就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

困ってしまう赤ちゃんのイタズラ!夢中になるおもちゃの作り方を紹介

困ってしまう赤ちゃんのイタズラ!夢中になるおもちゃの作り方を紹介

日々成長する赤ちゃんですが、できることが増えるたびにイタズラの種類が増えママを困らせてしまうことがありますね。赤ちゃんはなぜイタズラをしてしまうのでしょうか。赤ちゃんがやりがちなイタズラとイタズラ対策になる手作りおもちゃのアイデアをご紹介します。

0歳の赤ちゃんがやってしまうイタズラとは

ティッシュをたくさん出し続ける

手先が少しずつ器用になってくる赤ちゃん。物をつかんだり握ったりできるようになると、遊びの幅も広がりますね。ただ、ママが「大人しくしているな」というときに限って困ったイタズラをしているのが赤ちゃんというものです。

特にティシュの箱やおしりふきのパックには要注意ですね。ちょっと目を離した隙に箱からティッシュを全部出してしまった、おしりふきが部屋中にばらまかれていた、なんてことを経験したママも多いのではないでしょうか。

確かに、ティッシュなど次から次に出てくる様子は不思議で面白いものなのかもしれませんね。夢中になってティッシュを出し続ける赤ちゃんの顔も真剣です。おしりふきは乾くと使うことができなくなってしまうので、出しっぱなしには気をつけましょう。

大事な物をあちこちに隠してしまう

赤ちゃんは大人の真似をするのが大好きですね。普段の生活の中でママがゴミを捨てたり、物を引き出しにしまったりする様子もよく見ています。しかし、捨てるという感覚や何をどこにしまうのかなどの意味にはまだ気がついていないので、手に取ったものをゴミ箱に捨てる、しまうというイタズラをしてしまいます。

赤ちゃんにとっては大人がやるのと同じようにまじめに取り組んでいますが、ママはリモコンをゴミ箱に入れられて1日中探し回ったり、あり得ないものが引き出しから出てきてびっくりしたりすることもあるのではないでしょうか。

思わず笑ってしまうようなものが色々なところから出てきて、まるで宝探しのようではありますが大事なものは赤ちゃんの手の届かないところにしまいましょう。

食事中も食器や食べ物に興味津々

ママにとって食べ物は「食べるための物」なので遊びたい衝動に駆られることはまずないと思いますが、赤ちゃんにとってはそうではありません。見るもの、触れるもの何にでも興味を惹かれるのが赤ちゃんですね。

スプーンが食器に当たる音、おかゆが手の中でぐちゃぐちゃする感触、野菜がコロコロと転がっている様子など、食べるのをそっちのけで遊びに夢中になってしまうことがあります。いわゆる遊び食べといわれ、ママが困ってしまうことの一つですよね。

ママが赤ちゃんの遊び食べに困った顔をするのも楽しく感じているので、ママの顔を見ながらイタズラすることもあります。食事中、赤ちゃんが食べることに集中して、きちんと座っていられるようになるまでにはもう少し時間がかかるかもしれません。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

イタズラには赤ちゃんの成長に大切な要素も

好奇心いっぱいで探索と確認をしている

ママにとっては困ったイタズラも、赤ちゃんの発達には欠かせない大事な行動であるといわれています。赤ちゃんの目に入るものすべては新しく「なんだろう?」という好奇心が赤ちゃんを突き動かして、触って握ってそれが何であるか確認しているそうです。

こうした行動は「探索行動」と呼ばれ、赤ちゃんの発達の指標にもなっています。心と体が順調に発達していれば、月齢に合わせた探索行動が見られるのが普通です。探索行動はつかまり立ちが始まるころに見られるようになるといわれていますが、その前から目に入るもの、手に触れるものに対し強い好奇心を示し、「あれは何かな?」「触ったらどうなるかな?」という気持ちを素直に行動に移します。

五感を刺激することで脳の発達を促す

ママが当たり前にやっていることも、赤ちゃんには難しいことが多いですね。大人と同じように行動するために、何事も練習が必要です。たとえば鉛筆や箸を持つためにも指先を器用に使えるように練習しておく必要があります。

物をつまむという行為は簡単なように思えても、親指、人差し指、中指を連動させてつまむものの大きさや硬さに合わせて力をコントロールしなければいけません。さらに、手指を使うこと、感触や色を確かめて五感を刺激することは脳の発達を促すともいわれています。

たとえばティッシュを引き出すようなイタズラも、手指の運動、脳の発達につながると思うとむやみに止めるのではなく、遊びとして取り入れてもよいのではという気持ちになりますね。

夢中になることで集中力を養うきっかけに

赤ちゃんがイタズラしているとき、ニコニコしていることもあるかもしれませんが、夢中になればなるほど真剣な面持ちになっていくことはないでしょうか。イタズラをしているときの赤ちゃんの脳はフル回転していて、大人顔負けの集中力を発揮しています。

「なぜ?」「どうなる?」と考えながら夢中で行動しているのかもしれませんね。勉強など物事に取り組むとき、集中力があるかないかが結果に大きな影響を与えることがあります。集中力がないと、何事も続かず達成感や充実感も味わえなくなりますね。

大人になっても大切な集中力は3歳までに養われるといわれています。しっかり集中できるようになるためにも、赤ちゃんが真剣にイタズラしているときは邪魔しない方がよいようです。

イタズラ感覚で遊べるおもちゃの作り方

どんどん出しても平気なハンカチケース

ティッシュやおしりふきの引き出し被害にあっているママにおすすめの「ハンカチケース」を作ってみましょう。手作りおもちゃは難しそうという不器用なママでも難しい工程は一切なし、家にあるもので簡単にできますよ。

まずは、使い終わったティッシュペーパーの箱やおしりふきのパックを取っておきましょう。その中にハンカチを畳んで入れるだけです。次々と出てくる仕様にするため、本物のティッシュのように畳み方を工夫するとさらに面白さがアップします。

ハンカチケースはほかの箱や袋でもできますが、赤ちゃんはママが使っている物をよく観察しています。おもちゃと分かってしまうよりも、日用品らしさが出るように使い終わりの箱、パックを再利用しましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC