就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

2歳の子どもが足を痛がったら?考えられる原因や靴選びのポイント

2歳の子どもが足を痛がったら?考えられる原因や靴選びのポイント

小さい子が足を痛がるとき、原因がわからず困ってしまうことがあります。病気が隠れている可能性もありますが、活発に歩けるようになった2歳の子どもは、靴が合っていないことも考えられます。今回は2歳の子が足を痛がったときの対処法や原因、靴選びについてご紹介します。子どもに合った靴を選ぶ参考にしてくださいね。

2歳の子どもが足を痛がるときの対処法

まずは子どもがケガをしていないか確認を

2歳くらいになると、外で活発に遊びケガが多くなります。急に子どもが「足が痛い」と言ったときは、ママはまずケガの確認が必要です。

ケガをしていた場合、軽度のすり傷、切り傷や打撲の場合は家で手当てできるものもあります。しかしそれ以外は、外科か小児外科を受診した方がよいですよ。

ガラスや木片などを踏んでできた刺し傷は、小さく見えても受診した方が安心です。見えなくても深く刺さっていたり、皮膚の中で刺さったものが折れていたりすると、感染症を引き起こす可能性があるからです。

骨折するとひどく痛んで腫れる場合が多いですが、小さい子はそれほど腫れないこともあるようです。打撲か判断がつかないときも含めて、骨折が疑われる場合はすべて受診するようにしましょう。

足の疲れやストレスで痛みが出ることも

2歳くらいだと足の指の力が弱く、しっかりと指が地面についていないことがあります。すると体の重心がかかとの方にいき、立ったときに膝が本来とは反対の方向に反り返ろうとしやすく、痛みが出ることがあるといわれます。

子どもは骨や関節が柔らかくて未熟なうえに動きが多く、足に負担がかかり関節などに疲労がたまりやすいこともあるそうです。夕方や夜に「足が痛い」と泣いて、朝には治っているなどというのは、これが原因かもしれませんね。

寂しい、かまってほしいなどという心のストレスでも足の痛みが出るといわれます。これは子どもが嘘をついているのではありません。

大人でも緊張するとお腹が痛くなることがあるように、子どもの心の不安定さが体に現れているのです。

痛みが続くときは病院を受診する

もし子どもの足の痛みが続いたり、激しく痛んだり腫れたりする場合は、病気が隠れていることがあります。病院を受診した方がよいでしょう。

3~13歳くらいで発症しやすい足の病気に「ペルテス病」があります。太ももの骨の頭が壊死する病気で、男の子は女の子の約4~5倍かかりやすいといわれます。

「第一ケーラー病」は、4~5歳くらいに発症することが多く、足の甲の部分が壊死して発症します。また、白血病や骨肉腫でも骨や関節が痛むことがあるそうです。

X脚やO脚で痛むこともあります。2歳くらいまではO脚傾向で3歳くらいでX脚が強くなり、ほとんどの場合、約6~7歳で自然にまっすぐになるといわれます。しかし、程度が強ければ病院を受診した方がよいかもしれません。

足を痛がるのは靴が原因の場合もある

小さい靴や大きい靴は子どもの足を痛める

子どもは歩き始めた頃、足の骨が小さく軟骨の状態で、4歳くらいから硬い骨ができ始め、骨が完成するのは約17~18歳といわれます。ですから、子どもが小さい靴や大きい靴を履いたままでいると、骨や関節の変形などのトラブルが起きやすいのです。

大きめの靴を履き続けると、靴の中で足がしっかりと支えられていない状態が続きます。すると、4歳くらいででき始める土踏まずが形成されず、足首が内側に曲がってしまう「内反偏平足」になる可能性があります。この状態だと疲れやすく、膝や腰に負担がかかりやすいのです。

小さい靴を履き続けると、足指が圧迫されて変形しやすく「外反母趾」になる可能性があります。「外反母趾」はひどくなると関節に強い痛みが出ることがあります。

お下がりの靴もなるべくなら履かせない

子どもは一人ひとり歩き方が違い、癖があります。それは子どもやママの靴の底を見てもわかります。しばらく履いた靴の底は、人により擦り減る場所などが違いますよね。

足の形もそれぞれ違い、甲が高かったり幅が広かったりします。前の子の足の形にフィットして癖が付いた靴を履き続けると、上でお話したようなトラブルが起きる可能性があるのです。

サイズアウトしやすい子どもに、お下がりはありがたいと感じるかもしれません。けれど子どもの足を守るために、できるだけ新品を履いた方がよいといえます。

もしお下がりをいただくときは、数回しか履いていないような、前に履いていた子の癖が付いていない靴で、子どもの足に合うものなら大丈夫かもしれませんね。

2歳の子ども靴はこまめにチェックを

小さい子の足の骨は小さく軟骨だとご説明しましたが、骨と骨同士もかみ合わず肉の中で離れているそうです。これは、子どもは多少小さい靴でも、痛いと感じずに履けてしまうことでもあります。

子どもが痛がらず履いているからとママがチェックしないでいると、足の爪が変形していることも。それが進めば足の形自体が変形するかもしれません。

子どもの足の長さは平均で、2~3歳の1年間に約10.8mm成長するというデータがあります。また、15.0cmの足の子が16.0cmの靴を履くのは、23.0cmサイズの大人が、24.5cm以上の靴を履くことと同じだそうです。

なるべく3カ月に1度くらいは足の大きさを測り、ちょうどよい大きさの靴に買い替えられるとよいですね。

2歳の子どもの靴を買うときのポイントは?

子どもの足のサイズを測ってから購入する

子どもの足のサイズを家で測るときは、目盛りがあるフットスケールが便利です。フットスケールはウェブサイトから無料でダウンロードできるものがありますよ。

子どもはじっとしていられる時間が短く、ママが足元で作業していると、のぞき込んで正確に測れないこともあります。子どもの目線上にお気に入りのキャラクターなどを貼ると、子どもは動きにくいかもしれませんね。

紙に子どもの足型を取る方法もあります。足のつま先とかかと、片足の左右で一番幅の広いところに先に印を付けると測りやすいですよ。

お店で測れば、足の幅や甲の高さも測ってくれることがあります。メーカーごとのわずかなサイズの違いなども教えてもらえ、子どもの足に合わせた靴選びの相談ができます。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC