就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

1歳は抱き癖がつくほど抱っこしたい!安心感が子どもにもたらす影響

1歳は抱き癖がつくほど抱っこしたい!安心感が子どもにもたらす影響

子どもを抱っこしていると、周りの子育て経験者から「抱き癖がつく」と指摘されたことがあるママもいるのではないでしょうか。確かに一昔前は抱き癖を懸念する声が多かったようですが、今は少しずつ考え方が変わってきています。そこで今回は、抱っこによる安心感が子どもにもたらす影響について考えてみましょう。

なぜ抱き癖はよくないとされていたのか

泣けば抱っこしてもらえると子どもが覚える

子どもを抱っこであやしていると、親や祖父母などから「抱き癖がつくからあまり抱っこをしないほうがよい」と言われることがあるかもしれません。確かに、一昔前は抱き癖を懸念する考え方が一般的で、ママが抱っこばかりしていることをあまりよく思わない方もいるでしょう。

そもそも抱き癖とは、子どもが抱っこをしていないと不機嫌になったり、抱っこをしてもらえるまで泣き続けたりすることをいいます。

かつては、泣けば抱っこしてもらえることを子どもが覚えてしまうと、なんでも要求が通ると勘違いし、わがままに育つのではないかと心配されていたようです。そのため、赤ちゃんのうちから思いどおりにならないこともあると教え、厳しく育てる風潮がありました。

泣いてすぐ抱っこすると自尊心が育たない

一昔前の子育て理念として、泣いてもすぐに抱っこはしないという育て方が勧められていたことがありました。この時代のママたちは、泣いてもどうにもならないことを子どもが知り、自力で立ち直れるようになることを目標にしていたのでしょう。そうすることで、子どもが早くに自立できると期待されていました。

また、抱き癖がついてしまうと、子どもの自立が遅れ自尊心が育たないことも懸念されていました。子どもが自分の人格を大切にできるかどうかは、パパとママの子どもへの接し方によるという考え方は今も同じですよね。

しかし、時代を経て社会の状況も変わったことで、子どもの自尊心の育て方についても柔軟に対応していくことが必要になります。

抱っこによるママの負担を軽減したいから

そもそも抱き癖を懸念していた時代とは、子育て中のママを取り巻く環境が違います。一昔前は今のような核家族ではなく、祖父母も含め家族が多かったのでパパとママ以外にも抱っこしてくれる人がいました。

また、このころはちょうど女性が社会進出し始めた時代で、育児の傍ら働きに出るママもいたようです。そのため、ママとしては少しでも育児の手間を省きたいというのが本音だったのかもしれませんね。こうした背景もあり、「子どもはママがあまり抱っこをしないほうがたくましく育つ」と前向きに考えられるようになったようです。

女性が育児と仕事を両立する生活は、今ではさらに一般的となりました。しかし、今は子どもと接する時間が限られているからこそ、密に接したいというママが多いですね。

1歳児の抱き癖を恐れず抱っこを勧める理由

抱っこするママの心音を聞き安心感を得る

子どもにとってママの心音は、お腹の中にいるときから聞いている特別なものです。それは生まれてからも変わらず落ち着くものとして記憶の中にあるでしょう。そのため、子どもはママに抱っこしてもらうと、ママの心音が聞こえ安心感を覚えるのです。

1歳くらいになると「お腹が空いた」「おむつが濡れている」といった要求は、泣かなくても機嫌やしぐさでママに伝わるでしょう。しかし、嫌なことがあったなど、特に思い当たる原因がないときは、不安や甘えなどの気持ちから泣いているのかもしれませんね。

抱っこをして泣き止むということは、ママのぬくもりを感じて子どもが安心している証拠です。対応が早ければ機嫌の回復も早いので、迷わずに抱っこをしましょう。

愛情を感じることで自己肯定感を得られる

子どもは抱っこをしてもらうことで愛情を感じ、「ママやパパに大切にされている」と思えるようになります。こうした気持ちは自己肯定感に繋がり、これから成長していく上で様々なよい影響をもたらすといわれています。

例えば、失敗を恐れずに挑戦する強い心や、周りの友だちを大切にする優しい心が育つでしょう。これは、根底に「自分はかけがえのない存在である」という自信があるからこそ芽生える気持ちです。そのような子には自然と友だちや仲間が集まってくるので、学生や社会人になってからも楽しいと思えることがたくさんあるでしょう。

抱っこが子どもの将来を決めるというわけではありませんが、愛する我が子の明るい未来を考えると、赤ちゃんのうちからたくさん愛情を感じてほしいですね。

オキシトシンが分泌され親子で幸福感

ママと子どもの肌が触れ合う抱っこは、幸福感をもたらす「オキシトシン」というホルモンの分泌を促します。抱っこのよいところは、ママと子どもの両方にオキシトシンが分泌されることです。それにより子どもは安心感を覚え、ママは幸福感を得ることでさらに抱っこをしたくなるよい循環が生まれるでしょう。

幸せホルモンとも呼ばれるオキシトシンは、子どもの心を安定させるだけでなく、体の成長や社会性も育むといわれています。

また、ママにとってもメリットは多く、リラックスしてストレスホルモンが減少したり、皮膚や粘膜の血液循環がよくなったりするでしょう。悩みや心配事が尽きない子育ても、この幸せなひとときがあれば乗り切って行けそうですね。

抱き癖がある1歳児のママの対応方法とは

忙しいママは家事をしながらのおんぶが楽

ママが家事をするために子どもの元を離れると、すぐに抱っこを求めてくるという子もいるのではないでしょうか。ママとしては抱っこをしたいところですが、食事の準備など、どうしても家事をやらなければならないときもありますよね。

そのような忙しいママは、子どもをおんぶして家事をするとよいでしょう。抱っこ紐を使って抱っこをすれば両手は空きますが、前に子どもがいる状態では家事をしにくく、ストレスに繋がることもあります。また、前かがみの姿勢になりやすいので、激しい肩こりに悩むママも多いでしょう。

おんぶは抱っこと同様にママのぬくもりや心音を感じることができます。子どもは安心感を得られ、ママも猫背にならず抱っこをするよりも姿勢が楽でしょう。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND