就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

妊婦のウエストの変化は劇的!妊娠線対策やマタニティグッズで対策を

妊婦のウエストの変化は劇的!妊娠線対策やマタニティグッズで対策を

妊娠してしばらくすると、ママのウエストが少しずつ変化し始めます。そして、出産に向けてどんどんお腹が大きくなるため、妊娠線ができてしまう人もいます。今回は、妊婦の劇的に変化するウエストに対応するためのマタニティグッズや、妊娠線の予防方法についてまとめてご紹介します。

ウエスト周りの変化で妊婦に起こる事態

5カ月ごろから生じる衣服などの締めつけ感

お腹の中で赤ちゃんが大きくなるのにともなって、出産の日までママのお腹も大きくなっていきます。妊娠の場合は、単純に太ったときのようにウエスト全体がサイズアップするのではなく、お腹が前に突き出すように大きくなります。

腹囲は平均すると妊娠5カ月で13~28cm、妊娠10カ月で25~40cmほど妊娠前より大きくなるといわれています。早い人で妊娠3カ月ごろからお腹が膨らみ始めますが、一般的には妊娠5カ月くらいからお腹がふっくらして、衣服による締めつけ感を感じるようになるでしょう。

妊娠6カ月ではこれまで着ていたボトムスのチャックが閉まらなくなり、妊娠7カ月あたりからは、見た目に「妊婦さんかな?」とわかるくらいお腹が目立ち始めます。

中期以降に赤い筋「妊娠線」ができる?

お腹が目立ってきたかも、と感じ始めたら、それ以降は日ごとにお腹が大きくなっていくでしょう。特に、妊娠5~7カ月の妊娠中期を過ぎると、人によってはお腹にひび割れのような赤い筋ができることがあります。

これがいわゆる「妊娠線」です。ストレッチマークと呼ばれることもあります。妊娠線ができたという先輩ママたちによると、お腹が大きくなり出す妊娠中期から後期にかけてできたという声が多いようです。

しかし、中には、早い段階でできたという人もいれば、臨月に入ってから突然できたという人もいます。また、まったくできなかったという人もいるので、妊娠線のできる時期や、そもそも妊娠線ができるかできないかということ自体にも個人差があるようです。

後期はお腹がせり出して腹帯なども必要に

妊娠後期では、立った状態で自分の足元が見えなくなるほど、お腹が前にせり出してきます。臨月ともなれば、お腹の中で成長した赤ちゃんの大きさがそのままママのお腹に反映されるため、支えがなければお腹が前に落ちてしまいそうに感じるママもいるでしょう。

お腹の赤ちゃんが成長すると、同じようにママのお腹も大きくなりどんどん重たくなっていくので、それを支えようとするママの腰や骨盤にどうしても負担がかかりやすくなります。そのため、腰痛などのマイナートラブルに悩まされることもあるでしょう。

このように腰や骨盤への負担を軽減したり、姿勢を正しく保ったりするため、妊娠後期には大きくなったお腹を支える役割がある腹帯が必要になってきます。

妊娠線の原因は?残さないための対策

急に皮膚が伸びることで亀裂が起きてしまう

大きくなったお腹の皮膚にできる、ひび割れのような線が妊娠線です。ストレッチマークとも呼ばれますが、正式には「線状皮膚萎縮症(せんじょうひふいしゅくしょう)」「皮膚伸展線条(ひふしんてんせんじょう)」といいます。

妊娠中、ママのお腹が急激に大きくなっていくと、お腹の表皮もそれに合わせて伸びます。しかし、真皮や弾性繊維などの皮下組織は、急激なお腹の伸びについていけずに亀裂が生じてしまうことがあります。これが、妊娠線となるのです。

妊娠線は、発生したときは赤紫色ですが、時間の経過とともに白っぽく変化します。しかし、残念ながら、一度できてしまった妊娠線は完全には消えません。そのため、初めから妊娠線ができないように注意したいですね。

個人差があるため早い時期からの予防も大切

一般的には、お腹がグッと大きく目立ち始める妊娠中期以降にできやすいといわれている妊娠線ですが、実際に妊娠線がいつできるのか、というのは個人差があります。

人によっては妊娠4カ月という早い時期にできたというケースもあるため、早めの予防が肝心です。お腹の大きくなるスピード自体も個人差があり、妊娠初期から食べづわりなどで体重の増加が大きい場合には、妊娠線ができやすくなるとされています。

また、臨月に入ってお腹が大きくなるスピードが落ち着いてきても、皮膚自体は張り詰めた状態が続いているので、妊娠線ができやすい状態に変わりはありません。分娩時、赤ちゃんの移動につられて妊娠線ができるパターンもあるので、油断は禁物です。

体重管理やウエスト周りの保湿を心がけよう

妊娠線を予防するには、体重の管理と肌の保湿がポイントとなります。妊娠線は、お腹が大きくなることや急激な体重増加によってできるのです。お腹が大きくなるというのは赤ちゃんの成長によるものなので止められないですが、体重増加はママ自身で気をつけたいですね。

特に、つわりが落ちつくと食欲が増加して、食べ過ぎてしまいがちです。栄養をしっかり摂ることは大切ですが、食べ過ぎて体重が急激に増加しないように気をつけましょう。

また、皮膚が乾燥すると弾性を失い、お腹の伸びについていけず妊娠線ができやすくなるので、ボディクリームなどで肌の保湿を心がけてください。一般的なボディケア用品でもよいですが、マタニティ専用のものの方が安心して使えるでしょう。

ウエストの負担を減らすマタニティグッズ

専用のレギンスやパンツはマストアイテム

妊娠の週数が進むと少しずつお腹が目立ち始め、それに同時にいままで履いていたボトムスがきつくなったと実感するようになるでしょう。だいたい妊娠5カ月ぐらいから、マタニティウエアを意識し始めたという先輩ママが多いようです。

妊娠したからといって、全身マタニティウエアにしなければいけないということはありません。手持ちの服で着られるものは、そのまま活用しましょう。

しかし、サイズ変化の激しいウエスト周りに対応するなら、やはり専用のレギンスやパンツなどはマストアイテムであるといえます。お腹周りは楽だけど、見た目にはマタニティ専用とはわからないようなおしゃれなデザインのものも多いので、いくつか用意しておくとよいですね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC