就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

Instagramの検索で知られたくない!ママの上手な利用方法

Instagramの検索で知られたくない!ママの上手な利用方法

Instagramで日常の風景や趣味のものを写真に撮って投稿すると、同じ考えや趣味を持つ人たちと繋がりができて楽しいですが、ママ友に自分の投稿を見られたくないママもいるでしょう。ここではママ友から自分のInstagramを検索されにくくする方法や、検索されやすくなってしまう使い方などをご紹介します。

Instagramを使っているママ事情

子育て情報の収集に利用するママたち

子育て情報はインターネットで検索する時代ですが、最近では特にInstagramで子育て情報を収集しているママが増えているそうです。Instagramは写真投稿がメインなので、さっと見てわかりやすいというメリットがあります。

忙しい家事や育児の合間の隙間時間に、育児情報をゲットできるのは嬉しいですよね。また、子育て中にはほかのママたちから直に発信される情報や口コミが欲しいものですが、Instagramでは個人の投稿を手軽に検索できます。

隙間時間にすぐ読める育児漫画も人気です。ママが描いた育児漫画から子育てのヒントをもらったり「悩んでいるのは自分だけではない」とほっと安心したりできるのも、Instagramのよさかもしれません。

ママ友に検索されたくない理由とは

Instagramでは趣味やイベント事から、何気ない日常のひとこままで気軽に投稿して楽しむ人も多いです。自分の投稿をママ友がいつも閲覧していれば、プライベートをあることないこと推測される可能性があります。

Instagramをしているママ同士でフォローし合っていると、お互いに相手の投稿に「いいね」やコメントをしないといけない雰囲気ができる場合もあるでしょう。すると気が進まなくても「いいね」をする必要も出てくるかもしれません。

また、子どもの自慢合戦になるケースもあるようです。ママ友に気を使いながらInstagramをするのは疲れますよね。このような理由から、ママ友づき合いとは別にInstagramを楽しみたいと考えるママもいるのです。

ママ友に知られたらブロックするのもあり

会話などからママ友に自分がInstagramをしていると気づかれても、相手が自分の投稿を見る前であれば、相手のアカウントを先に見つけブロックするという方法もあります。こうすると相手が自分のアカウントを検索できなくなるだけでなく、ハッシュタグ検索をされても表示されません。

ブロックしたことも相手に通知されないので、知られないためのよい方法といえます。ただ、Instagramは訪問者がわからない場合が多いので、すでに訪問していると相手は急に投稿が見られなくなったりフォロワーになれなかったりして、ブロックされたことに気づきやすいです。

Instagramを始める時点でママ友のアカウントを見つけて先にブロックしておくと、知られる可能性が低くなりますよ。

ママ友から検索されにくい設定方法

登録するアドレスやSNSの連携に注意

Instagramには、自分の端末の連絡先に登録されている人のアカウントを自動で見つけて表示する機能があります。Instagramに登録するときは新規でフリーメールアドレスを取得するなどして、ママ友の連絡先に登録されていないメールアドレスを使うと知られにくいですよ。

また、ほかのSNSのアカウントでInstagramに登録したり登録後に連携を許可したりすると、そのSNSを使うママ友にInstagramを利用していることを知られやすいので注意が必要です。

ユーザー名やプロフィール画像をほかのSNSと同じものにしたことで、ママ友に特定されたママもいます。名前や画像は自分とわからないものにしたうえで、ほかのSNSとは別のものを使った方がよいでしょう。

秘密のアカウントや非公開アカウントにする

Instagramはアカウントが追加できるので、ママ友にアカウントを知られてもそれとは別に「秘密のアカウント」を作れます。秘密のアカウントはママ友が知らないメールアドレスで登録し、ユーザー名やプロフィールなどは自分だと特定されないものにしましょう。

また、ほかのSNSと連携しないのはもちろん、プロフィールに電話番号を登録しない方がよいかもしれません。電話番号を登録するとセキュリティは強化されますが、検索される可能性があります。セキュリティ対策は認証アプリでも可能です。

プライバシー設定の「非公開アカウント」をオンにすると、許可した人以外には自分の投稿を見られません。ママ友に投稿内容を見られたくない場合は、非公開アカウントにするのも一つの方法です。

おすすめアカウントの表示をオフにする

秘密のアカウントを作っても、ママ友の端末に「おすすめアカウント」として自分のアカウントが表示される可能性があります。おすすめアカウントにはフォローしたアカウントに関連したアカウントが表示されるので、趣味の繋がりや知り合いの知り合いなど、思わぬところで自分のアカウントがママ友に知られる場合があるのです。

おすすめに表示されないようにするには、「おすすめアカウントの表示」をオフに設定する必要があります。この設定はアプリではなくブラウザでInstagramにログインして行うので、パスワードが必要です。

ログイン後にプロフィールの編集画面にある「同じようなアカウントのおすすめ」のチェックを外して送信すると、表示されなくなりますよ。

ママ友に知られる可能性がある三つの使い方

身近な場所をハッシュタグにつける

ハッシュタグは閲覧数を増やしますが、身近な場所にするとママ友に知られる可能性が高まります。身近な場所といえば地域の公園や最寄り駅などがありますが、ハッシュタグをつけて頻繁にその内容を投稿すると、さらに特定されやすいです。

例えば「◯◯公園」と子どもとよく行く公園をハッシュタグにすると、閲覧したママ友は投稿内容から「あのママかも」と推測できる場合があります。「お友だちと仲良く滑り台」などと説明文がある投稿をすれば、たとえ滑り台の写真だけでも投稿日で「この日はうちの子とあの公園の滑り台で遊んだから、あのママの投稿だ」と推測が確信に変わるかもしれません。

ママ友に知られないためには、ハッシュタグは自分や家族を連想させないものをおすすめします。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事