就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

産婦人科の選び方で大切なことは?里帰りや高齢出産で気をつけること

産婦人科の選び方で大切なことは?里帰りや高齢出産で気をつけること

妊娠が分かると早めに決めなくてはいけないのが、どこで出産するかということです。里帰りを予定している場合や高齢出産に挑むケースもありますので、どんな産婦人科を選べばよいのか分からないというママもたくさんいます。今回は産婦人科の選び方で大切なことや気を付けるポイントをご紹介したいと思います。

出産する産婦人科を選ぶときのポイント

希望するバースプランができるかどうか

出産をするときには、事前にバースプランを聞いてママの出産がスムーズに進むように計画するケースが多いです。バースプランとは、出産中やその後のママの希望のことをいいます。

できるだけ希望に沿った出産を計画し、満足のいく出産にするということが最大の目的です。立会い出産がしたい、カンガルーケアがしたいなどママそれぞれに希望があると思いますので、こうしたいという希望があれば遠慮せずに相談してみてくださいね。

ただ、産婦人科によってはすべての希望が通らないこともあります。これは安全面やママと赤ちゃんにかかるストレスなどのことを考えてのことがほとんどですが、ママがどうしても譲れないという希望がある場合には別の産婦人科を検討するということも必要かもしれませんね。

入院する部屋や費用できめる

出産時には出産育児一時金というものが受給できて出産費用の負担を少なくすることが可能です。ただ、出産にかかる費用は保険適応ではありませんので出産育児一時金でカバーしきれないことがほとんどです。

産婦人科によっても出産費用は異なり、自己負担分が数万円から十万円以上のところまでさまざまです。特に、大部屋がある、個室しか用意がないなどによって費用に大きな差がでますので事前にどのくらいの支払いが必要になるのか調べておくと安心ですね。

ママのケアに力を入れている病院ではエステのサービスやレストランのような食事の提供などをしているところもあります。少しでも出産費用を抑えたいということであればそういったサービスのない所を選ぶのもポイントですよ。

先輩ママに聞いたり口コミを見てきめる

妊娠が分かってからは、妊婦健診や分娩などを含め約40週という長い期間、産婦人科との付き合いが必要になります。出産自体が母体と赤ちゃんが命がけで行うことなので、病院選びはとても重要ですし慎重になりますよね。

産婦人科のスタッフの様子や出産スタイルなどはホームページなどをチェックすればある程度の雰囲気を確認することはできますが、よりリアルな情報を得るためには実際にそこの産婦人科で出産した先輩ママの話を聞いたり、口コミを見たりして決めることが一番です。ママによってそれぞれ感じ方や希望はそれぞれですが、どんな点がよかったのか、悪かったのかなど経験者でしかわからない情報を聞くことは産婦人科選びのとても大きな判断材料になりますよ。

里帰り出産する産婦人科の選び方と注意点

里帰り出産する病院の選び方

里帰り出産を希望する場合には、里帰り先の産婦人科をどこにするのかを詳しくリサーチしておくことが大切です。病院によっては里帰り出産自体を受けつけていない場合もありますし、里帰り予定時期よりも早く転院しなければいけないなど病院によって決められたルールがある場合も多いようです。

また、里帰り出産をする時期は出産前後ということで体が思うように動かない時期でもありますよね。両親やおじいちゃん、おばあちゃんの助けも必要になる可能性もありますので、実家から病院まで通院しやすい距離か、交通の便はよいかなども考慮して病院選びをすることも大切です。

可能であれば希望する病院に一度足を運んでみるとよいですね。自分の目で確かめることが一番安心できますよ。

病院をきめたら早めに予約をしよう

里帰り出産をしたい病院の候補が決まったら、あとは出産直前に転院するだけというわけではありません。すでに受診している病院にもその旨を伝える必要がありますし、里帰り先の病院にも連絡や受診をして予約をしておく必要があります。

そもそも、産婦人科の多くが妊娠初期の時点で分娩予約をしておくことがほとんどです。妊婦健診自体は予約が必要でなくても分娩をするにあたって分娩予約を入れておくことは必要不可欠なのです。

人気のある産婦人科病院だと、早い段階で分娩予約がいっぱいになってしまう恐れもあります。そうなると出産日直前になって分娩する病院が見つからないというトラブルになりかねませんからね。

余裕をもって予約をしておきましょう。

妊娠経過によっては里帰りできないことも

里帰り出産を希望していても、妊娠経過によっては希望が通らない可能性もあります。通常、妊娠経過が順調な場合は里帰り出産をすること自体何も問題はありませんが、医師が危険だと判断した場合には里帰り出産を諦める必要があります。

里帰り出産ができなくなる例としてよくあるのが、切迫早産の恐れがある場合です。切迫早産は妊娠22週から妊娠37週前までに赤ちゃんが生まれてしまう危険がある状態のことをいいます。

この場合、絶対安静にしなくてはいけないケースが多く、車や電車などの移動で体に負担がかかると判断された場合には、里帰り出産はできません。里帰り出産が難しくなる場合には、出産後に里帰りするなど予定を変更するようにしましょう。

高齢出産するときの産婦人科の選び方

高齢出産は妊娠リスクがある

晩婚化が進み、それにともなって高齢出産が増えているともいわれていますね。高齢出産とは、35歳以上の女性が初めての出産をすることをさしますが、さまざまな妊娠リスクがあるともいわれています。

年齢を重ねることで妊娠率も少しずつ落ちていきますが、その反面、先天性異常や流産などのリスクは高まる傾向があります。もちろん、無事に妊娠出産するママもたくさんいますが、高齢出産でない女性よりもトラブルの発生リスクが高いのが現実です。

先天性異常や流産以外では、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群などの発生リスクも高まります。この場合には赤ちゃんの発育不全が起きたり、胎盤早期剥離が起こってしまったりする可能性もあるのです。
27 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC