就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児の手遊びはメリットいっぱい!秋の手遊びを親子で一緒に楽しもう

幼児の手遊びはメリットいっぱい!秋の手遊びを親子で一緒に楽しもう

道具いらず、準備いらずで、いつでもどこでもできる手遊びには、子どもの成長にかかせないメリットがいっぱいです。手遊びによって期待できる効果と、いくつかのキーポイントをまとめてみました。ママも子どもも一緒に楽しみながらできる手遊びを育児に取り入れてみましょう。

幼児が手遊びすることのメリット

手を動かすことは脳の発達を促す

「いとまき」「げんこつ山のたぬきさん」「パンダうさぎコアラ」など、手を動かしながら子どもと歌える歌はたくさんありますよね。歌うだけでなく、なぜ手を動かすことが大切なのでしょうか?

簡単なことばと、覚えやすい動きを繰り返すことで、子どもたちは自然と歌を覚えます。遊びながら、新しい言葉を吸収し、動きと同時に覚えることで言葉の意味も理解していきます。そこからさらに自分の関心を広げ、新しいことを学んでいきます。

つまり、手を動かして歌を歌うことは、子どもたちの脳の発達を促すことにつながるのです。楽しみながら学べる手遊びは、子どもの成長にとても大切な効果をもたらすのですね。保育園や幼稚園でも手遊びが多く取り入れられている理由がわかりますね。

コミュニケーション能力を育てる

保育園や幼稚園では先生やお友達と、おうちではママと、と誰かと一緒にに手遊びをすることで、子どもは「人と一緒に何かをする喜び」「楽しいことを共有する喜び」を学びます。それがコミュニケーション能力の原点となるのですね。

「楽しい」という気持ちを誰かに伝えたいという思いから、「気持ちを伝える」言葉を学びます。そして、まわりと手の動きや呼吸を合わせようとする中で、協調性も身につけていきます。

みんなで少し大げさな動きをしたり、おもしろい動きのところで一緒に笑ったりすることがコミュニケーション能力の向上につながります。常に新しい歌や動きを覚えようとするよりも、何度も繰り返して同じ手遊びを行うのが効果的なようです。

リズム感や運動機能が発達する

手遊びのポイントは、「歌う」と「動作をする」を同時に行うことにあります。これを繰り返し行うことによって、リズム感が自然と身につくのですね。さらに、反射機能を発達させるという効果もあります。

大きな動物の動きの真似をしてみたり、背の高い木になってみたりなど、子どもたちの想像力を自由に使いながら行う動作は、普段それほど使わない手先などの動きを体感することにつながります。体感することにより、体の部位をどのように動かすのがよいかなども学んでいきます。

また、指先を動かす振り付けのある歌などは、楽しく遊びながら手先の器用さを発達させることに効果があります。大小様々な動きを取り入れながら、子どもと一緒に楽しく手遊びしましょう。

手遊びはいつから?親子で楽しむ秋の手遊び

手遊びは年齢に関係なく楽しめる

生後10カ月頃になると、「あー」「うー」などの発声をするようになってきます。この頃の赤ちゃんは、自分が出した声やまわりの声にしっかりと耳を傾けるようになります。動きはまだまだ難しいかもしれませんが、リズミカルな歌を歌ってあげると、聴覚によい影響を与えるようです。

ある程度動けるようになった赤ちゃんには、シンプルな動きと楽しいリズムの手遊びが向いているかもしれませんね。五感を使って遊ぶことは、脳の発達によい効果をもたらします。

幼児期になると、子どもたちの大好きな動物、乗り物、食べ物、キャラクターなどが出てくる手遊びも楽しいですね。歌と動きの両方から、子どもたちは色々な知識を吸収するでしょう。手遊びは年齢に関係なく楽しめるのですね。

みんな知ってる!秋の定番手遊び

季節に合った手遊びからは、その季節の特徴を学ぶことができます。ここでは、秋に合った手遊びをいくつか紹介しましょう。

「大きな栗の木の下で」は昔から親しまれている童謡のひとつです。栗が秋の味覚であることや、お友達と仲良く遊ぶ楽しさを、簡単な日本語とわかりやすい動きで学ぶことができますね。

「トンボのメガネ」は秋口にたくさん見られるトンボと、その不思議な目について歌った歌ですね。トンボが飛ぶ様子や大きな夕日など、秋によく見られる光景を体を使って表します。

「どんぐりころころ」は、腕をくるくると回し、どんぐりがころころと転がる様子を表現します。ストーリー性もあり、軽やかなリズムで歌える歌も楽しいので、子どもたちに人気ですね。

やってみよう!秋の新定番手遊び

新しい手遊び歌もどんどん増えています。「やきいもあっちっち」は、1~5歳の子どもを対象にした手遊びです。子どもの年齢に合わせて歌うテンポを変えるとよいですね。各コーラスの最後に「おなら」や「ぷー」など、子どもたちが喜ぶ歌詞が出てきますよ。

秋の定番である栗を題材にした「くりとくり」も1~5歳児を対象にした手遊び歌です。丸いくりの形を右手と左手で作り、それを合わせるとメガネになったり、くまさんになったり。想像力を働かせて、ほかにも色々なものを作ることができますよ!

「ひらひらもみじ」は、ゆったりとしたテンポで、子どもたちに葉っぱが風に舞う様子をイメージしてもらいます。各コーラスの最後には動物も出てきて、楽しく動きながら歌えますよ。

手遊びするときのポイントとママへの効果

ママが子どもと手遊びするときのポイント

手遊びは楽しいだけでなく、子どもの注意を引きつける力があります。そのため、保育園や幼稚園では、活動の合間や子どもの注意を向けさせたいときなどに効果的に使われています。

ママが子どもと手遊びするときに覚えておきたいポイントをご紹介しましょう。先に少し触れましたが、手遊びは子どものコミュニケーション能力を育てる効果があります。子どもと向き合って、体の動きや呼吸を合わせ、楽しさを共有していることを示してあげましょう。

手遊びは「楽しく」がポイントですから、明るい声と表情で、子どもに楽しさを伝えましょう。歌詞に合わせて表情を変化させたりするとよりおもしろくなり、子どもが「楽しい」と思う気持ちが大きくなりますね。

ママと一緒が楽しい!恥ずかしさは忘れよう

「音程やリズムがうまく取れないから、子どもと手遊びをするのは少し恥ずかしい」と思っておられるママさん。そういう声は少なくありませんから、心配しないでくださいね。

子どもたちは、ママと一緒に遊ぶことに大きな喜びを感じます。「ママが自分に注意を向けてくれている」「自分と一緒に楽しんでくれている」、子どもがそう感じられる時間こそが何より大事です。

恥ずかしさが抜けないときは、外出先や人前で手遊びするのを控えるなど、無理しないようにしましょう。おうちにいるときに、自分も童心に帰って、子どもと一緒に歌や動作を心から楽しめばいいのですよ!

歌のうまい、へたは関係ありません。子どもと楽しみを共有すること、それが大切です。

子どもとの手遊びはママのストレス解消にも

ここまで、育児に手遊びを取り入れることによる子どもへのメリットについて触れてきました。でも、この手遊び、実はママの心の状態にも深く関わる素晴らしい効果を持っているということがわかっています。

手遊びをする中で自然と行われるスキンシップは、オキシトシンというホルモンを分泌します。このオキシトシンはストレスを緩和し、安心感や信頼感を生み出すので、「幸せホルモン」「愛情ホルモン」などと呼ばれることもあります。

育児疲れなどで少しストレスが溜まっているかな?と感じたときこそ手遊び。子どもとふれあい、一緒に笑って楽しむことで、ママの心も豊かになります。心穏やかなママとのスキンシップは、愛情深い子どもを育むことにつながるでしょう。

まとめ

歌や動きは多少変わっても、手遊びという文化は昔から世界中で伝わっています。子どもの脳の発達促進、運動機能や言語能力の発達への好影響はもちろんのこと、ママのストレス解消にもなる手遊びは、育児に効果的に取り入れたいもののひとつですね。

昔からあるものだけではなく、最近では新しい手遊びの歌もどんどん登場しているようです。歌とともに動きを紹介している動画などもたくさんありますから、子どもが喜ぶ手遊びをぜひ見つけてみてくださいね。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018