就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

いちご鼻は乾燥してるとなりやすい?忙しいママ向けケアのポイント

いちご鼻は乾燥してるとなりやすい?忙しいママ向けケアのポイント

肌は乾燥しているのにどうしていちご鼻になるの?と悩んでいるママもいるのではないでしょうか。いちご鼻になるのは皮脂でべたついている肌のイメージがありますよね。ここでは、いちご鼻の原因や予防方法、忙しいママに役立ついちご鼻のケアポイントなどをご紹介します。

乾燥が引き起こすいちご鼻の原因

乾燥すると肌の代謝サイクルが遅れる

肌のターンオーバーという言葉を聞いたことはあるでしょうか。肌は日々、新しい肌へ生まれ変わることを繰り返すことできれいな肌を作り出しています。この生まれ変わりのサイクルがターンオーバーなのですが、この周期が長くなったり早くなったりすると肌の調子が悪くなるのです。

肌が乾燥することもターンオーバーのサイクルを乱す原因の一つ。乾燥によって肌の保湿成分が不足すると、バリア機能が低下し外部からの刺激を受けやすくなり、新しい皮膚が作られにくくなったり、古い角質がいつまでも肌の表面に残ったりします。

空気の乾燥する秋から冬にかけては肌の乾燥を気にするママが多いと思いますが、春は花粉や黄砂、夏は紫外線やエアコンによる刺激などで肌が乾燥しやすいので油断できませんよ。

乾燥を防ごうと肌が皮脂を多く出そうとする

肌は乾燥してかゆいぐらいなのに、気がついたらベタベタしてテカッていたり、メイクがよれていたりすることがあると悩んでいるママもいるでしょう。その原因は、乾燥を防ごうとして肌が皮脂を多く出そうとしていることが考えられます。

乾燥による肌の水分不足で、これ以上乾燥しないようにという目的と外的刺激から肌を守れないことをカバーするために、体が皮脂を多く出そうと判断するのです。過剰な皮脂の分泌は毛穴が開きいちご鼻の原因になります。

皮脂でべたつく肌を見ると、こまめに洗顔したり拭き取ったりしたくなりますが、べたつきを抑えるには逆効果です。皮脂を抑えるために皮脂を取り除くのではなく、まずはしっかりと保湿することを心がけてくださいね。

乾燥すると毛穴詰まりしやすくなる

先ほどお伝えしたように、乾燥は肌の代謝サイクルを遅くする原因の一つです。正常なら肌の新しい角質が生まれると同時に古い角質は剥がれていくのですが、代謝の遅れで残った古い角質が毛穴を詰まらせることがあります。その結果、毛穴の開きが大きくなったり、黒ずんだりしていちご鼻に見えてしまうのです。

また、乾燥は皮脂の分泌量が増えることに加えて、毛穴が硬くなり伸縮性が失われるため皮脂が詰まりやすくなります。肌が乾燥しやすい冬でも毛穴が詰まっているのが気になるときは、保湿が足りなくて乾燥していることが原因なのかもしれません。

毛穴に詰まった皮脂や古い角質を長い間放置すると、固くなって落としにくくなるので早めに落としてしっかりと保湿することが大切です。

いちご鼻にならないために気をつけること

洗顔はゴシゴシ力を入れて洗わない

毛穴が詰まっていると、ついつい汚れを落とそうとしてゴシゴシ力を入れて擦って洗顔したくなりますよね。しかし、摩擦が肌への負担となりますし、肌に必要な皮脂まで落としてしまい乾燥する原因となりますのでやさしく洗うようにしましょう。

洗顔は洗顔料をたっぷりと泡立てた泡で洗うのが基本です。たっぷりの泡を顔の上で転がすように、指を使ってくるくると動かすことで、肌への負担を少なく汚れを落とすことができますよ。毛穴の汚れは洗顔料の泡で浮かして落とすということを意識してみてください。

流すときはぬるま湯でゴシゴシ擦らないように流しましょう。お湯の温度が高すぎると、皮脂を落としすぎて乾燥の原因となります。体温よりも低い温度のお湯がおすすめです。

パックは連日や長時間やらない

毛穴に詰まった角栓を一気に取ろうとして、毛穴パックをしたりピンセットで抜き取ったり綿棒で押し出したりした経験はありませんか。ごっそり取れるので、取れた直後はすっきりとして気持ちがよいですよね。しかし、この方法は肌への負担となりいちご鼻を悪化させる原因にもなりますので気をつけましょう。

たとえば、毛穴パックは毛穴に詰まった角栓を剥がすと同時に、周辺の角質も無理やり剥がすことになります。剥がすときに痛みを感じるのはそのためです。使うときは短時間で剥がすようにすると、肌への負担は軽減できるかもしれません。

毛穴の詰まりを無理に取る方法は控えることをおすすめしますが、どうしてもというときは、2週間に1回や月に1回など頻度を少なめにしてくださいね。

毛穴隠しのためにメイクで厚塗りしない

メイクを厚塗りすればある程度、毛穴を隠すことができるので、リキッドファンデーションやコンシーラーなどで毛穴を埋めるように厚塗りしたくなりますよね。ただ、メイクで厚塗りするとクレンジングをしても汚れが残りやすいです。

毛穴が汚れで塞がれると皮脂が詰まったり、新陳代謝が悪くなったりしていちご鼻の原因になります。また、なかなか落ちないメイクが気になって擦りたくなりませんか。洗顔でゴシゴシ力を入れて擦るのは乾燥の原因でしたよね。

目立つ毛穴はカラーコントロールの下地を部分的に使うことで厚塗りしなくても自然にカバーできますよ。肌を休ませるためにも時々ファンデーションを使わずパウダーだけで過ごす日を作ってもよいかもしれませんね。

忙しいママ向けのいちご鼻ケアのポイント

泡立てが面倒なら泡タイプの洗顔料を使う

肌への刺激が少なくなるように洗顔料をたっぷりと泡立てることが大切ですが、泡立てるのはけっこう時間がかかるものです。慣れないと、3分かかってもうまく泡立てができないママもいるでしょう。

朝も夜も子どものお世話や家事で忙しく、「そんなしっかり泡立てする時間はないよ」というママは、しっかりと泡立てないまま洗顔してしまうこともあるかもしれませんね。それなら、はじめから泡タイプの洗顔料を使うと楽ですよ。ポンプを押すとすでに泡になった状態で出てくるので、泡立てに1秒もかからず、急いでいるときでも素早く洗顔することができます。

泡立てネットでも簡単に洗顔料を泡立てることはできますが、ネットを置く場所やネットを洗うことを考えると面倒ですよね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC