。

そのうえ、仕事もするのですからママは大変です。雨の日のベビーカーは安全で荷物も濡らさずに運べ、ママの負担も軽くなりますからベビーカーは便利ですね。 

ベビーカーで送り迎えするデメリットとは

ベビーカー置き場が整っていないと不便

ベビーカーは赤ちゃんが乗っていたら便利な乗り物ですが、赤ちゃんが乗っていないベビーカーは邪魔になることがありますよね。保育園にベビーカー置き場があれば、子どもを預けた後は所定の場所にベビーカーを置いていきたいものです。

保育園にベビーカー置き場がないようであれば、ベビーカーを職場や自宅まで持っていかなくてはいけません。置き場所を考えなくてはいけないのがデメリットでしょう。

ベビーカーを保育園に置いていけるとしても、置き場の確認は大切です。広さはどのくらいか、屋根がついているのか、不特定多数の人が出入りするところかなどは確認しておきましょう。屋根がなければ雨対策を、出入り自由であれば防犯対策をする必要がありますね。

子どもが大きくなると使いにくい

ベビーカーに子どもをいつまで乗せることができるのか考えることはありませんか。あまり大きな子どもが乗っていたら、見た目的にも違和感を感じることがあるでしょう。

子どもが小さいうちはベビーカーも軽く身軽に動けて便利でしたが、子どもが大きくなるとベビーカーも重くなり扱いにくくなりますね。段差を乗り越えられなくて困った、ベビーカーを押すのに力がいる、などというママもいるでしょう。

ベビーカーをいつ卒業するかは個人差があり、2歳くらいという場合や、子どもが歩きたくなったらという場合もあるようです。ベビーカーの種類によっても違いますが、おおよそのベビーカーは3歳までが対象年齢です。子どもが大きくなると使いにくくなるのがデメリットですね。

ベビーカーやカバーを嫌がれば使えない

ママはベビーカーを使いたいのに、子どもに嫌がられたら乗せるだけでも大変です。ベビーカーを嫌がるのはどうしてなのか、その原因を知って対策をしないとベビーカーを使うことができないでしょう。

ベビーカーを嫌がる理由としては、視界が変わること、狭い空間や座り心地や居心地が悪いこと、思うように動けずに退屈なこと、ママの顔が見えずに不安なことなどいろいろなことが考えられますね。

ママが見えるように対面方向に変えたり、赤ちゃんの好きなおもちゃをつけて楽しい空間にしたりするなどの対策をして乗ってくれればよいですが、それでも嫌がったら使えません。子どもの意思が影響するのも、ベビーカーのデメリットかもしれませんね。

まとめ

保育園の送り迎えは毎日大変です。晴れの日も雨の日も関係ないですからね。赤ちゃんが重くなってきてママの負担が大きいときや、時間の制限がある場合はベビーカーが便利です。

雨の日は子どもが歩くと興味があるものがたくさんあって進まなかったり、滑りやすかったり、濡れたりしてしまいますから大変です。ベビーカーにレインカバーをかぶせたら安全に登園できますよね。

ベビーカーを嫌がられることや、大きくなった子どもには使いにくいのがデメリットになりますが、メリットを十分にいかして保育園の送り迎えが楽になるとよいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR