就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

2人目で里帰り出産はする?里帰りするメリットと期間や過ごし方

2人目で里帰り出産はする?里帰りするメリットと期間や過ごし方

初めての出産のときは里帰りをしたけれど、2人目のときはどうするのか悩みますよね。2人目が生まれた後の上の子との生活や過ごし方などを考えると、サポートを得られるならお願いしたいママも多いと思います。里帰りすることのメリットや、しない場合のサポートをどうするのかについて考えてみたいと思います。

里帰り出産、2人目だからこそのメリット

上の子もしっかりフォローできる安心感

1人目の出産では、生まれてくる赤ちゃんのことだけを考えていればよかったのですが、2人目となるとそうはいきません。今まで上の子は、ママの愛情を独り占めできていただけに、突然赤ちゃんを抱っこしたママが現れたら、不安になってしまう子もいるかもしれません。

そんなときに、おじいちゃんやおばあちゃんがいれば、赤ちゃんを任せて上の子のフォローもしっかりできますよね。赤ちゃんが生まれても、上の子が大好きで大切な存在なのだということを、言葉だけではなく態度で示すこともできます。

お友達のママは、赤ちゃんと退院してきて授乳をしようとしたら上の子が思いっきり泣いてしまったそうです。ママだけではフォローできないところを、サポートしてもらいましょう。

産褥期に休めるので体の回復も早い

里帰りのメリットは、ママがゆっくり体を休めることができる点です。おじいちゃんやおばあちゃんのサポートを受けることができるので、自分の体調と相談しながら過ごすことができます。

赤ちゃんのお世話や上の子との時間を大切にして、家事など身の回りのことは思いきっておじいちゃんやおばあちゃんに甘えてしまいましょう。

この時期に無理をしてしまい、悪露がなかなか止まらず少し貧血ぎみになってしまったというお話も聞きます。せっかくなので、ゆっくり体を休めて万全な状態で帰宅できるとよいですね。

ただ、あまりにも時間にルーズに過ごしてしまうと帰宅後、生活リズムを取り戻すのに時間がかかってしまいます。できるだけ規則正しい生活を送るようにしましょう。

つわりの時期に実家にお世話になる手も

つわりの酷いママは、その時期に実家にお世話になるのもよいと思います。初めての出産のときとは違い、上の子がいると食事の支度やお風呂、洗濯など、生活するうえでしなければならないことがたくさんあり、ゆっくり体を休めることもできません。

入院中そして出産後実家にお世話になる予定にしているのなら、上の子とおじいちゃんやおばあちゃんが過ごす練習も兼ねてお世話になるのもよいでしょう。一緒に過ごす時間を増やしておくと安心ですね。

ママやパパと一緒に遊びに行ったときに見せる表情と、一緒に生活するのとではまた違った表情を見せるでしょう。入院中はママがいない状態で実家で過ごすため、上の子のためにも早めに慣れることが大切ではないでしょうか。

先輩ママの里帰り、期間や過ごし方は?

産後1カ月健診まで里帰りするケースが多い

上の子の生活があるので、1カ月健診をめどに自宅へ帰るパターンが多いですね。上の子が幼稚園や保育園に通っている場合、長くお休みさせてしまうと心配です。まだ幼稚園などに通っていなくても児童館へ行ったり、幼稚園のプレへ通ったりと上の子の予定もあるでしょう。

里帰り中は、おじいちゃんやおばあちゃんが遊んでくれますが、同年代のお友達と遊ぶ楽しさもありますよね。ママも、一通り赤ちゃんのお世話を経験しているので、赤ちゃんとママの体調がよければ、健診後自宅へ帰ってきても、比較的余裕をもって生活することができるでしょう。

お友達のママも1カ月健診後に自宅へ帰宅しましたが、上の子を巻き込んで赤ちゃんのお世話をすることで家族の絆が深まったそうですよ。

1人目と違い、できることは自分でやる

上の子のフォローをおじいちゃんやおばあちゃんにお願いするため、必然的に赤ちゃんのお世話はママが率先してすることになります。1人目の子のときとは違い、体に無理のない範囲でできることは自分でしましょう。

赤ちゃんや上の子のお世話だけではなく、洗濯物を畳んだり、3食のうちの1食を担当したり、体調と相談しながら少しずつ日常生活の家事もお手伝いできるとよいですね。実家でも喜ばれると思います。

できることを自分ですることで、自宅へ帰宅した際のシミュレーションにもなりますよね。規則正しい生活を上の子と赤ちゃんと送ることで、生活にリズムがつきます。帰ってきたときに、子どもたちとの生活をスムーズに送ることができるでしょう。

離れているパパとのコミュニケーションが大切

2人の子どものパパになったという自覚を持ってもらうためにも、コミュニケーションは大切です。頻繁に行き来できる距離でしたら、少しの時間でもよいので上の子と関わる時間を持ってもらいましょう。

長く離れていたためにパパを忘れてしまって、久しぶりに会ったとき泣いてしまったなどという話も聞いたことがあります。年齢が低いほどその傾向があるようですね。なかなか会えない距離の場合、テレビ電話などを利用して上の子とお話したり、赤ちゃんの顔を見たりするのもよいでしょう。

久しぶりの赤ちゃんにパパはおそるおそる接してしまう可能性があります。子どもが2人になり、お世話は2倍です。1人目のときとは違い、パパにはぜひ活躍してもらいたいところです。

2人目、里帰りしないと決めた理由

上の子の保育園や幼稚園を考えて

里帰り先が遠方で上の子が保育園や幼稚園に通っている場合、長期間お休みさせなければいけません。入園間もない場合は、せっかく慣れてきた生活がもとに戻ってしまいます。

幼児のときでしか体験できない生活やお友達や先生との時間を大切にしてあげたいからこそ、里帰りをしない選択もありです。

上の子は今までママを独り占めできていたのに、赤ちゃんが生まれることによって家庭内で我慢することもでてくるでしょう。そんなとき、幼稚園や保育園に行きお友達や先生と関わることによって上の子にとっても気分転換となります。

また、その時間出かけてくれることでママにも余裕が生まれ、里帰りをしなくても上の子と赤ちゃん、平等に接することができるのではないでしょうか。

パパの協力必須!自覚を持ってもらいたい

里帰りをしない場合、パパの協力は必須です。産後1カ月は安静にしていることが基本ですが、里帰りしない場合上の子もいるため、動かないわけにはいけません。上の子の食事にお風呂、家事などやることは盛りだくさんです。

パパが家にいるときは、うまく役割分担をして家事や子どもの面倒を見てもらいましょう。パパは、お腹の中で赤ちゃんを育んでいたママとは違います。子どものお世話を通してたくさん関わって貰い、パパとしての自覚を持ってもらいましょう。

最初は、ママがお願いした通りにできないこともあるでしょう。そんなときは、不満をいうのではなく優しくアドバイスをしましょう。そして、ありがとうという感謝の言葉を伝えることが大切です。

実母や義母が手伝いに来てくれるパターンも

上の子の幼稚園や保育園などの事情で里帰りをしない場合、実母や義母に手伝いにきてもらうのもよいと思います。お友達のママは、入院中に義母に一週間来てもらい、退院後実母と交代してもらったそうです。

産後は、情緒不安定になったり体調もなかなか回復しないので、退院後間もない時期は実母にお願いするとママも気持ちが楽なのではないでしょうか。もちろん、義母とよい関係が築けている場合は義母にお願いしてもよいでしょう。

近くに住んでいるなら、交代で来てもらうのも手です。また、上の子だけを遊びに連れていってもらったり、お泊りさせてもらうとママもよい気分転換になります。ママが、産後赤ちゃんや上の子と気持ちよく過ごせるように協力してもらうと助かりますね。

まとめ

里帰りすることによって、得られるメリットはたくさんあります。上の子のフォローやママの体調など、サポートをしてもらえると助かりますよね。

しかし、上の子の生活やその他の諸事情により里帰りが難しい場合もあります。出産後、実母や義母に自宅へ手伝いに来てもらったり、パパと役割分担をしたりと方法はたくさんあります。

それぞれの家庭でしっかり話し合い、上の子と赤ちゃん、ママが気持ちよく過ごせるように、一番よい方法がとれるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018