就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どものストローボトルはどう選ぶ?人気商品や気になるお手入れ方法

子どものストローボトルはどう選ぶ?人気商品や気になるお手入れ方法

ひっくり返しても中身のこぼれないストローボトルは、お出かけのときには便利ですよね。うまく飲めるようになると、パパやママの手をわずらわせることも少なくなります。でも、せっかくなら、子どもが喜ぶようなものを選んであげたいもの。ストローボトルの選び方やお手入れなどについてまとめていきます。

ストローボトルを選ぶときに考えたいこと

どの程度の容量が必要か

ストローボトルの容量は、用途を考えてちょうどよい容量のものを選んであげましょう。一般的なストローボトルの容量は150〜350mlほどです。

室内で使うのが主な目的だったら、リュックやバックに入る小さめサイズがよいですね。軽くて持ち運びに便利です。その分頻繁に中身を補充する必要がありますが、室内なら補充には困りません。

大きめサイズはたくさん入りますが大きくて重くなります。しかし、頻繁に水分補給が必要な場所ではこちらの方が安心です。

例えば、初めて使うときや室内で使うときは150mlの小さめサイズ、暑い時期に長時間お出かけするのであれば300ml以上のものと考えておくとよさそうです。「年齢×100ml+α」という目安の立て方もありますよ。

素材はステンレスかプラスチックか

ストローボトルの素材はどうでしょう?ステンレスタイプのものや、プラスチックのものなど、色々ありますね。

ステンレスタイプのものは保温・保冷機能があります。中身の劣化を防ぐことができるので、安心して使えますね。プラスチックより重くなるので、軽いステンレスタイプのものが理想ですが、その場合多少価格が高くなります。

プラスチックのメリットは安価で軽いことです。荷物の多い遠足や野外活動のときなどには重宝しますが、壊れやすかったり、水漏れをしたりすることがあります。保温・保冷機能がないので長時間の保存には向きませんが、種類が多くて好みのデザインを選べる楽しさがあります。

ストローボトルの素材を選ぶときには、予算や使い方をよく考えて選ぶ必要がありそうですね。

洗いやすさや食洗器が使えるかどうか

洗いやすい構造になっているかどうかも重要です。洗うのがおっくうになるようなつくりだったりするとストローボトルを清潔に保つことが難しくなりますね。

洗いやすい構造になっているかどうかのポイントは、継ぎ目の数と分解できるかどうかです。継ぎ目が多いと水垢がたまりやすく、雑菌の繁殖の原因にもなってしまいますので、できるだけ継ぎ目の少ないものを選んでおきましょう。さらに分解して洗うことができれば、細かいところまで手が届き、細部までスッキリきれいに洗い落とすことができますよ。

食洗機を使いたいのであれば食洗機対応かどうかを必ず確かめておきましょう。ステンレスタイプのものには食洗機非対応のものもあるので、買ってから後悔することがないよう、事前に確認が必要ですよ。

子どものストローボトル人気ベスト3

保冷や保温性能が高い「サーモス」

子どもに人気のストローボトルをいくつか紹介します。子どもだけでなく大人も使えそうなものがいっぱいですよ。最初は「サーモス」です。

「サーモス」は、ステンレスタイプのストローボトルです。魔法瓶構造で、高い保温・保冷力が長所です。ステンレスタイプにしては軽量で、わずか190gのものもありますよ。

サーモスには、ストローつき、直飲みタイプなど、色々な種類がラインナップされています。壊れにくい丈夫な構造なので、子どもが使わなくなったら、大人用の水筒として、長く使い続けることができそうですよ。

両手で持てるハンドルがついていたり、ミッフィーやディズニーのキャラクターデザインなどの種類も多いので、子どもが喜んで使ってくれそうです。分解して丸洗いもできますよ。

毎日持ち歩きたくなる可愛さ「サーモマグ」

可愛さで選ぶなら「サーモマグ」です。あまりに愛らしくて、毎日持ち歩きたくなるデザインですよ。

「サーモマグ」は、動物の形をしたステンレスタイプのストローボトルです。フタが動物の頭の部分になっており、鼻のキャップをパカッと開けると、ストローが飛び出る仕組みになっています。本体には、まるでテディベアのような手足のカバーがついており、取り外し可能なストラップもついているので、肩や首から下げて持ち歩くのにも便利です。

見た目だけなのかというとそういうわけではなくて、構造もしっかりしています。ストローがシリコン製の柔らかい素材だったり、頭部分を取り外して分解洗いもできるようになっていますよ。

種類が豊富なので、子どもと一緒に、大好きな動物を選びましょう。

人気のキャラクターが揃う「スケーター」

デザイン重視なら、人気のキャラクターが揃う「スケーター」がおすすめです。「スケーター(SKATER)」は、水筒をはじめとして、お弁当箱やコップ、ステンレスボトルなど、たくさんのランチグッズを手がけている会社です。

「スケーター」の水筒は、特にキャラクターのものを多く取り扱っていて、ディズニーやサンリオ、スタジオジブリなど、大人気のキャラクターが勢ぞろいです。キャラクター好きの子どもにはたまりませんね。お休みの日にも使いたくなるかもしれませんよ。

ステンレスとプラスチックどちらも揃っており、予算に合わせて幅広く選ぶことができます。直飲みタイプ、ストロータイプ、コップタイプがあり、直飲みタイプとコップタイプを兼ね備えた2wayタイプもありますよ。

ストローボトルの上手なお手入れ方法

ストローの中や細かいパーツもきちんと洗う

ストローボトルは、油断しているとすぐに汚れてしまいます。子どもが口の中に直接入れるものですので、衛生面には気を使いたいですよね。ストローボトルの上手なお手入れ方法について考えていきます。

ストローボトルで汚れがたまりやすいのは、ストロー部分です。たまった汚れはどうしていますか?もっとも手軽なのは、手でもみ洗いすることですが、なかなかうまくは落ちませんよね。

ストロー部分をきれいにするためには、綿棒を使ったり、100均などにおいてあるストロー専用ブラシを使うと効果的です。ストローの中に突っ込んで洗うので、頑固な汚れもスッキリです。

ほかの細かいパーツには、歯ブラシを使いましょう。歯ブラシは、歯のすきまに入り込むものですから最適な道具です。

楽ちんで効果的な漬けおき洗いも取り入れて

「そこまで余裕がない」ということでしたら楽ちんで効果的な漬けおき洗いもおすすめです。40℃ぐらいのぬるま湯に一晩つけてから洗います。

漬けおき洗いにはクエン酸や酸素系漂白剤を一緒に使うのがおすすめです。これらを使うとうまく汚れが落ちるだけでなく、殺菌効果もありますよ。

クエン酸は家庭で作る「シソジュース」に使われたりするような安全な成分です。嫌な臭いが残ることがなく、子どものストローボトル洗いにも安心して使えますよ。

酸素系漂白剤は「オキシクリーン」という商品名で出ていることもあります。一方、「ハイター」と書いてある漂白剤は塩素系です。酸素系と塩素系の漂白剤を混ぜると危険なガスが発生しますので、しっかり確認してから購入、使用しましょう。

汚れがひどくなったらパーツを交換しよう

汚れがひどくて、洗っても効果がないようでしたら、パーツの交換も検討しましょう。汚れがひどい部分だけを交換するので、衛生的なだけでなく、コスパがよく、新品に戻ったような爽快感がありますよ。

そのためには、購入するときに、パーツを別売りしているようなストローボトルを選んでおく必要があります。汚れだけでなく、ストローをかじって劣化してしまったときなどにも、簡単に新品に交換ができて便利ですよ。

交換用パーツの多くは、通販でも購入可能です。品番を確認すると、ほかのメーカーから購入できることもありますので、ネットショップなどで検索してみると、うまく見つかるかもしれません。もちろん専用の交換パーツなら、サイズがピッタリで、迷うことなく安心して購入できますね。

まとめ

ストローボトルを選ぶときには、
・容量は使う場面に応じて
・継ぎ目が少なくて分解洗いがしやすいもの
・パーツの交換ができるもの
・ステンレスかプラスチックかは予算や使い方に応じて
・食洗機を使うなら対応商品
などを基準に考えるとよさそうです。

お手入れ方法としては、
・手軽に済ませるときには漬けおき洗い
・徹底的に洗うならグッズを活用
・最後の手段はパーツ交換
といったところでしょうか。

子どもも気に入ってくれれば、お出かけのよいおともになります。素敵なストローボトルを選んでくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018