就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

毎日育児を頑張るママへ!息抜きの大切さと上手な方法を知ろう

毎日育児を頑張るママへ!息抜きの大切さと上手な方法を知ろう

毎日の育児に追われながら、いろいろな家事も頑張っているママは大変ですよね。たまには息抜きして日ごろのストレスを発散したいと思いませんか。でも時間のないなかでどうやって息抜きすればよいのでしょうか。ママに実践してもらいたい息抜きの方法をご紹介します。

毎日休みのない育児には息抜きが必要

育児は世界で一番といえるほどの重労働

育児は家にいる分、外に仕事に行くことに比べたら楽なようにも思われがちですが、休憩時間も決まっていないので、ずっと働いているようなものです。

とくに赤ちゃんが生まれてハイハイや歩きはじめると、さらに大変さが増します。「勝手になにか口に入れないか」「歩き回って転んだり、どこかにぶつけたりしないか」など、1日中目が離せません。1人でなにもできない子どものために、たくさんのお世話が必要で、ママにはまとまった自由な時間もなくなります。

また、子どもが寝ているあいだや、1人遊びをしているときなどの、空いた時間も掃除や洗濯などの家事に追われてと、育児以外にも家でやることが尽きることはありません。出産直後からはじまる、世界で一番といえるほどの重労働ですね。

疲れがたまると心身のバランスが崩れる

育児により疲れがたまると心身のバランスが崩れて、さまざまな体の不調を引き起こします。

たとえば、「食欲がなくなる」「肌が乾燥する」「便秘や下痢になる」「頭痛と肩こりがひどい」など、目に見えて分かる不調のほか、「怒りやすくなった」「いつもイライラしている」「やる気がでない」など、精神的な症状もあります。

心身のバランスを保つためには、このような症状がでてきたときに早く気づいて、日ごろの生活を見直し改善策を考えることが大切です。ひどくなると、病気に対する抵抗力も弱くなり、胃潰瘍やうつ病などの大きな病気になることも考えられます。

あまり頑張りすぎずに「まあいいか」と気軽に考えるようにするだけで、だいぶ楽になるでしょう。

ママの息抜きは子どものためにもなる

ママが疲れてストレスを抱えていると、子どもと一緒にいるときの表情や言葉遣いなどにも疲れた気持ちが表れてしまいます。ママがうまく息抜きをし元気にしていることが、ママだけでなく子どものためにもなるのではないでしょうか。

ストレスを抱えてイライラしていると、子どものちょっとしたわがままやいたずら、失敗などでも、強く怒ってしまうこともあるかもしれません。

友人ママに聞くと、「2人目を出産してから自分の息抜きをする時間がとれなくて、上の子に怒ってしまうことが増えた」といっていました。怒られた子どもは、また怒られるのではないかと不安になって、思いっきり楽しむことができませんよね。ママもイライラを子どもにぶつけてしまい、落ち込んでいたようです。

ほっと一息。毎日でもできるプチご褒美

おいしい飲み物や食べ物でハッピーに

ママが自分へのちょっとしたご褒美に、おいしい飲み物を飲んだり、おいしい食べ物を食べたりして過ごすのはいかがでしょうか。忙しいママでも簡単にできる息抜きで、やってみると意外にハッピーな気分になれますよ。

たとえば、1日の終わりに紅茶とお菓子を食べながらゆっくりするのもよいですし、パパとお酒を飲みながらおいしいおつまみを食べて会話を楽しむのもよいでしょう。

また、日ごろから好きな飲み物や食べ物を用意して、昼間の少し空いた時間にでも、ほっと一息つけるようにしておくのもおすすめです。

コーヒーが好きな友人ママは、コーヒーを豆から挽いて作り、子どもも一緒に食べられるお菓子を手作りして、一緒に楽しんでいるそうです。

子どもが眠ったあとはDVDで燃料補給

子どもが眠ってしまえば、ひとまず自由に過ごす時間をつくることができますよね。たまには、お気に入りのDVDをゆっくりと楽しんで燃料補給してみるのはいかがでしょうか。

子どもが起きているあいだは、子どものお世話で忙しかったり、子どもからたくさん話しかけられたりすることもあり、なかなかDVDを楽しめる時間はないですよね。映画のDVDなら、1時間半~2時間ぐらいで1本観ることができますので、子どもが早く眠った日には、時間に余裕があるでしょう。

ほかにも、お笑い系のDVDで笑って疲れを吹き飛ばすのもおすすめです。週末に1回だけとか、月に1回だけなど決めて、その日ぐらいは家事や雑用を少し休んで、息抜きに時間を費やしましょう。

メイクやおしゃれが気分転換になることも

育児で忙しいママは、メイクやおしゃれまで気を使うことがあまりないですよね。「家にいる時間のほうが多いし、子どもに服を汚されることもあるしな」と、ほとんどすっぴんで1日中過ごしたり、部屋着に近いような格好をしていたりすることが多いかもしれません。

たまには、きれいにメイクしておしゃれをするだけでも、モチベーションが高まってよい気分転換になりますよ。とくに遠くにお出かけするときでなくてもかまいません。近所の公園やスーパーへ買い物に行くだけでも、メイクやおしゃれを楽しみましょう。

時間がなければアイメイクやリップだけでも、いつもと違う雰囲気になります。いつもと違うママを見て、子どももパパも喜んでくれるかもしれませんよ。

年に数回はちょっとリッチなご褒美を

サロンに出かけて身も心もぴかぴかに

なかなかゆっくりとした時間を過ごせないママですが、たまにはエステサロンやネイルサロン、ヘアサロンなどに行って身も心もぴかぴかにしてみてはいかがでしょうか。

今ではエステとネイル、ヘアのすべてを1カ所でできるサロンもありますので、1回で全身きれいにすることができますよ。あまり時間がなければ、ヘアサロンでカットやカラーリングをしてもらいながら、ネイルをしてもらったり、ハンドマッサージをしてもらったり、ヘッドスパをしてもらったりなど、いつものメニューにプラスして贅沢気分を味わうのもおすすめです。

子どもはパパや両親に預けたり、託児サービスやキッズルームがあるサロンもありますので、子どもを一緒に連れていくこともできます。

ドレスアップして高級ホテルで贅沢ママ会

子育て中だと、外食するといえばどうしてもファミレスやフードコートなど、子ども向けのメニューがあって、子連れでも気兼ねなく行ける子連れの家族が多い場所に行くことが多くなりますよね。

でも年に1回や2回ぐらいはドレスアップして、普段は行かないような高級ホテルで贅沢にママ会をしてみてはいかがでしょうか。普段の外食以外は、自分で作った料理を食べることが多いですし、たまには、贅沢な料理を味わうのもよいですよ。

また、子どもが一緒だと汚れるのが心配で、なかなか着ていなかった服を着るチャンスでもあります。お金はかかりますが、めったにやらない贅沢を楽しんで、日ごろの疲れを仲のよいママ同士でリフレッシュしましょう。

家事や育児、美容に役立つグッズを買おう

育児や家事でなかなか疲れを解消できないママも多く、「なにかご褒美がほしい」と思ったことはありませんか。そんなときは、自分へのご褒美に、少しリッチな家事や育児、美容に役立つグッズを買ってみるのもよいですよ。

・美顔器やフェイスパック
1回の使用でも効果を実感できるので、日ごろ忙しくて自分の肌をケアする時間がないママにおすすめです。

・ハワイコナ
世界のコーヒー生産量のなかで極めて希少なコーヒーで、砂糖を入れなくても甘みがあって、コーヒーの苦手なママにも飲みやすいです。

・電動自転車
保育園の送迎や毎日の買い物にあるとやっぱり便利です。1度買えば長く使えるものなので検討する価値ありです。

・ロボット掃除機
掃除機の手間がかなり減って楽になります。

まとめ

毎日続く育児はママが考えているより大変なことです。息抜きすることに罪悪感を感じるママもいるかもしれませんが、ママが息抜きをすることは悪いことではありません。ストレスを溜めないために必要なことで、家族との時間を楽しめることにもつながります。

「頑張ったから自分にご褒美をあげよう」「家事を早く終わらせてゆっくりしよう」などと、小さな楽しみでもあれば大変なことでも頑張れるかもしれません。自分なりのいろいろな息抜きの方法を増やしていきましょう。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018