就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

3歳女の子の髪の毛をカットしたい!おすすめのヘアスタイルやコツ

3歳女の子の髪の毛をカットしたい!おすすめのヘアスタイルやコツ

3歳女の子なのに髪の毛が薄いけど大丈夫?

髪の毛が生えそろうのは4~5歳ごろ

女の子の髪の毛については、カットするか伸ばしながらアレンジをするかで悩むママも多いですが、髪の量についても気になったり心配に感じたりするママも意外と多いですよね。

「もう3歳になるのに、髪の量が少ない…」「女の子なのに、髪が薄くて…」と、ママとしては気になってしまいますが、髪の毛が生え揃うのは4~5歳ごろですから、あまり心配し過ぎなくても大丈夫ですよ。

3歳ごろまでの子どもは、成長のスピードの個人差が目立ちやすい時期でもあります。髪の毛も同じように毛の太さに個人差があるので、毛が太ければ髪が多く見え、細ければ薄く見えるのです。

また、髪の毛には毛周期というものがあります。毛周期については次でご紹介しますね。

女の子の髪の毛が薄いときは気長に待とう

先ほど触れた毛周期について紹介しますね。

毛周期は髪が成長するサイクルのことで、髪の毛が成長する成長期、成長が止まる退行期、抜け毛が起こりやすくなる休止期、という三つのサイクルをずっと繰り返しています。

赤ちゃんのころに生え揃った髪の毛は、生後6カ月ごろまでに一旦生え変わります。その後は4~5歳のころに、ある程度しっかりした髪が生え揃う時期に入るのです。

そして、小学校高学年ごろから中学生ごろの第二次性徴期にかけて、さらにしっかりとした髪質へと変化していき、高校生ごろになると髪の量や太さが一定するといわれています。

3歳ごろの子どもの髪は、まだまだ成長過程の初期状態です。今後の髪の毛の成長を気長に待ちましょう。

髪の毛が薄い女の子に似合うヘアアレンジ

ここでは髪の毛が薄い女の子に似合うヘアアレンジをご紹介しますね。

アレンジの一つ目は、簡単なツインのお団子です。髪を左右に分けてツインテールを作ります。最後にゴムを通すときに髪の毛をたわませて輪っかを作り、毛先はゴムに挟む要領で小さなお団子を作りましょう。長さがあれば三つ編みやロープ編みをしてゴムの周りに巻き付けてもOKです。

二つ目は玉ねぎヘアです。ツインテールのゴムから垂れた髪を1cm間隔ほどでゴムで結び、ゴムとゴムの間の髪を広げるように引き出せば、可愛らしい髪型が完成します。

髪の毛が薄い子どもは、髪を結うゴムを極細の輪ゴムタイプにするのがおすすめです。髪が絡むことが少なく、ゴムのボリュームも抑えられるのでアレンジがしやすくなりますよ。

まとめ

3歳の女の子の髪型に悩んだら、数回アレンジを試してみるのもおすすめです。何度かアレンジをしてみて、子どもがじっとしていられるか、アレンジ後に痛がったり嫌がったりしないかなどを確認してみましょう。子どもによってはアレンジを嫌がる子もいますから、そのときにはカットでスッキリさせるとよいですね。

お家で子どもの髪をカットする際には、できれば散髪用のハサミを用意しましょう。すきバサミもあると毛先のガタガタ感の軽減や、毛量の調整もできて便利ですよ。

子どもに似合う髪型やヘアアレンジを楽しみましょう。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND