就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児が秋に外遊びするメリット。年齢別の遊び方と遊ぶときのポイント

幼児が秋に外遊びするメリット。年齢別の遊び方と遊ぶときのポイント

少し涼しくなって過ごしやすい秋は外遊びにもってこいの季節ですね。子どもたちにとって、秋にはどんな遊びができるのでしょうか。ここでは、秋の外遊びのメリットや年齢別の遊び方をご紹介します。また、外遊びを楽しむためのポイントもお伝えしますので、参考にしてくださいね。

秋の自然の中で楽しむ外遊びのメリット

五感を刺激して感受性を育てよう

人は自然体験などの外遊びを通して、生きる知恵を身につけるといわれます。子どものうちから外遊びをしっかりするには秋の季節がぴったりです。それでは自然遊びはどのようなメリットがあるのでしょうか。

自然のものは五感を刺激します。五感とは見て、聴いて、触って、嗅いで、味わうことであり、五感を使って自然体験をすることにより感受性が育ちやすいそうです。

感受性とは外界の刺激や印象を感じ取れる能力であり、感受性が豊かであると人の気持ちを思いやったり、感動したりすることができます。また、毎日に充実感を感じることができるので、自然を味わう外遊びは大切なのです。

自然体験は五感を使って実際に体感するので、事実をありのままに受けとめることができるのだそうです。

自然の中で自発性や創造性を育てよう

自然体験では自発性や創造性も育むことができます。自然のものすべては生きる教科書といってもよいほど学ぶものばかりです。また、自然のものに二つと同じものはなく、面白い発見がたくさんあるので飽きることがありません。

子どもはもともと遊びが上手なので、自然のなかに連れて行くとたくさんの遊びを自分で見出すことができますよ。子ども独自の発想で、ママやパパも驚くようなものを見せてくれるかもしれませんね。子どもの遊びをしっかりと褒めてあげてください。やる気もどんどん出てきますよ。

外遊びを通じてそのような体験を重ねると、普段の生活においても自分から何でもやってみたり、アイディアを思いついたりするようになるのでよいことづくしですね。

自然物さがしで体力や集中力を身につけよう

子どもに体力をつけるために水泳やサッカー、体操教室などの習い事をするご家庭もありますね。子どもの興味を伸ばすのは素晴らしいことです。

そして同じように自然のなかの外遊びも、木登りや岩場に上ったりして体や筋肉をしっかりと使うので体力がつきます。遊びのなかで自然と身につくので頑張らなくてもよいのです。

また、自然のなかには不安定な場所も多いので、同時にバランス感覚も養うことができますよ。ときには転んだり落ちたりすることもありますが、そのようにして危険を回避することができるようになります。

さらに木の実や落ち葉、石ころもいろいろな形や色があって子どもたちはまるで宝物を探すように夢中になるので、集中力も育むことができますよ。

幼児の年齢に合った楽しい秋の外遊び

1~2歳の外遊びは音や形で楽しもう

1~2歳の場合、初めての秋の外遊びでおすすめなのが、落ち葉を拾ったり踏みつけたりする遊びです。子どもは落ち葉を拾いたがりますよね。落ち葉にはいろいろな形や色があって、美しいものもあります。

お気に入りの落ち葉があったらお土産に持って帰るのもよいですね。大きな落ち葉が見つかったら、穴をあけてお面を作ることもできます。

また、落ち葉を踏みつけて「カサカサ」といった音を楽しむこともできます。落ち葉を両手でたくさんすくって投げるのも、落ち葉が落ちる様子が面白く「パラパラ」と音がするので楽しいですよ。

同じように木の実の形を楽しんだり、袋など入れ物に木の実を入れて音を楽しむことも秋ならではの楽しみ方です。

3~4歳の外遊びはちょっと工夫した遊びを

3~4歳くらいになると、切ったり貼ったりといったこともできるようになるので、見つけた落ち葉や木の実に工夫を加えた遊びをしてみると楽しいですよ。

例えば、準備しておいた袋に見つけた落ち葉や木の実、木の枝などを入れて持ち帰り、お家でゆっくりコラージュして作品を作るのも面白いものです。何ができるか子どもの感性を見ることができますし、完成したものをお家に飾ると秋を感じることができて素敵ですね。

また、木の枝を使って公園などにある物を叩くと音の違いを楽しむことができます。ほかにも、お面の形に切った厚紙に猫じゃらし(エノコログサ)やススキ、落ち葉を貼って、愉快なお面を作ってみるのもおすすめです。

ぜひ親子で一緒に作って楽しんでみてくださいね。

5~6歳の外遊びはゲーム感覚が楽しい

5~6歳頃になると、お友達との関わりが増えてくるので、少しわくわくするようなゲームを取り入れると盛り上がりますよ。ボールの代わりとして使えるまつぼっくりは、的あてゲームなどの遊びができます。

ほかには、紙コップの外側の底に糸の端をテープで止めて、糸の反対側にまつぼっくりをつけて、けん玉のように紙コップに入れる競争ができます。

また、クリスマスに向けてまつぼっくりに色を塗って飾り物を作ってみるのも素敵ですね。

どんぐりはおままごとの材料として使ったり、絵をかいてお人形を作ったりできるので、女の子に人気があります。

トイレットペーパーの芯を縦半分に切ったものをいくつかつなげて滑り台を作り、どんぐりを滑らせるのも楽しいですよ。

秋に自然の中で外遊びするときのポイント

いっぱい動ける遊びやすい服を選ぼう

秋は気温の変化が激しいので、日中暖かくても朝夕は肌寒いなんてことがあります。そんなときは羽織りものをひとつ用意してお出かけすると安心ですよ。

秋のスタイルは長袖Tシャツが活躍します。近年は秋でも暑い日があるので気温に合わせて半袖シャツに羽織りものを持って行くのもよいですね。

下は動きやすい長ズボンがおすすめです。子どもは外遊びでは大きな動きをするので、軟らかくストレッチのきいた素材のものを履かせると子どもの動きを邪魔しません。

サイズも大きいとずれ落ちてきたり、ズボンの裾が引っかかって転んだりするので、合うものを選んでくださいね。

動きやすい服だと外遊びが楽しくなります。様子を見ながらママが子どもに合った服を選んでくださいね。

子どもの「好き」をママも一緒に楽しもう

子どもは好奇心旺盛で、何でもやってみたがりますね。雨の日に外遊びをしたがったり、泥んこになりたがったりと汚れることも楽しみます。親からしてみれば、その後にしなくてはならないお風呂や洗濯などの手間を考えると、おっくうになることもあるでしょう。

しかし、そんなママの努力のおかげで子どもはどんどん成長していきます。感受性や自発性、創造性は豊かに育っていきますよ。

ママも童心に戻って一緒に楽しんでみてください。きっと新しい発見があるでしょう。また、子どものためと思うとしんどいので、ママ自身も楽しめることを見つけられたらよいですね。例えば、落ち葉や木の実でママ好みのお部屋に飾る作品を作ってみるのはどうでしょうか。子どもと一緒にママの感性も磨かれますね。

どんぐりをきれいにしてお家でも遊ぼう

どんぐりを拾って持って帰ったら、虫が出てくるのを防ぐために煮て処理しましょう。あらかじめ穴の開いたものやひびの入ったものは取り除いておきます。

まず、鍋に水をたっぷり入れて火にかけます。沸騰したら水洗いをしたどんぐりを入れて5分くらい煮ます。このとき、煮る具合が少ないと虫が死なないし、煮過ぎるとどんぐりが破裂するので様子を見ながら煮てくださいね。煮終えたら2~3日陰干しをしましょう。日光にさらすと割れてしまうので日陰がよいですよ。しっかり乾燥させたらできあがりです。

まつぼっくりは、何度か水洗いをして1時間お湯に漬け込み、天日干しすれば大丈夫です。お湯に入れると松ヤニが出てくるので、汚れてもよい入れ物を用意してください。

まとめ

秋は子どもがしっかり遊んで成長できる素晴らしい季節です。特に秋の自然遊びは体力向上だけでなく、感受性や創造性など人として大切な能力を豊かにしてくれます。

また、季節をしっかり感じるには、やはり幼い頃からの外遊びが重要です。五感を使って微妙な季節の違いを感じることができるようになります。

秋は実りの秋なので、遊べる工夫も考えるとたくさんありますよ。今年の秋はママも自然遊びしてみませんか。どうぞ親子一緒に楽しんでお過ごしください。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018