就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

1歳の子どもの適切な睡眠時間は?一日の中でバランスのよい睡眠を

1歳の子どもの適切な睡眠時間は?一日の中でバランスのよい睡眠を

1歳の子どもをスムーズに寝かせるコツ

寝るときはパジャマに着替える習慣を

子どもが寝つくまでに時間がかかっているようなら「寝るときはパジャマに着替える」ということを習慣にして見るのはいかがでしょうか。パジャマに着替えずに寝たときよりも、寝つくまでの時間を短縮できたというデータもあるようですよ。

1歳児のお着替えは時間がかかるし、せっかく眠たくなっているときに着替えを挟んだら起きてしまうのではないかと思われるかもしれませんが、毎回習慣にしていると脳が勝手に寝る時間だと認識するようになります。

一瞬目が覚めそうになったとしても、脳が「寝るモード」に切り替わるのでスムーズに寝つけるようになるでしょう。また、パジャマは快適に眠れるように作られているので、リラックスして寝ることができますよ。

お昼寝の場所を決めておく

1歳児はまだお昼寝の時間も必要な時期でしたよね。子どもが寝ているときこそ、ママが家事を進めやすい時間でもありますので、お昼寝のときは寝室ではなくママの目の届く場所に寝かせている方が多いでしょう。

ママの目の届く場所、子どもが眠りやすい場所を選ぶということはもちろん大切なのですが、寝る場所はできるだけ同じ場所に決めておくとよいですよ。毎回寝る場所が変わると不安で何だか落ち着かなくなります。いつも同じ場所で寝ると安心できますよね。

また、バウンサーやお昼寝マットなど、お昼寝用の寝具も同じものを使いましょう。

寝るときにパジャマに着替えることと同じように、その場所に行くと脳が「寝るモード」に切り替わるのでスムーズに寝つけるようになるでしょう。

眠くてぐずりだしたらママのおんぶで後押し

毎回おんぶで寝かしつけというのはクセになるのでよくないですが、子どもにも「今日は特になかなか眠れない」という日があるでしょう。眠たそうなのにぐずって、いつもより時間がかかっているときには、おんぶでの寝かしつけを試してみてもよいかもしれません。

ママにおんぶされていることで、眠たくなるような適度な揺れと伝わる体温、ママの鼓動に触れる安心感など、眠たさを我慢できない要素で満たされます。

おんぶ紐を使っておんぶするならママの両手を塞いでしまうこともないので、家事を進めながらできますよね。子どもがぐっすり眠ったらゆっくりと下ろしましょう。早めに下ろすと目が覚めてしまうことがあるので気をつけてくださいね。

睡眠バランスを整える上での注意点

お昼寝は寝過ぎないように時間を調整しよう

ここからは、睡眠バランスを整えて質のよい睡眠を得るための注意点をいくつか紹介します。まずは、お昼寝は寝過ぎないよう時間を調整してみましょう。お昼寝の目安は、1日1~2時間ほどです。そのため寝過ぎてしまわないよう、時間がきたら優しく起こすことも必要ですね。

また15時以降にお昼寝をすると、夜の眠りと近くなるので長時間寝てしまいやすくなります。そうなるとぐずってなかなか起きなかったり、夜に眠れなくなったりするので注意しましょう。

夕方に眠たそうにし始めたときは、眠気覚ましにお風呂に入るとよいですよ。寝る直前にお風呂に入ると体温が上がり寝つきが悪くなる原因となります。夕方早めにお風呂に入っておけば、寝つきもよくしてくれますね。

夜は同じ時間に眠れるように入眠儀式を

子どもが夜にスムーズに眠りにつくと、睡眠バランスを整える上でもよいものです。そのため入眠儀式を取り入れて、できるだけ決まった時間に布団に入るようにしてみましょう。

入眠儀式とは寝る前に毎晩日課にした行動を行うことです。「これをしたら寝る時間」ということを子どもに習慣づけることができ、自然と「寝るモード」に入りやすくなります。

例えば、一緒に絵本を読んだり好きな歌を歌ったりなど、親子のコミュニケーションを入眠儀式にするのはいかがでしょうか。子どもの心が満たされてよい眠りを誘ってくれますよ。また、家の中のおもちゃに「おやすみ」と声をかけてから寝るというものよいですね。おもちゃに「おやすみ」を言ううちに、自分も寝る時間という意識が高まることでしょう。

睡眠以外の生活リズムも一定に

子どもに十分な睡眠時間を確保するためには、睡眠以外の生活リズムも整える必要があります。生活リズムが一定になることで、うっかり夜眠る時間が遅くなってしまったり、睡眠時間が不足してしまったりすることを防ぐことができるのです。

例えば、朝寝坊は一日のスケジュールを後ろ倒しにして、夜寝る時間が遅くなるきっかけとなります。そうならないよう早起きを目標に、できるだけ決まった時間に起きるようにしましょう。

生活リズムが整うと睡眠時間が確保されるだけでなく、遊ぶ時間やお昼寝の時間など一日の流れが決まってくるので、ママもスケジュールが組みやすくなりますよ。さらに、次にすることが子どもにも予測しやすくなるので、ぐずる回数が減るというメリットもあります。

まとめ

子どもにとって睡眠は、健康な心身のために大切なものです。そのため十分に取れているか心配になりますよね。1歳の子どもはまだたっぷりの睡眠が必要な時期です。今回紹介した平均睡眠時間を参考に夜寝る時間、お昼寝の時間などを考えてみてください。

家庭によっては、都合により就寝時間が遅くなり夜の睡眠を12時間確保することが難しいという場合もあるでしょう。そのときは多めにお昼寝をするなど、一日の平均睡眠時間を満たせるよう調節できるとよいですね。子どもが最適な睡眠を取れるよう、各家庭で工夫してみましょう。
36 件

関連記事

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND