就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

 赤ちゃんの秋用の帽子の選び方!秋になっても帽子が必要な理由とは

赤ちゃんの秋用の帽子の選び方!秋になっても帽子が必要な理由とは

夏の日差しも和らぎ赤ちゃんとのお出かけもしやすい秋になると、赤ちゃんに帽子を用意するか迷うママも多いのではないでしょうか。そもそも秋に帽子が必要な理由はあるのか?帽子を選ぶときに気を付けるポイントやおすすめのタイプもあわせてご紹介いたします。

赤ちゃんに秋になっても帽子が必要な理由

まだ強い!秋の紫外線対策

日差しが強く対策をしっかりしていた夏に比べると、穏やかで過ごしやすくなってくる秋には油断しがちな紫外線対策。気温が下がり涼しくなってきても、実はまだまだ紫外線はたくさん降り注いでいるのです。

一年中降り注いでいるといわれている紫外線。曇っていても紫外線は届いているので、特にデリケートで刺激を受けやすい赤ちゃんのお肌はトラブルも起こりやすく、気づいたら頭皮が真っ赤に!なんてことも。

ダメージによる炎症で頭皮に痛みや痒みが出てしまったらかわいそうですよね。また紫外線によるダメージは目からも受けることがあります。お肌だけでなく目も守ってあげるという意味で秋もしっかりと紫外線対策をしてあげたいですね。

まだやわらかい頭を保護するため

赤ちゃんの頭は大人と違ってまだ骨がやわらかいです。赤ちゃんの頭蓋骨には大泉門という隙間が空いていて、触るとペコペコしていて驚くママやパパもいます。

骨がやわらかいのは、産道を通るときに頭が通りやすくなるようにするためや、大きくなる脳にあわせて頭蓋骨も動けるようにするためです。成長に合わせて隙間は閉じていくので安心してくださいね。

1歳半から2歳くらいまでには隙間も閉じてくるといわれています。それまではやわらかくデリケートな赤ちゃんの頭を刺激から保護するという意味でも帽子は必要になるのではないでしょうか。

髪の毛も少ない赤ちゃんが多いですから、少しでもクッションになるものがあったほうがいいですよね。

体温調節が未熟な赤ちゃんの防寒対策

大人よりも体温が高いといわれている赤ちゃんですが、体温調節が未熟なので外気温が下がると頭部から体温を奪われ身体が冷えてしまうことがあります。

秋になると急に気温が下がるなど、寒暖差が激しくなったり、強い風が吹いたりすることもありますよね。そのため、防寒対策の一つとして帽子がとても役にたちます。

帽子一枚でもとても暖かく感じるため、寒さを感じている赤ちゃんは夏場よりも帽子を嫌がることも少なくかぶってくれることが多いですよ。

個人差はありますが暑がる様子がなければ、少し寒いかなと感じるときには帽子をかぶせてあげるようにしてみましょう。洋服で体温調節するのも必要ですが、帽子ならもっと手軽に取り入れやすいですよ。

赤ちゃんの秋用の帽子の選び方

柔らかい素材でサイズの合ったものを

赤ちゃんの帽子を選ぶときにまず気にして欲しいのがサイズです。長く使えるようにと大きめのサイズを選んでしまいそうになりますが、できるだけ頭囲のサイズにあったものを選ぶことで赤ちゃんも帽子を嫌がらずにかぶってくれます。

頭囲の測り方は、耳の付け根からだいたい指2本上くらいの一番大きい部分です。測ったサイズより1~2cm余裕がある程度のサイズを探してみましょう。

そして、帽子選びには素材も重要です。特に秋冬用の帽子は暖かさやデザイン重視で選んでしまうと、デリケートな赤ちゃんの肌にあわずチクチクするなどして帽子を嫌がってしまうかもしれません。また、汗もかきやすいので通気性もあるといいですね。

化学繊維よりはウールや綿などがおすすめです。

ゴムがついたツバのあるタイプがおすすめ

秋になってもまだ日差しが強い日はありますので、日差しから守るという意味でツバのあるタイプの帽子はおすすめです。ついつい穏やかな気候に気が緩んでしまいがちですが、直射日光が肌に直接当たらないように帽子で防いであげましょう。うっかり帽子なしで外出して頭皮や顔が真っ赤になってしまわないように気をつけてくださいね。

また、帽子を嫌がってすぐに取ってしまう子にはゴムがついたタイプの帽子がおすすめ。きついゴムだと苦しくて嫌がりますのでゆるめで大丈夫です。風が吹いたときにも飛ばされにくいですし、赤ちゃんも自分では簡単に取ってしまうことも減るかもしれません。

ただし赤ちゃんはゴム部分を舐めてしまいがちなので、洗い替えを用意しておきましょう。

好きなキャラクターやデザインで選んでも

機能面ばかり注目してきましたが、たくさんの種類の中から選ぶときにそれだけでは選べませんよね。最終的にはデザインで選んでみましょう。

好きなキャラクターがいるのであればそのキャラクターを使ったものや、洋服にコーディネートしやすいようにおしゃれなデザインのものなど選ぶのはとても楽しいですよ。

この時期だけしかかぶれないような赤ちゃんらしいデザインを選ぶのもいいですよね。ママとのお揃いコーデをしてみたり、ちょっと変わったデザインのものを選んでみたり、洋服だけでなく帽子でも色々と遊び心を取り入れてみるとよいかもしれません。

ママがいくつか選んだ中から赤ちゃんが気に入ったデザインのものを選んでもらうのもよいですね。

秋に選びたい赤ちゃんのかわいい帽子

折り返してもかわいいツバ付きタイプ

帽子についているツバは紫外線を防止するためのものですが、そのツバを折り返すとかわいい柄や文字の入っているタイプのツバ付き帽子があります。

ツバをおろしている状態は普通のツバ付き帽子ですが、折り返してみると動物の顔が描いてあったりしたらシンプルなお洋服でもアクセントになっておしゃれになりますよね。

カラフルな柄とシンプルなデザインや、無地メインで少しアクセントのある柄など様々な組み合わせがありますが、そのときの気分にあわせて使いわけられるので便利ですよ。

実用性だけでなくおしゃれにもなれるツバ付き帽子タイプは秋に選んでみて欲しい帽子の一つです。明らかに赤ちゃんすぎる帽子は苦手だという方にもおすすめです。

小人みたいなとんがり帽子タイプ

赤ちゃんだからこそかぶせてみたい帽子として、小人みたいなとんがり帽子タイプもおすすめです。

丸い顔と丸い頭にちょこんと小さなとんがりがあるだけでかわいさ倍増ですよね。とんがり帽子は特徴的な形ですが赤ちゃんにはなぜか似合ってしまうんです。柄や色などを落ち着いた雰囲気のものにするとおしゃれにもなりますよ。

帽子をかぶった小さな小人さんと一緒の外にお出かけしたら、いろんな人の注目を集められるかも。赤ちゃんのかわいさを引き立たせてくれるデザインの一つだと思います。

抱っこひもでのお出かけで洋服でのおしゃれがなかなか楽しめないときでも、ちょこんと出た小人さんのような頭はアクセントになりますしぜひ試してみて欲しいですね。

ボア耳でくまに変身!ニットタイプ

ニットタイプの帽子で少し変化をつけたいママにおすすめなのは、ボアのポンポンのついたくま耳のニット帽です。

ポンポンが一つでもかわいいですが、くま耳のようになっているかわいらしいデザインは赤ちゃんにピッタリですよね。ニットタイプなので防寒対策はバッチリです。

ニットタイプの帽子は伸縮性もあるので、使用期間も長めですし寒い期間しか使えなくてもったいないということは少ないのではないでしょうか。

シンプルな色味でもかわいらしさはしっかりアピールできるくま耳のニット帽でお出かけも楽しくなりそう。ママとニット帽でお揃いコーデなんかも楽しめますね。

秋から冬にかけて大活躍のニットタイプの帽子もぜひ候補の一つにしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?日差しが柔らかくなり気温も穏やかになる秋でも、紫外線や防寒対策など様々な理由で赤ちゃんに帽子が必要だということはお分かりいただけましたでしょうか。

もちろん大切な赤ちゃんを守ってあげるという意味でたくさんの必要性をお伝えしてきましたが、何よりも赤ちゃんとのお出かけを楽しく過ごしてほしいというのが一番です。

たくさんの種類の中から選ぶのは難しいかもしれませんが、今回の内容を参考にぜひお気に入りの帽子を見つけていただけたら嬉しいです。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018