就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

3歳女の子が好きな遊びを知ろう!屋外、室内遊びのアイデアを紹介

3歳女の子が好きな遊びを知ろう!屋外、室内遊びのアイデアを紹介

3歳ごろの女の子は、おしゃべりが上手になり遊びの幅も広がってきますね。ピンクや花柄のかわいいものが好きになるため、遊びも女の子らしいものにしたほうがよいのでは?と思うママもいることでしょう。3歳の女の子の特徴や女の子と一緒に楽しめる屋外、室内遊びを紹介しますので参考にしてくださいね。

3歳の女の子はどんな時期?特徴を知ろう

1人でできることが増え、手先が器用になる

3歳になると1人でできることが増えていきます。挨拶が上手にできるようになったり、顔や歯みがき、手を洗うなど生活習慣も1人でできるようになってきます。ボタンのついた服を着るときは、「ママ着させて!」と甘えていたのに、自分でやってみようと前向きな気持ちが芽生えてくるでしょう。

はさみを使って簡単な工作をしたり、絵も上手に書けるようになってきます。指先が器用になってくるため、お箸を使いたがる子もいるでしょう。お箸の持ち方を教えるのは根気がいるものですが、2本がつながった矯正用のお箸を使うと簡単に正しい持ち方ができるようになってくれますよ。

トイレトレーニングでおむつが外れる子もいるので、温かく見守ってあげたいですね。

お友達と関わり、簡単なルールを覚える

3歳ごろになると、女の子は同じ女の子の友達と遊ぶようになってきます。相手の気持ちが少しずつわかるようになり、思いやりのある言葉かけもできるようになります。ときどきは、ケンカやおもちゃの取り合いをするかもしれませんが、コミュニケーション能力の発達を感じるでしょう。

簡単なルールも覚えられるようになってきますね。ブランコが人数分ないときは、「順番に使おう」と提案したり、「10回こいだら、次の人に交代ね!」とルール決めをして遊ぶこともあります。

親子で公園へでかけたら、どんぐりや葉っぱを拾い集め持って帰るといってきかないこともあるでしょう。ままごとや工作に使うなど発展的な考えもできるようになってくるのです。

大人の言葉の真似や服装や芸能人への興味

3歳の女の子でも、大人びた言葉づかいをすることがあるでしょう。「失礼しちゃうわ」や「〇〇かしら~?」など、つい「どこで覚えたの!?」といってしまうような言葉づかいをするので驚かされてしまいます。

このようなときは、意味を理解して使っているのではなく、周りの大人やテレビの芸能人のまねをしていることがほとんどです。アニメならディズニーのプリンセスやプリキュアに憧れて、主人公の言葉を覚えて使っているのでしょうね。

服装も大人びた服装をしたがり、ママのスカートをドレスに見たてて引きずって歩いたり、ぶかぶかのハイヒールに足を入れてみたりする子もいるでしょう。女の子が、かわいいものやきれいなものに興味を示しはじめるのもこの頃からですね。

BRIOの木製レールウェイの世界をもっとワクワクに!「スマートテックサウンド」シリーズ

PR

多くの子が一度は夢中になる汽車や電車のおもちゃ。年齢や興味に合わせ遊び方を変えられるので、長く遊べる点が魅力ですよね。今回は本格的なレール遊びに興味を持ちはじめた3歳頃のお子さまにぴったりなレール玩具・BRIO「スマートテックサウンド」シリーズを紹介します。ワクワクするしかけやアプリとの連携で、楽しみながらテクノロジーにも触れられる最新のおもちゃの世界をのぞいてみましょう。

3歳の女の子が楽しめる屋外遊びは?

想像力がつく!砂場でごっこ遊び

砂場遊びは、子どもが大好きな遊びですね。最近は、衛生面から砂場遊びを控えているというママも多いかもしれませんが、砂場遊びは想像力がつくので機会があれば遊んでみてくださいね。

3歳ごろの女の子は、砂場グッズを使ってごっこ遊びするのが大好きです。さらさらした砂を容器に流し込むだけでも楽しいですよね。砂を湿らせて型抜きするのもおもしろい遊びです。

親子で公園へでかけ砂場の縁に座っていると、「ケーキどーぞ!」といいながら泥団子を運んできてくれることもあるでしょう。公園に落ちている葉っぱや木の枝を、お皿やスプーンとして利用することもありますね。砂は子どもの力でも簡単に形作ることができるため、遊んでいるうちに想像力がついてゆくのです。

キックボードやペダルなし自転車

女の子のごっこ遊びは退屈だと感じるパパやママは、キックボードや自転車で一緒に遊んでみてはいかがでしょうか?3歳の女の子にキックボードはまだ早いと思うかもしれませんが、年齢が低い子でも安全に遊べるようにイスがついているものがあります。

はじめは、イスをつけてキックボードの感覚をつかみ、慣れてくるとイスを外して乗ってみることもできるようになっています。ハンドルの高さが調節できるものもあり、年齢に応じて使うことができるので便利ですね。

ペダルなしの自転車も楽しく遊べるでしょう。ペダルがない自転車は、常に足を地面につけて乗るため、恐怖感がありません。バランス感覚がよくなり、自然にペダルありの自転車を乗りこなせるようになってゆくのです。

広い公園や草むらで探検遊び

自然がいっぱいの公園なら探検遊びもおもしろいでしょう。探検しているうちに知らない植物や生き物に出会うことができそうですね。自然の中で遊ぶことは、子どもの脳が刺激され活性化されるため、成長にも役立つかもしれません。

公園で出会ったお花を持ち帰り、図鑑で調べてみるのもおもしろいですね。観察した後は、部屋に飾ったり、押し花にしたりするのも女の子らしい遊びですね。しおりやアクセサリーにしても素敵ですね。自然との触れ合いは、優しい心も育ててくれるはずです。

広い公園で草木が生茂っている場合は、子どもが草木で隠れてしまい、見失うこともあります。探検ごっこは大人も付き添い迷子にならないよう気をつけてくださいね。
28 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版