就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもが泣くと家事ができない!子への対応法と家事負担を減らすコツ

子どもが泣くと家事ができない!子への対応法と家事負担を減らすコツ

「子どもが泣くので家事がはかどらない」という悩みはよく耳にしますよね。抱っこをせがまれる、後追い時期でママが離れると泣いてしまうなどの理由で、家事が思うようにできないママは多いことでしょう。今回は、ママがいないと子どもが泣く理由やその対処方法、家事負担を減らすコツなどについてご紹介します。

ママがいないと子どもが泣くのはなぜ?

母子分離不安の時期に突入している

「ちょっと離れただけでも大泣きしたり、後を追ってきたりするので家事ができない」という悩みを抱えるママは多いもの。少し離れるだけでも泣いてしまうと対応に困ってしまいますが、これは一般的に「母子分離不安」と呼ばれるもので、おおむねどの子どもにも見られる現象です。

ママがそばから離れると動揺してしまい、不安を感じて泣き出したり後追いをしたりする「母子分離不安」の現象は、認知能力の高まる生後8カ月ごろから現れはじめ、10〜18カ月ごろをピークに自然になくなっていきます。

離れるだけで毎回大泣きされては困ってしまいますが、これは「ママは大好きな人」だと赤ちゃんが認識できるようになった心の成長の証でもありますので、おおらかな心で見守りましょう。

怖くてママに助けを求めている

子どもの性格や気質にもよりますが、何に対しても怖がったり特定のものに対して恐怖心を抱いたりするなど、何かに怯えてママに助けを求めて泣いてしまっているケースも多々あります。

大人からすれば「どうしてこれが怖いのかな?」と微笑ましく思えるようなものでも、怖がりな子どもにとっては恐怖の対象となり得るのです。犬や猫などの動物や虫、風や木のゆれる音などの自然現象、雷、遊具、絵本のイラストなど、子どもによって怖がる対象はさまざまですが、その都度内容を確認してフォローすることが大切です。

年齢を重ねたり新たな体験をしたりすることで恐怖心を乗り越えられることも多々ありますので、あまり神経質にならず、気長にそのときを待ちましょう。

環境の変化のストレスで泣くことも

3歳ぐらいまでの子どもであれば、ママの姿が見えなくなることに不安を感じて同じ家にいても泣いてしまうことがありますが、成長とともに「今はいないけれど、あとで戻ってくる」とわかるようになり、母子分離不安は次第におさまっていきます。

しかし3歳以降になってもママが離れたときに泣いてしまう場合、ただ不安を強く感じやすい性格であるケースもありますが、環境の変化がストレスとなっていることもあるので注意が必要です。

引越しや入園、ペットや家族との別れ、兄弟の誕生などによる環境の変化への不安から、ママへの依存度が高まることは多々あります。子どもがどのようなときに泣いたり甘えたりしてくるのかを注意深く観察し、不安を取り除くために愛情を伝えていきましょう。

子どもが泣くとき家事はどうしたらよいの?

家事は手抜きで子ども優先でOKにする

ほんの一瞬離れただけでも「大好きなママがいなくなる!怖い!」という恐怖心から泣いてしまう子どもの気持ちをくんで寄り添いたいところですが、いつまでもこの状態が続くとイライラしてしまうこともあるでしょう。

「いい加減、泣きやんで」「トイレぐらいゆっくり行かせてよ」と子どもの泣き声や後追いを不快に感じてしまったり、部屋の乱雑さや調理時間が確保できないことに対してストレスがたまったりすることもめずらしくありません。

しかしそのような時期もほんのひとときです。今は子どもに寄り添う時期だと割り切り、家事は手抜きにして子どもを優先しましょう。惣菜や冷凍食品、時短調理キット、外食などもうまく利用し、イライラせず子どもと接することができるとよいですね。

子どもと一緒に家事をする

ママは毎日家事に育児にと大忙し。抱っこをすることで家事がたびたび中断して困るのであれば、おんぶで家事をすると両手が空くのでよいですよ。お皿を洗ったり掃除機をかけたり、また買い物に行くときもおんぶでママと密着していれば安心できるという子どもは多いでしょう。

とはいえ、産後は骨盤がゆがみやすく、慣れない育児で腰痛になってしまうママは少なくありません。おんぶが難しい場合には、子どもにお手伝いをお願いする方法も有効です。

レタスをちぎる、玉ねぎの皮をむく、雑巾がけや台拭きをするなどの、簡単なお手伝いであれば小さな子どもでも可能でしょう。もちろん子どもですので完璧にはできませんが、親子で楽しみながら一緒に家事ができるとよいですよね。

家事の間はおもちゃやテレビに頼る

「後追いをしたりママを求めて泣き叫んだりしてくれるのは今だけ」とはわかっていても、家事をしないままでいるわけにもいかないですし、キッチンやベランダなどの危険なスペースにまで後追いされてしまうと困りますよね。

トイレや洗濯物の取り込みなどで数分離れる程度であれば、「◯◯してくるね」と一声かけてから離れることも可能ですが、料理のように時間がかかる家事のときには、お気に入りのおもちゃでひとり遊びをさせたり、テレビやDVDに頼ったりすることも、ときには必要でしょう。

もちろん、テレビを見せることに関しては家庭の方針もあるとは思いますので、子どもの月齢や性格に合わせ、適切な方法を試してみてくださいね。

ママの家事負担を減らすことを考えよう

パパに家事を協力してもらう

家事に育児に仕事にと、毎日が大忙しのママ。すべてを完璧にしたいところですが、ただでさえ料理、洗濯、掃除それぞれに時間がかかる上、小さな子どもがいることで「家事をやりたいけれど泣かれてできない」「片付けたそばからまた散らかされる」といった悩みも出てくることでしょう。

近年、女性の社会進出は増加傾向にありますが、共働き家庭においてもいまだに家事や育児の負担はママの方が多いケースはめずらしくありません。「どうして私だけがしなければならないの」とイライラする前に、パパにも家事を分担してもらいましょう。

お風呂を掃除する、洗濯物をたたむ、子どものおむつを交換する、などの簡単な用事をお願いし、家族で助け合いながら家事をこなしていけるとよいですね。

ママを手助けしてくれるサービスを利用する

小さな子どもがいる家庭にとって、毎日の洗濯や料理、掃除などの家事は避けては通れないものですよね。可能な限りパパや家族と家事を分担して乗り切りたいところですが、パパの帰宅が遅く、協力が期待できないケースも多々あることでしょう。

家事や育児が思うようにできない、家事の分担ができていないことが原因でパパともめてしまったり、精神的に疲弊してしまったりすることはめずらしくありませんが、できれば毎日を楽しく過ごしたいもの。多少の金銭的な負担はかかりますが、家事を外注することで解決することも一手です。

弁当の宅配や食材宅配サービスを利用して調理時間を短縮する、掃除や洗濯などは家事代行サービスにお願いするなど、予算に応じて利用してみるのもよいですよ。

家事が楽になる家電を使用する

「育児に追われて自分の時間どころか、睡眠時間さえ満足にとれない」と嘆くママは多いもの。肉体的にも精神的にも疲弊してしまう前に、家事の負担を軽減してくれる家電を使用してみてはいかがでしょうか?

お掃除ロボットや床拭きロボットがあればスイッチ一つで床掃除が終わりますし、洗濯乾燥機があれば夜のうちに乾燥まで終わらせ、朝にはたたむだけの状態にしてくれます。具材と調味料を入れてほったらかしにすれば完成する圧力鍋、後片付けを楽にしてくれる食洗機など、家事の時短をかなえてくれる便利な家電は多く販売されています。

一口に家電といっても多岐にわたりますので、まずはママが負担だと感じている家事を楽にしてくれるものから順次取り入れていくとよいでしょう。

まとめ

子どもの性格や月齢にもよりますが、多かれ少なかれどの子どもにも、「ママがいないと子どもが泣いてしまう」という時期はあるでしょう。

後追いなどでママにべったりな時期においても家事や育児を完璧にしようとすると、精神的にも肉体的にも疲れてしまいます。家事代行サービスや便利家電を利用して手抜きをしたり、おもちゃやテレビ、パパに頼ったりするなどして、少しでもママの家事負担を軽減できるよう工夫してみてくださいね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj