就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもが冬なのに寝汗をかくのはどうして?原因と対処方法とは

子どもが冬なのに寝汗をかくのはどうして?原因と対処方法とは

寝汗による寝冷えには注意しよう

寝汗をかいたときに気をつけたいのが、寝冷えです。かいた汗が冷やされることで、体が冷えて風邪をひく原因となってしまいます。

これを防ぐには、こまめに汗を拭いて着替えさせてあげることが一番よい寝冷え対策となるのですが、子どもが寝入ってしまっている場合にはむずかしいですよね。

そこで、簡単にできる方法として、夜寝る前に、背中に汗取りパットやガーゼタオルなどを入れておいてあげることがおすすめです。汗をかいたらガーゼを抜き取ってあげるだけでよいので、寝汗が冷えて風邪をひいてしまうことを防げますよ。

夜中に子どもが汗をかいていることに気づいても、わざわざ起こして着せ替える必要がないので、子どもにもママにもストレスになりませんね。

異変を感じたらすぐに病院へ

子どもが冬にも寝汗をかくのはとても自然なことではありますが、場合によっては病気が原因で大量に汗をかいていることもあるので注意して見てあげたいですね。

たとえば、環境の変化やストレスなどが原因で「多汗症」になってしまっているケースもあります。また、甲状腺からホルモンが大量分泌されてしまう「甲状腺機能亢進症(バセドウ病)」の場合でも汗をたくさんかいてしまうという症状が起こります。

ほかにも、「糖尿病」や「自律神経の疾患」などでも大量の汗をかく症状が見られます。もともと子どもは新陳代謝が活発なので汗っかきですし、あまり神経質になってしまうことはありませんが、なにか異変を感じるような場合にはすぐに病院で相談しましょう。

まとめ

子どもが寝汗をかくことは眠っている間の体温調整の一環なので決して悪いことではありません。質のよい睡眠のためには大切なことなのです。

ただし、服や布団の着せすぎなどで必要以上に汗をかいていることもあるので、洋服や寝具選びには気をつけてください。大量にかいた汗による肌荒れや寝冷えにも注意しましょう。

子どもが毎日気持ちよく眠れるように、ママやパパができるかぎり、子どもの寝汗の対策をしてあげたいですね。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版