就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

夫婦喧嘩をしても上手に仲直りするには?方法や決めておきたいこと

夫婦喧嘩をしても上手に仲直りするには?方法や決めておきたいこと

夫婦喧嘩はちょっとした意見の食い違いで起こってしまうものですよね。夫婦喧嘩の後は、できるだけ早く仲直りしたいものでしょう。しかし、仲直りのタイミングや方法は見つけにくいもの。今回は夫婦喧嘩をしたときの仲直りのタイミングや方法をお伝えします。

仲直りするための準備を整えよう

まずは冷静になることが大切

夫婦喧嘩はママやパパだけでなく、子どもにもよい影響を与えないですよね。そんな夫婦喧嘩はできるだけ早く仲直りしたいと思っているママやパパがほとんどではないでしょうか。

しかし、夫婦喧嘩をしているときはお互いが、冷静な判断をできない場合が多いですよね。そのようなときは、まず気持ちを落ち着かせるようにしましょう。

冷静になるにはその場を離れてみたり、一晩冷却期間をおいてみたりするのが効果的です。少し距離を置くと、落ち着いてパパの気持ちを考えられるようになりますよ。

そして、冷静になれたら自分の考えをまとめ、パパの考えにも耳を傾けるようにします。パパが伝えたかったことは何なのか、考えてみることが大切ですね。

夫婦喧嘩の原因を考えてみよう

冷静になった後は、夫婦喧嘩になった原因を考えてみましょう。そのときは自分の気持ちは一度置いておき、パパの真意はなんだったのか考えることが大切です。

喧嘩の原因が、どちらか一方にあることはまれではないでしょうか。どちらにもなにか原因があると思って、冷静に順序立てて考えていくようにしましょう。

ママは感情が優先しがちですが、パパは理論立てて話をする人が多いようです。理論立てて話をされると、上から物をいわれている感じがして素直に受け止めにくいですが、そんなパパの話から喧嘩の原因がわかることもあります。

そして、少しでも自分に悪かったところがあれば、素直に謝るようにし、2人で解決策を考えていくようにしてくださいね。

仲直りするためのタイミングを見極める

夫婦喧嘩をしたあとは、仲直りのタイミングを見極めるのが難しいですね。しかし、夫婦喧嘩はできるだけ早く終わらせたいものです。

いつもの夫婦喧嘩なら、しばらく時間をあけて普段どおりに話しかければよいでしょう。しかし、いつもよりも大きな喧嘩をしてしまったときは、仲直りのタイミングを考えるほうがよいでしょう。

そんな仲直りのタイミングは、パパがリラックスしているお風呂の後や、休日がよいのではないでしょうか。しかし、パパの仕事が忙しい場合などには、仲直りのタイミングを逃してしまうこともありますよね。

そのような場合は、メールで「ごめんね」の気持ちを伝えるのが一番ですよ。ママから謝りのメールが届くと、きっとパパはホッとするはずです。

先輩ママが実践している仲直り方法とは

「ごめんね」と素直に謝る

ママ友の中でも、夫婦喧嘩が長期化しないママに修復方法を聞いたところ、大抵はママが折れて「ごめんね」と謝っているようでした。早くパパと仲直りしたいという気持ちから、ママが先に謝るようですね。

しかし、ママの真意としては不本意な場合が多く、後でママ友に愚痴ってストレス発散をさせているママもいれば、先に謝っておいて、パパの気持ちが落ち着いたころに話し合いをするというママもいました。

結婚して間もない夫婦喧嘩では、パパから謝るということは少ないようですが、10年以上も連れ添った先輩夫婦は、ママから謝ることの方が少なくなるようです。喧嘩をしても、大抵パパの方が折れて大事にならないうちに終わってしまうようですよ。

軽いスキンシップで愛を伝える

ママの中には、素直に「ごめんね」と謝るのが苦手な方もいますよね。そんなママは、軽いスキンシップを心がけているようです。

スキンシップには、心身ともにリラックスし、ストレスを軽減させるという効果があります。スキンシップによって分泌される「オキシトシン」という神経伝達物質が、そのような効果を出すそうです。

このオキシトシンには、スキンシップをする人される人どちらにも同じような効果があるようです。ソファに座ったときに寄りそってみたり、軽く手をふれてみたり、ちょっとしたスキンシップが、仲直りのきっかけになりそうですね。

言葉に出さなくても愛が伝えられるスキンシップは、素直に謝ることが苦手なママにおすすめです。

メールや手紙で気持ちを伝える

素直にごめんねといえないママや、スキンシップも苦手というママは、メールや手紙で気持ちを伝えてみるのはいかがでしょうか。メールや手紙なら面と向かっていうこともなく素直になれますよ。

あるママ友は、メールで「ごめんね」と一言だけ入れるそうです。するとパパからは「ぼくも悪かった、いい過ぎた」など、すぐに返信がくるそうですよ。パパもすぐに返信をするくらいなので、仲直りのタイミングを待っていたのでしょうね。

お弁当を作っているママは、小さな手紙をお弁当に付けるそうです。おかずもパパが喜びそうなものをたくさん入れておくそうです。

いろいろな仲直りの方法がありますが、どの方法も先輩ママがやってみて成功しています。ぜひ参考にしてくださいね。

夫婦喧嘩をしてもすぐに仲直りするためには

2人で喧嘩をする際のルールを作っておこう

夫婦喧嘩はできるだけ起こらないようにしたいものですが、毎日一緒にいると喧嘩になってしまうことはありますよね。しかし、喧嘩をしても精神的に追い詰められるような喧嘩はできるだけ避けたいものです。

そのためには、喧嘩をする際のルールを作っておくとよいでしょう。ルールには喧嘩の長期化を避けたり、こじれたりしないようにする役割がありますよ。

喧嘩のルールの中でよく聞くのは、「子どもの前では喧嘩をしない」というルール。やはり、ママやパパは子どもの前では仲よしでいたいですよね。

ほかには、「喧嘩をしていても一緒に寝る」「身内の悪口はいわない」「昔の話は持ち出さない」など夫婦で話し合って決めている方が多いようです。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版