就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

4歳女の子の身長は?平均値と身長を伸ばすための方法をご紹介

4歳女の子の身長は?平均値と身長を伸ばすための方法をご紹介

4歳になる女の子を持つママの中には、少し身長が低いのではないか、平均と比べてどうなのか、など、身長で悩んでいる方もいるかと思います。そんな方のために、ここでは4歳の女の子の身長の平均や、身長が低い場合の原因、身長を伸ばすための方法などについて、わかりやすくご紹介していきたいと思います。

まずは4歳女の子の身長の平均を知ろう

新生児のときと比べて身長は2倍に

まずは4歳の女の子の身長の平均を見ていきましょう。

みなさんは子どもが新生児のときの身長を覚えているでしょうか。実は新生児のときの身長は50cmほどしかありませんでした。その後、1歳になる頃には70~80cmくらいまで身長が伸びます。年齢を重ねるごとにどんどん身長は伸びていき、2歳になる頃には85cmくらいに、3歳になる頃には92~93cmくらいまで身長が伸びます。

そしていよいよ4歳になる頃には、100cmくらいまで身長が伸びます。新生児のときの身長は50cmほどでしたから、その時と比べて身長は2倍近くまで伸びていることがわかりますよね。また、この時期は身長が大きく伸びる時期であることから、「第一次成長期」と呼んでいます。

ちなみに、4歳0カ月から、5歳0カ月までの1年の間でさえも、平均6~7cm伸びますよ。

そしてこの時期を過ぎていくと身長の伸びは少しゆるやかになり、1年の間に平均5~6cmくらい伸びるようになります。その後、10歳くらいになるとまた急激に身長が伸び出します。

注意すべき低身長は何cmかをチェック

先ほどご紹介した身長はあくまで平均値ですので、平均値より低い、または高いからといって必ずしも成長に問題があるわけではありません。

当然、身長にはばらつきがあるため、成長曲線を描くとき、平均値からのばらつきの大きさはSD(標準偏差)という数値であらわされます。そして、同じ年齢の子どもの平均値と比べて、どれくらい身長が低い、または高いのかはSDスコアというものであらわします。

そして、このSDスコアが−2SDより身長が低い場合は「低身長」と呼ばれ、注意すべき低身長ということになります。

では、実際に4歳の女の子のSDスコアを見ていきましょう。4歳0カ月の場合、SDスコアは以下のようになります。
・平均値 99.5cm
・-2SD 91.9cm
・-2.5SD 90.0cm

つまり、身長が91.9cm以下であれば低身長であるということになります。後ほど詳しくご紹介しますが、低身長の場合、病気が原因となっている可能性もありますので、身長が-2SD以下の場合は小児科を受診してみてくださいね。

4歳の女の子の身長が低い場合の原因は?

原因1.成長ホルモンの分泌異常

身長の伸びには、骨をつくる役割を担っている成長ホルモンが大きく影響を与えているということはご存知でしょうか。そのため、成長ホルモンの分泌が不足すると、低身長になることがあり、これを「成長ホルモン分泌不全性低身長症」といいます。

原因はさまざまで、新生児仮死や遷延黄疸といった出産時の異常や、頭蓋咽頭腫といった下垂体の近くにできる脳腫瘍などがあり、ときには原因がわからないことさえあります。これらが原因となって脳の下垂体という部分から成長ホルモンが分泌されなくなると、身長の伸びが悪くなり、徐々に低身長が目立ってくるのです。

また、成長ホルモン以外にも、甲状腺ホルモンの分泌が不足したときにも低身長になることがあります。

原因2.骨や腎臓などの病気によるもの

身長が低い場合、ときには病気が原因になっていることがあります。

まず考えられるものは骨の病気です。骨に異常がある場合、たとえ成長ホルモンが十分に分泌されていても骨は伸びないため、結果的に低身長になってしまいます。

また、小児慢性腎不全(小児CKD)という腎臓の病気によっても低身長になることがあります。腎臓っておしっこを作るところじゃないの?成長とどんな関係があるの?と疑問に思う方が多いですよね。

実は、腎臓はカルシウムなど骨の代謝に関係する物質を作っていたり、副甲状腺ホルモンという成長に関するホルモンの分泌を行っています。そのため、腎臓の機能に異常があると、低身長になってしまうことがあるのです。

原因3.遺伝の他にストレスの場合も

「遺伝性成長ホルモン分泌不全性低身長症」という、成長ホルモンの遺伝子異常が原因で低身長になることがあります。しかし、非常にまれな病気です。

また、「愛情遮断症候群」といって、親から十分な愛情を得られないと、そのストレスが成長ホルモンの分泌を妨げ、低身長になることがあります。そのため、虐待はもちろん、離婚や夫婦喧嘩、兄弟間での差別などがきっかけとなり、低身長になってしまいます。

病院は家庭環境に介入しづらいですし、虐待を受けていれば病院を受診することが難しいため気づかれにくいようですが、入院をすると身長が伸びるようになります。しかし、自宅に帰るとまた身長が伸びなくなるといったこともあるようです。

4歳女の子の身長を伸ばすための方法は?

成長に特に必要な栄養素を知ろう

「成長」といえばカルシウムを想像する方が多いと思いますが、実はカルシウムだけでは不十分です。

成長に必要な栄養素はカルシウム、マグネシウム、ビタミンD、亜鉛、タンパク質の5種類で、これらが多く含まれている食品を意識的に摂取する必要があります。以下に主な食品をご紹介しますので、参考にしてみてください。

・カルシウム
乳製品やわかめなどの海藻、小松菜などの野菜、大豆製品などに多く含まれる

・マグネシウム
油揚げやあさり、納豆、いくら、ひじきなどに多く含まれる

・ビタミンD
しらす干しやいくら、鮭、さんまなどに多く含まれる

・亜鉛
牡蠣や豚肉、牛肉、チーズなどに多く含まれる

・タンパク質
魚や肉、豆製品などに多く含まれる

質のよい睡眠のために22時までに就寝を

働くママが増えていたり、幼児でもスマホやタブレットを利用するようになったりといった生活環境の変化とともに、夜型化している幼児が増えています。夜型化してしまうと就寝時間が遅くなり、睡眠時間が減少するだけでなく、起床時間が遅くなることで朝食を食べなくなるといった影響も出てきます。

しかし、質のよい睡眠は、体を休めるだけでなく、成長にもよい影響を与えます。先ほどから何度もでてきている成長ホルモンは、実は睡眠中に最も多く分泌されます。そのため、子どもが成長するためには質のよい睡眠が不可欠なのです。

4歳であればまだまだママやパパの生活習慣に影響を受ける年齢ですので、まずはママやパパの生活習慣から見直してみてはいかがでしょうか。

成長に合わせた運動を!やりすぎには注意

実は運動によっても成長ホルモンの分泌が促されます。また、 運動をすることでお腹が空き食欲増進へつながったり、適度な疲労によって質のよい睡眠にもつながります。

しかし、ただ運動をすればよいわけではなく、成長に合わせた運動をすることがとても大切です。過度な運動は大量に栄養素を消費してしまうことから、体の成長に大切な栄養素が不足してしまいますし、成長に合っていない運動は、骨の軟骨を損傷させてしまい、身長が十分に伸びなくなってしまう可能性もあります。

そのため、骨に適度な刺激を与えるような、走ったり飛んだりする動きや、水泳などがおすすめです。また、ぶら下がったり、下から伸び上がったりといった、正しい姿勢に役立つような運動もおすすめですよ。

まとめ

いかがでしたか?病気の話が出てきたため少し驚いた方がいたかもしれませんが、身長を伸ばすためにできることがたくさんあることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

身長は周りのお友達と比較しやすい要素のため、少し身長が小さめだと不安になりやすいですよね。しかし、身長は個人差が大きいので、低身長でない限りはあまり心配しないでくださいね。

身長を伸ばすためにできることはどれも簡単にできるものばかりなので、ぜひ今日から実践してみてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018