就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子育て家庭に中性洗剤はとても便利!家中の掃除でうまく活用しよう

子育て家庭に中性洗剤はとても便利!家中の掃除でうまく活用しよう

中性洗剤は食器洗いや洗濯、お風呂掃除などに使用するポピュラーな洗剤ですよね。しかしどんな汚れに力を発揮してくれるのかまでは、詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。今回は中性洗剤の特徴を知り、家中の掃除に活用する方法を紹介します。賢く中性洗剤を使用して、子育て世帯の様々な汚れを落としましょう。

子育て家庭で使いやすい中性洗剤の特徴

肌に優しくてママが日常的に使っても安心

洗剤はpH値によって「酸性」「中性」「アルカリ性」と大きく三つの液性に分けることができます。酸性の洗剤は水垢や尿石などのアルカリ性汚れに強く、アルカリ性の洗剤は油などの酸性汚れに強いという特徴を持つのです。しかしこれらの洗剤は強力な物が多く、使い方によっては素材や肌を痛めてしまう可能性もあります。

そして中性洗剤はというと、酸性とアルカリ性の中間に位置しどちらかの性質に強力に働きかけるというわけではありません。そのため酸性やアルカリ性の洗剤と比べて洗浄力が和らぎ、その分肌に優しいという特徴があるのです。

台所洗剤のように、素手で洗剤を触ったり日常的に使用したりすることを考えて作られた洗剤、ということもできますね。

家中の軽い汚れ落としに便利

酸性とアルカリ性の中間に位置する中性洗剤は、洗浄力が弱いため「汚れが落ちるの?」と思うかもしれません。しかし中性洗剤には界面活性剤が含まれています。そのため界面活性剤の働きで汚れを落とすことができるのです。

界面活性剤には水と油を混ぜ合わせる働きがあり、油汚れを浮かせてはがれやすくします。そのため油のついた食器や、棚やテーブルについた手垢、お風呂につく皮脂汚れなども中性洗剤で落とすことができますよ。

中性洗剤は、酸性とアルカリ性の性質を両方持ちます。付着したばかりの汚れや軽い汚れであれば、酸性かアルカリ性かに関わらず落とすことができる点も特徴の一つでしょう。家の普段の掃除なら中性洗剤で十分対応できますよ。

原液か薄めて部屋の掃除から洗濯まで対応可

中性洗剤は「原液のまま」や「薄める」ことによって、部屋の掃除や洗濯など幅広い用途に使用できる点も特徴です。

たとえばシンクやお風呂掃除、トイレの便器掃除などの汚れには原液のまま使用するのがおすすめです。数滴汚れに垂らし洗剤と汚れが十分なじんだら、スポンジなどでこすって落とせばきれいになりますよ。特にお風呂は、皮脂などの酸性汚れと水垢などのアルカリ性汚れが混在する場所です。そのためどちらの性質も持つ中性洗剤は向いています。

部屋の床や壁、棚や家具の拭き掃除には水で薄めたものを使用しましょう。またデリケート素材やおしゃれ着洗い、色落ちが気になる洋服などを洗濯する際も、素材に優しい中性洗剤で洗うとよいですよ。

気になる子どもの歯並びや予防。名古屋市の「おしむら歯科」を取材!

PR

お子さんの歯並び、気になりますよね。現代は食べやすい流動食などの発展で噛む回数が減り、スマートフォン等の普及で姿勢が悪化しやすくなる環境に囲まれています。歯列悪化の予防や矯正方法について知りたいママも多いのでは?今回は名古屋市中川区の「おしむら歯科・こども矯正歯科クリニック」でお話を伺ってきました!

子育て家庭で中性洗剤をうまく活用する方法

赤ちゃんにも安全なフローリングの掃除

ここからは中性洗剤をうまく活用して、子育て中の家庭によくある汚れをきれいにする方法を紹介します。まずは、赤ちゃんにも安全なフローリング掃除です。

小さな赤ちゃんがいると寝っ転がったりハイハイしたりする機会が多く、フローリングもきれいにしておきたいですよね。そこで中性洗剤を使用してフローリングの拭き掃除をしてみましょう。

台所洗剤小さじ1~2杯を2Lの水に薄めて使用します。作った洗剤液に雑巾を浸し、固く絞って拭いていきます。台所洗剤は油汚れに強いので、皮脂や食べこぼしの汚れもきれいに落ちますよ。汚れが取れたら赤ちゃんが舐めても大丈夫なように、水拭きをしましょう。フローリングを痛めないために、洗剤濃度は薄めがよいですよ。

衣類についた食べこぼしやインク汚れに

子どもの服は食べこぼしがついたり、お絵かきのときにインクがついたりと汚れやすいですよね。油やインクは落ちにくい汚れなので、アルカリ性の洗剤を使用したくなるかもしれません。しかし洋服は子どもの肌に直接触れる物です。そのためできれば肌に優しい洗剤で洗いたいですよね。

そんなときは、ウタマロ石鹸で有名な株式会社東邦から販売されている「ウタマロリキッド」がおすすめですよ。部分洗い用の液体洗剤で、通常の洗濯では落ちにくい食べこぼしやインク汚れ、皮脂汚れや泥汚れもしっかり落としてくれます。

中性洗剤で主成分がアミノ酸系洗浄成分なので、汚れをしっかり落としつつ手肌や生地に優しく洗うことができます。無蛍光なので色柄物にも安心ですよ。

泡タイプのものは赤ちゃん用品の洗浄も手軽

小さな子どもが使うベビーマグのストローや水筒の蓋などは、汚れやすいのに洗いにくい部分ですよね。また離乳食を作るときに使用するこし器やすり鉢なども、スポンジだけではなかなか隅々まで洗えません。そこで、泡で出るスプレータイプの中性洗剤を使用してみましょう。泡をシュッとひと吹きするだけで、子ども用の細かな食器類を簡単に洗うことができますよ。

しつこい汚れもスプレーしてしばらくおいておくと、スルっと汚れが取れます。直接洗剤を触ってこする必要がないので、ママの手肌にも優しいですね。商品によっては除菌や消臭もできる物もありますよ。

赤ちゃんの食器にも大人と同じ台所洗剤は使用可能です。洗剤残りのないように、しっかりすすぎましょうね。

楽しくて気持ちもよくなる中性洗剤の使い方

よだれや汗で汚れた抱っこ紐を洗濯しよう

中性洗剤は普段の掃除に手軽に使えることがわかりましたね。使用に慣れてきたら、もう少し活用の幅を広げてみましょう。たとえば中性洗剤を使用すれば、赤ちゃんとのお出かけの必需品「抱っこ紐」も優しく洗うことができますよ。

抱っこ紐はよだれや汗がつきやすく、思いのほか汚れています。しかし一般的なアルカリ性の洗濯洗剤には、洗い上がりを白く見せるために蛍光増白剤が入っていることがよくあるのです。この蛍光増白剤は繊維に残りやすいため、赤ちゃんの肌に触れる抱っこ紐にはできれば避けたいですよね。

そのため、蛍光増白剤が入っていない中性洗剤を選びましょう。肌と生地に優しい中性洗剤なら、赤ちゃんに触れる抱っこ紐も安心して洗えますよ。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事