就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

実家に子どもを預けるときは?ポイントを知って良好な関係を築こう

実家に子どもを預けるときは?ポイントを知って良好な関係を築こう

ママが自分の親に子どもを預けるとき、気軽に頼めてお礼のことなどで気をもむことは少ないですね。しかし、嫁の立場から義理の両親に預けるとなると話は別です。「頼んでも大丈夫?」「お礼は渡すべき?」の疑問に答え、ママの実家、パパの実家に子どもを預ける場合のマナーやポイントをまとめました。

実家の負担にならないよう配慮が必要

子どもの世話を一日するのは親も大変

「おじいちゃん、おばあちゃんは孫が大好きだから一日くらい預けても大丈夫」などと考えていませんか?実の子どもでもお世話をするのが大変なのですから、自分の両親にとっても子どもの世話をするのは大変です。

しかも、自分の子どもではない分気を使ったり、いつもより張り切ったりしてしまい、余計に疲れます。たとえ半日でも子どもを預かってもらうときは、実家であっても義理の両親であっても負担がなるべく少なくなるよう工夫し、感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

預けたい気持ちがある場合は、まずは相手の予定を聞いて無理のない範囲でお願いします。両親の時間を拘束することになるので、送り届けるときや迎えの時間をきちんと守るようにしましょう。

お試しで短時間あずかってもらう

保育園や幼稚園でも「慣らし保育」という期間があるように、実家に預ける場合にもお互い慣れる機会を作るとスムーズです。丸一日預けたい、お泊りさせたい、といきなり子どもを預けてしまっては子どもの方も不安になりお世話が難しくなることがあります。

ときどき会うだけの祖父母の場合はとくに、子どもとの信頼関係がしっかり確立するまで短時間で預かってもらうようにしましょう。実家に預けたら、ママは1時間、3時間とだんだん子どもと離れる時間を長くして子どもに「出かけても必ず迎えに来てくれる」と分かってもらうことが大事です。

両親にとっても、お試し期間があることでだんだんと子どもの性格や行動パターンが読めてくるのでお世話がしやすくなりますね。

おむつ処理のにおいを防ぐアイテムも

赤ちゃんのいる家庭なら当たり前のおむつ処理も、子育てが終わった祖父母には戸惑う要因になります。かつてはおむつ交換を経験していたとしても、自宅に今までなかったにおいが充満するのは想像よりも不快なものです。

まだおむつが必要な子どもをみてもらうときには、紙おむつとおしりふき以外にもママの方からおむつ交換の負担を軽減するアイテムを持参してもよいですね。おむつを処理するときににおいが広がるのを防ぐ消臭機能付きのビニール袋などを添えておくと、祖父母の時代にはなかった育児アイテムとして話の種にもなります。

ほかにも必要なものがあるときは、おむつ用品、食事セットなどアイテムごとにまとめて持っていくようにしましょう。

子どもを預けるときに用意しておくこと

子どもに祖父母のことを好意的に話しておく

子どもを預けると決まったら、日々の言動にも気を付けるようにしましょう。日ごろから祖父母の話題を家庭内でするとき、どんな口調や表情で話しているでしょうか。

普段から良好な関係が続き、感謝の気持ちや親しみの気持ちがあふれた会話なら問題ありませんが、愚痴や苦情などをパパに話しているところを子どもに見られているママは要注意です。子どもはママが思っているよりも記憶力がよいので「ママがこういってたよ」などと祖父母にいってしまわないとも限りません。

いわないとしても「おじいちゃん、おばあちゃんは怖い人なんだ」と間違ったイメージを植え付けてしまうこともあります。子どもの前で過剰に褒める必要はありませんが、好意的に話しておくことは大事です。

子どもを預けるときの持ち物を準備する

赤ちゃんと一緒にお出かけするとき、どうしても荷物がたくさんになってしまいますね。祖父母の家に行くからと手ぶらで行くことはないと思いますが、子どものいない家庭に子どもを預けるときはとくに必要なものはきちんとそろえて持参するようにしましょう。

おむつセットはもちろん、おやつや離乳食、使い慣れた食器やコップがある場合も持っていきます。子どもがいないと子ども用のスプーンやフォークもないので持参します。

念のための着替えも1セット用意しておくと安心です。靴下や下着、上着も1枚も寒かったときのためにあると便利です。お気に入りのおもちゃや絵本など、子どもが飽きずに過ごすことができるような持ち物も忘れずに。

パパとママとで話し合ってお礼を考える

子どもを一時保育やベビーシッターに預けるとき、ネックになるのが料金です。「タダで預けられるから」と実家に預けるママもいるかもしれませんが、それでもなにかお礼を用意するのではないでしょうか。

パパの実家に預けるときはとくにママも気を使いますね。どちらにしても、何度も頼まなければいけない場合はお礼として決まった金額を支払った方が気が楽と考えるママがいてもおかしくありません。

ただ、お金を支払われることが「他人行儀で嫌だ」と考える祖父母がいるのも事実です。手土産を持っていったり、節目で旅行に招待したりするなどお礼の仕方も色々ありますので、パパとママとで話し合って、お互いに負担のない方法で感謝の気持ちを表すようにしましょう。

子どもを預けるときの注意点と心づもり

口頭ではなく必ずメモ書きにして渡す

誰しも、絶対に譲れないことというものがあるはずです。子育てにおいて、お菓子をご飯の前にあげたり、スマホを長時間見せたりすることを許容している家庭もあれば、絶対にさせないと決めている家庭もありますね。

育児施設や幼稚園では当たり前に「ない」ことが、祖父母の家では起こり得る可能性があります。際限なくお菓子を与えたり、ずっとテレビやDVDを見せるなどがそれにあたります。

「たまにはいいか」と思える範囲なら問題ないですが、後々そのことが原因で預けたくないと感じるようなことであれば、最初からきちんと祖父母に知らせておくことも配慮の一つです。そのとき、口頭でそれとなく伝えても聞き流されてしまうことがありますので、メモ書きにして印象付けるように心がけましょう。
26 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版