就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもが泣くと家事ができない!子への対応法と家事負担を減らすコツ

子どもが泣くと家事ができない!子への対応法と家事負担を減らすコツ

「子どもが泣くので家事が進まない」という悩みはよく耳にしますよね。抱っこをせがまれる、後追い時期でママが離れると泣かれるなどの理由で、家事が思うようにできないママは多いでしょう。今回は、ママがいないと子どもが泣く理由やその対処方法、家事負担を減らすコツなどをご紹介します。

ママがいないと子どもが泣くのはなぜ?

母子分離不安の時期に突入している

「子どもから少し離れただけでも大泣きしたり、後を追ってきたりするので家事ができない」という悩みを抱えているママは多いでしょう。少し離れるだけでも泣かれると、ママは対応に困ってしまいますよね。しかし、これは一般的に「母子分離不安」と呼ばれるもので、ほとんどの子どもに見られる現象です。

赤ちゃんからママが少しでも離れると動揺してしまい、不安を感じて泣き出す、後追いをするなどの行動は、認知能力の高まる生後8カ月ごろから現れ始め、10〜18カ月ごろをピークに自然になくなっていきます。

離れるだけで毎回大泣きされては困ってしまいますが、これは「ママは大好きな人」だと赤ちゃんが認識できるようになった心の成長の証でもあるので、おおらかな心で見守りましょう。

怖くてママに助けを求めている

子どもの性格や気質にもよりますが、何に対しても怖がったり特定のものに対して恐怖心を抱いたりするなど、何かに怯えてママに助けを求めて泣いているケースも多々あります。

大人からすれば「どうしてこれが怖いのかな?」と微笑ましく思えるようなものでも、怖がりな子どもにとっては恐怖の対象となり得るのです。犬や猫などの動物や虫、風や木の揺れる音などの自然現象、雷、遊具、絵本のイラストなど、子どもによって怖がる対象は様々ですが、その都度内容を確認してフォローすることが大切です。

年齢を重ねて新たな体験をしていくことで、恐怖心を乗り越えられる可能性が高くなります。あまり神経質にならず、気長にそのときを待ちましょう。

環境の変化のストレスで泣くことも

3歳ごろまでの子どもであれば、ママの姿が見えなくなることに不安を感じ、同じ家にいても泣いてしまうときもあります。成長とともに「今はいないけれど後で戻ってくる」と理解するようになり、母子分離不安は次第に治まりますよ。

しかし、3歳以降になってもママが離れたときに泣いてしまう場合、ただ不安を強く感じやすい性格なのかもしれません。環境の変化がストレスとなっているときもあるので、様子を見てみましょう。

引越しや入園、ペットや家族との別れ、兄弟の誕生などによる環境の変化への不安から、ママへの依存度が高まるときもあります。子どもがどのようなときに泣いたり甘えたりしてくるのかを注意深く観察し、不安を取り除くために愛情を伝えていけるとよいですね。

子どもが泣くとき家事はどうしたらよいの?

家事は手抜きで子ども優先でOKにする

子どもからほんの一瞬離れただけでも、「大好きなママがいなくなるのが怖い」と泣いてしまう子どもの気持ちに寄り添いたいですよね。しかし、いつまでもぐずられると、ママもイライラすることがあるでしょう。

「いい加減、泣き止んで」「トイレぐらいゆっくり行かせてよ」と、子どもの泣き声や後追いを不快に感じる、部屋の乱雑さや調理時間が確保できないことに対してストレスが溜まるときも、珍しくないのではないでしょうか。

ですが、そのような時期もほんのわずかです。今は子どもに寄り添う時期だと割り切り、家事は手抜きにして子どもを優先しましょう。惣菜や冷凍食品、時短調理キット、外食などもうまく利用し、イライラせず子どもと接することができるとよいですね。

子どもと一緒に家事をする

ママは毎日家事や育児に大忙しです。抱っこをすることで家事が何度も中断して困るのであれば、おんぶで家事をすると両手が空きますよ。お皿を洗ったり掃除機をかけたり、また買い物に行くときもおんぶでママと密着していれば、安心できるという子どもは多いでしょう。

とはいえ、産後は骨盤がゆがみやすく、慣れない育児で腰痛になってしまうママも少なくありません。おんぶが難しい場合には、子どもにお手伝いをお願いする方法も有効です。

例えば、レタスをちぎる、玉ねぎの皮を剥く、雑巾がけや台拭きをするなど、簡単なお手伝いであれば小さな子どもでも可能でしょう。もちろん子どもなので完璧にはできませんが、親子で楽しみながら一緒に家事ができると楽しい気分になれますよね。

家事のあいだはおもちゃやテレビに頼る

「後追いをしたりママを求めて泣き叫んだりしてくれるのは今だけ」とは分かっていても、時間や心に余裕がないとイライラしてしまいますよね。キッチンやベランダなどの危険なスペースにまで後追いされてしまうと、ママも困ってしまうでしょう。

トイレや洗濯物の取り込みなどで数分離れる程度であれば、「◯◯してくるね」と一声かけてから離れることも可能です。しかし、料理のように時間がかかる家事のときは、お気に入りのおもちゃでひとり遊びをさせる、テレビやDVDに頼るなどもときには必要ではないでしょうか。

テレビを見せることに関しては家庭の方針もあるので、子どもの年齢や性格に合わせ、適切な方法を試してみてくださいね。

ママの家事負担を減らすことを考えよう

パパに家事を協力してもらう

家事、育児、仕事に、毎日ママは動き回っています。すべてを完璧にしたいところですが、ただでさえ料理、洗濯、掃除にはそれぞれに時間がかかる上、小さな子どもがいることで「家事をやりたいけれど泣かれてできない」「片づけたそばからまた散らかされる」といった悩みも出てくることでしょう。

近年、女性の社会進出は増加傾向にありますが、共働き家庭においても家事や育児の負担はママの方が多いケースは珍しくありません。「どうして私だけがしなければならないの」とイライラする前に、パパと家事を分担することが大切ですよ。

お風呂を掃除する、子どものおむつを交換するなどの簡単な用事をお願いし、家族で助け合いながら家事をこなしていけるとよいですね。
34 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事