就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

甘やかしの育児は子どもの自立を妨げる!自立心を育むアイデアを紹介

甘やかしの育児は子どもの自立を妨げる!自立心を育むアイデアを紹介

子どもを甘やかすと自立心が育たず、将来ニートになってしまう可能性があります。そもそも「甘やかすこと」とはどういうことなのでしょうか?甘えさせるとはまた意味が違うようです。ここでは、甘やかすとはどういうことなのかに焦点をあて、自立心を育むためにママができることを紹介します。

子どもの甘えを受け入れることが大切

育児の甘やかしと甘えの違いは?

子どもを甘やかすということと、子どもの甘えたい気持ちを受け入れるということは意味が違います。

子どもはときにはママに甘えたい気持ちになり、いつも自分でやっていることも「ママがやって」といったり、わざとわがままをいったりして親の愛情を確かめようとすることがあります。このような場合は甘やかしても大丈夫でしょう。子どもは親から愛されているということを確信し、少しずつ自分にも自信がもてるようになってくるといわれています。

逆に危険な甘やかしは、過保護や過干渉です。すぐに手伝ってしまったり、子どもの考えを代弁してしまったり、自分の頭で考えることをしないということは、子どもの将来に悪影響をおよぼす危険性があるので気をつけましょう。

甘えさせると子どもの自己肯定感が上がる

子どもは信頼でき、安心できる相手だからこそ、甘えたり、わがままをいったりできるといわれています。幼稚園や実家などで1人で過ごすときは意外とよい子にしていることが多い理由は、子どもなりに外の世界では頑張っているという証拠です。

ママはわがままをいわれたり、思い通りにならなかったときに暴れられたりすると「このまま放っておいたらわがままな子になってしまう」と危機感を感じるかもしれませんが、子どもの要求に応えて甘えさせてあげることは子どもに安心感(自己肯定感)を与えます。

ただし、要求に応えるといっても欲しがるままにお菓子やおもちゃを与えることではなく、子どもの気持ちに寄り添い、スキンシップをとることが大切です。

たくさん甘えた子どもの方が自立が早い

「たくさん抱っこすると抱き癖がついてよくない」「甘えさせてばかりいるとわがままな子どもになる」というイメージをもつ方もいるかもしれませんが、実はたくさん甘えた子どもの方が自立が早いといわれています。

そもそも子どもは自分のことは自分でやりたい、自立したいという欲求をもっています。そして、前述で紹介した自己肯定感は自立を促す重要な要素になります。

自己肯定感が高い子どもほど相手を思いやることができ、安心感があるので早く自立することができます。反対に、甘えを受け入れてもらえた経験が少ないと、非行に走ったり、依存したりして、満たされなかった心を満たそうと現実逃避をするようになります。幼児期にはしっかり甘えを受け入れましょう。

つらさから解放!子育てママを幸せにするスペシャリストはコチラ

PR

痛みやしびれで出来なくて困っていることを徹底的になくす整体はいりませんか?抱っこやオムツ替えで腰が、脚が痛い、しびれる…授乳していると腕や背中が痛い、しびれる こんなことを感じたら早目に解決しておきましょう! 楽に育児ができたら、お子様にもママにも、もちろんパパにも笑顔が広がります。当院は子育てママを幸せにするスペシャリストです!

子どもの自立をはばむ甘やかし育児

甘やかすと子どもは自立できない?

最終的な子育ての目標は子どもが自立することですが、近年自立できずに苦しんでいる若者が増えています。その背景には親の甘やかしがあるようです。

例えば、必要以上に「危ないからダメよ」などといってしまったり、「まだできないからね」と本人にやる気があってもママがやってしまったりしていると、子どもは失敗や痛みを学ぶ経験をしないまま大人になってしまいます。多少のケガなら許容するくらいの気持ちで、子どもに色々なことを経験させてくださいね。

また、欲しいといわれた物すべてを与えていると「働かなくてもママがなんとかしてくれる」「お願いすればなんでも手に入る」などと、お金の価値について間違った感覚をもって成長してしまう恐れもあります。

親都合の援助も甘やかしに

子どもが自分でやろうとしているのに、急いでいるからとつい手助けしてしまうことはありませんか?ママやパパにとっては甘やかしているつもりではなくても、親都合の援助は子どもの自立を妨げることになってしまいます。

子どもがやりたいと思っていることや自分でできることまでママが先回りして行ったり、過干渉になったりすることは甘やかしになります。「ママ、◯◯して!」と子どもがいってきたときは自立のために必要な甘えですが、子どもの意に反して手を出すことは甘やかしになるので注意しましょう。

急いでいるときについ手助けしてしまうなあと思い当たる場合は、少し余裕を持って行動してみるのもよいかもしれません。子どもが自分から甘えてくるまでは見守ってくださいね。

甘えさせてよいのは何歳まで?

「子どもは何歳まで甘えさせてよいの?」という疑問をよく耳にします。ピアジェやハヴィガーストなどの発達理論を基にいうとだいたい10歳前後になりますが、自立は環境による影響も大きいため、この時期に自立していなければいけないというわけではありません。

また、子どもは甘えを受け入れてもらえた経験を繰り返しているうちに、自然と甘えることが少なくなっていきます。何歳までというよりは、子どもが甘えてくるまでは甘えさせてください。

幼児期に完全に自立することはまずありません。小学校就学前になると子どもだけで頑張ってほしいと思うかもしれませんが、この時期はまだ甘える経験が必要です。子どもが甘えてきたときにはしっかりと受け止めてくださいね。

自立した大人ってどんな人?特徴は?

自分の力で物事を解決することができる

あなたは自立した大人とはどんな人だと思いますか?子どもが就職し、一人暮らしを始め経済的に自立したというだけでは、完全に自立した大人とはいうことができないようです。

本当の意味で自立した大人とは、自分の言動や行動に責任を持ち、何か問題に直面したときに自分の力で解決する能力もあわせもつ必要があります。問題が起こったときに自分で解決することができず、親を頼ったり、親をあてにして将来を設計するような大人では、親がいなくなったとき、生きる術を失ってしまうかもしれません。

これからの時代に求められる人材も、単に学校の成績がよく勉強ができる人ではなく、自分で問題を解決し、コミュニケーション能力が高い人だといわれています。
34 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND