就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新生児が蚊に刺されたらどうする?処置の仕方と虫よけ対策の方法

新生児が蚊に刺されたらどうする?処置の仕方と虫よけ対策の方法

夏になると現れる蚊は、刺されるとかゆくなって不愉快なだけではなく、部屋にいると気になって眠ることもできませんよね。特に、生まれたばかりの赤ちゃんがいると病気やアレルギーが心配です。今回は新生児が蚊に刺されたときの対処法や新生児がいても安全な虫よけ方法をご紹介します。

新生児が蚊に刺されやすい理由と症状

体温が高くて呼吸数が多いから狙われやすい

大人に比べると、小さい子どもや赤ちゃんは蚊に刺されやすいといわれていますが、これは蚊がエサを探すメカニズムと深い関係があります。

蚊は、動物が発する体温や吐き出す二酸化炭素、汗の匂いに反応して集まる習性があります。そのため、体温が低い女性よりも体温が高い男性、汗をかいていない人よりも汗をかいている人の方に寄っていきます。

また、動物の心拍数や呼吸の回数は体が大きいほど少なく、体が小さいほど多くなります。子どもは大人に比べると体温が高く呼吸の回数も多いので、子どもは大人に比べると蚊が集まりやすいということです。

特に、体の小さい赤ちゃんは体温が高く呼吸数も多く、あまり動かないので蚊にとっては絶好のターゲットになります。皮膚が薄いので血管を探しやすく、血を吸いやすいということもあるようです。

なお、赤ちゃんに限らず血液型がO型の人は蚊に刺されやすい傾向があるそうです。原因は解明されておらず、血液型は関係ないとする説もありますが、赤ちゃんの血液型がO型の場合は注意したほうがよいかもしれません。

個人差がある蚊に刺されたときの症状

蚊は血を吸うときに「麻酔作用」や「血が固まりにくくする作用」をする成分を含んだ唾液を出すのですが、蚊の唾液は人間にとってアレルギー反応を引き起こす原因となります。

アレルギー反応の出方には個人差があります。例えば食べ物のアレルギーでは、食べるとじんましんが出る人、ショックを起こして呼吸困難を起こす人、少量であれば反応が出ない人などがいますよね。

蚊の唾液に対するアレルギーにも個人差があり、刺されてすぐに反応が出る「即時型反応」と、刺されてから1日から2日後程度で反応が出る「遅延型反応」の2種類に分けることができます。

反応の出方は蚊に刺された回数によって変化します。蚊に刺された回数が少ないうちは「遅延型反応」を起こしますが、蚊に刺された回数が増えるにつれ「即時型反応」を起こすようになりますよ。

生まれて間もない赤ちゃんは刺された回数が少ないため、反応がゆっくり出る「遅延型反応」を起こします。「遅延型反応」は「即時型反応」に比べて症状が長く続く傾向があるほか、患部が大きく腫れることもあるので注意が必要です。

新生児が蚊に刺されたときの処置の仕方

刺されたところを水でしっかり洗う

蚊に刺されたときの基本的な対応は、刺されたところを水でしっかり洗うことです。水で洗うことで表面についた蚊の唾液と菌を洗い流しましょう。

手を洗うときと同じくらいの水量で30秒くらい時間をかけてしっかり洗うと、蚊が刺した傷から菌が入ることを防ぐことができますよ。

また、赤ちゃんは「かゆい」と感じるとずっとかいてしまいます。虫刺されをかきむしると引っかき傷から菌が入って化膿し、「とびひ」になってしまうことがありますので、洗った後は刺された部分に、かゆみ止めのパッチを貼ってください。

かゆみ止めのパッチは刺された部分をかきむしって皮膚を傷つけてしまうことを防いでくれるだけではなく、かゆみも抑えてくれますよ。

患部を温めるか冷やすかの判断の仕方

蚊に刺されたときは患部を温めればかゆみや腫れが治まる場合と、冷やせばかゆみや腫れが治まる場合があります。

温めると効果があるのは、蚊に刺された直後や刺されてすぐにかゆみが出た場合です。アレルギーの原因となる蚊の唾液に含まれたタンパク質を体温より高い温度で温めることで、アレルギーの原因にならない状態に変化させることができます。

刺されてしばらくたってからかゆみや腫れが出た場合は、蚊の唾液がすでに浸透したあとなので温めても効果はありません。冷たい水の中に患部をつける、タオルで巻いた氷を当てるなどの方法で冷やし、炎症やかゆみを抑えるとよいでしょう。

温める場合は火傷、冷やす場合は冷やしすぎに注意してくださいね。

腫れが大きいときは早めに小児科を受診する

蚊に刺された部分が腫れるのはよくあることですが、腫れが大きいときは早めに小児科を受診してください。

抵抗力が弱い赤ちゃんは大人に比べて虫刺されが大きく腫れやすいのですが、あまりにも大きい場合は刺されたときにできた傷から菌が入って腫れている可能性があります。放置しておくと「とびひ」になるかもしれません。

さらに、赤ちゃんの肌が腫れる、発疹が出る原因としては突発性発疹や水ぼうそう、別のアレルギーなどの可能性もあります。蚊に刺されたあとに腫れたから「虫刺され」とは限らないので、様子がおかしいと感じたら病院に行ってくださいね。

また、かゆみが強い、広い範囲で赤みが出ている、熱が出てきたなどの場合は受診したほうがよいでしょう。

新生児が蚊に刺されたら注意すること

発熱や発疹などの症状が出ていないか

虫刺されというと「たいしたことない」というイメージがあるかもしれませんが、実は蚊は「世界で一番恐ろしい生き物」ともいわれています。

蚊はさまざまな動物や人を刺して血を吸っているため、危険なウィルスや細菌を体内に持っている可能性があります。抵抗力が弱い赤ちゃんは特に危険ですね。

日本では蚊が媒介する感染症は流行していませんが、海外から持ち込まれることもあるので油断はできません。特にデング熱とチクングニア熱は「ヤブ蚊」が媒介する病気なので、日本でも感染する可能性があります。

蚊に刺されたアレルギー反応で高熱やじんましんが出ることもありますので、刺されたあとは発熱や発疹がないかなど、赤ちゃんの様子に注意してくださいね。

患部が水ぶくれやとびひになっていないか

蚊に刺されたあとをかきむしって傷がつくと、傷から入った菌が原因で傷が化膿して水ぶくれになることがあります。

また、水ぶくれの中から出た細菌や膿を含んだ液がほかの場所につき、水ぶくれや化膿が広がった状態が「とびひ」です。「とびひ」になると市販の塗り薬では治療が難しいので、病院での治療が必要となります。

「とびひ」は悪化すると、原因菌の「黄色ブドウ球菌」が出す毒素で皮膚が赤く腫れる、皮膚がむけるということがあり、皮膚が薄く抵抗力が弱い赤ちゃんは入院が必要なほど重症化することもあるようです。

蚊に刺されたときは、患部が水ぶくれや「とびひ」になっていないか注意して、「とびひ」になったときは悪化する前に小児科を受診してくださいね。

日本脳炎の心配はまずないが西日本は注意

日本脳炎ウィルスに感染することで発症する日本脳炎は、主に蚊によって媒介される病気です。現在は予防接種が普及していることから感染する人は減りましたが、現在でも毎年10人程度の感染者が出ています。

ただし、日本脳炎ウィルスを持つ蚊に刺されたとしても、脳炎を発症する確率は1.0%以下ですのであまり心配はありませんよ。

とはいえ、日本脳炎ウィルスは豚、牛、イノシシなどの哺乳類が感染する病気ですので、周囲に感染している人がいないから感染しないとはいい切れません。

発症すると後遺症が残ってしまう病気なので、感染者が報告されている西日本のママは特に、日本脳炎の予防接種を受ける前の赤ちゃんが蚊に刺されないよう注意してくださいね。

殺虫剤が心配。薬を使わずできる蚊の対策

玄関やベランダからの蚊の侵入を防ぐ

蚊は主に家の外にある水たまりや池などの水場で発生し、玄関のドアを開けたときや窓を開けたときに家の中に侵入します。

そのため、もっとも初歩的な蚊対策は「蚊を入れないこと」となります。ドアや窓を開ける時間はできるだけ短くして、なるべく大きく開けないようにするとよいでしょう。

網戸を使って蚊の侵入を防ぐこともできますが、網戸と窓枠の間に隙間が空いていたり、網戸が破れていたりすると蚊が入ってきます。窓辺に吊るすタイプや玄関に置くタイプの虫よけを使ってもよいですね。

また、家の周りで蚊が発生するのを防ぐことも重要です。ゴミがたまった雨どいや空の植木鉢に水がたまると蚊が発生しやすいので注意してくださいね。

サイズもいろいろ選べる蚊帳を使う

蚊帳というと部屋いっぱいに広がる大きな蚊帳のイメージがあるかもしれませんが、最近はワンタッチで開くことができるテント型の蚊帳や、フック1つで天井から吊るして使う1人用の蚊帳も販売されています。

テント型の蚊帳は周囲だけではなく底もおおってくれますので、蚊だけではなくムカデなどの害虫から赤ちゃんを守ることができますね。

また、天井から吊るすタイプの蚊帳はピンクや水色など、色が豊富なだけではなく、レースやフリルデコレーションされているタイプもあり、インテリアとして楽しむこともできます。

蚊帳は蚊を防ぐだけではなく、エアコンや扇風機の風が赤ちゃんに直接当たることも防いでくれますよ。小さい蚊帳なら2,000円程度で購入できます。

扇風機やUV蚊取り器を使う

部屋の中を飛び回っている蚊は、意外と飛行能力が低く扇風機やうちわであおいだ風で簡単に吹き飛ばすことができます。殺虫剤や薬を使わずに赤ちゃんを蚊から守るときは、赤ちゃんの周りに風を送るとよいでしょう。

ただし、風が直接当たると体温調節がうまくできない赤ちゃんは体が冷えてしまいますので、風向きには注意してくださいね。

また、虫が紫外線に集まるという習性を利用したUV蚊取り器もおすすめです。蚊をおびき寄せたあとファンで吸い込んで閉じ込める仕組みになっていますので、蚊取り器に集まった蚊に赤ちゃんが刺される心配もありません。

どちらの方法も薬剤を使わないので安全性が高く、赤ちゃんがいる部屋でも気軽に利用できる方法ですね。

新生児にも安心な虫よけ対策と安全な使い方

蚊取り線香は離れたところにおけば安全

蚊取り線香の主成分は「除虫菊」という花に含まれる「ピレスロイド」という成分です。「ピレスロイド」は人間をはじめとした哺乳類や、鳥類には無害で、昆虫や爬虫類には作用するという特徴を持っています。

そのため、蚊取り線香を赤ちゃんがいる部屋で使っても問題はありません。

ただし、煙が目に入ったり、吸い込んでしまったりすると目やのどに痛みを感じることがあるほか、火傷や誤飲の心配もあります。蚊取り線香を使うときは、赤ちゃんから離れた場所に置くとよいでしょう。

なお、蚊取り線香には除虫菊を使ったタイプと、合成ピレスロイドを使ったタイプがあります。除虫菊を使ったタイプはにおいや刺激が少ないので赤ちゃんがいる部屋におすすめです。

電気殺虫剤はときどき換気しながら使う

電気で焚くタイプの殺虫剤も、主成分は蚊取り線香と同じ「ピレスロイド」ですので、赤ちゃんがいる部屋で使っても問題ありません。産院で使っていることもありますよ。

ただし、メーカーの注意書きによると、閉めきった部屋で長時間使用すると吐き気やめまいを起こす可能性があるそうです。長時間の使用は避けて、ときどき換気しながら使うとよいですね。

殺虫剤のにおいが気になるというママは、においがしないタイプの殺虫剤もありますので、利用してみてください。

また、電気殺虫剤は目に見えませんが煙と熱が発生しています。高温になる商品もあり、触ると火傷する可能性もありますので、赤ちゃんからはできるだけ離しておくとよいでしょう。

植物由来で安心な服に貼る虫よけシール

蚊は虫のなかでも嗅覚に優れており、汗や皮脂のにおいで人間や動物がいる場所を察知しています。

しかし、嗅覚に優れているということは苦手なにおいを感じる能力が高いということですので、蚊が苦手なハーブやアロマを活用することで安全に虫よけをすることができます。

蚊は「ミント」「レモングラス」「ユーカリ」「バジル」など、清涼感がある爽やかな香りが苦手です。アロマオイルと精製水を混ぜたスプレーを網戸に吹きかけて蚊の侵入を防いでいるママもいるようですよ。

また、最近はハーブのオイルを染み込ませた虫よけシールが販売されています。肌に直接貼るのではなく服に貼って使うので、肌がかぶれる心配もなく安全に虫よけ効果を期待できますね。

まとめ

大人にとっては「ただかゆいだけ」の蚊ですが、抵抗力が弱く肌バリアも弱い新生児は蚊に刺されたことで「とびひ」になりやすく、高熱が出ることもあるので危険です。

また、病気などにならなくても強いかゆみが出て泣いたり、顔や手が大きく腫れてしまったりするとかわいそうですよね。

赤ちゃんの健康のためにも、スプレー式の殺虫剤をできるだけ使わず、蚊取り線香や蚊帳、植物由来の虫よけを活用して、蚊の侵入や被害を防ぐことができるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018