就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

夜間断乳に必要な期間はどれくらい?スケジュールの組み方とコツ

夜間断乳に必要な期間はどれくらい?スケジュールの組み方とコツ

夜間断乳を成功に導くポイントとは

赤ちゃんの生活リズムを整えよう

夜間断乳を始める前に、赤ちゃんの生活リズムを整えましょう。毎日同じ生活リズムで生活できるように、起床や食事、お風呂や就寝の時間にも注意してみるとよいですよ。

まずは、生活リズムを整えるために最も大切な、起床と就寝の時間をしっかりと決めるようにしましょう。起きる時間と寝る時間が決まれば、日中の過ごし方として食事やお昼寝、遊ぶ時間などが同じような時間帯に定まり、毎日を一定のペースで過ごせるようになります。

生活リズムを整えることは、夜泣きの対処法にもなるといわれています。夜間断乳や夜泣き予防のためだけでなく、卒乳に向けての準備や赤ちゃんのこれからの成長のためにも、毎日の過ごし方を意識してみましょう。

パパや家族に協力してもらうことも大切

夜間断乳のために、パパや家族の協力を得られると心強いですね。あえてパパのお休みの大型連休を狙って夜間断乳に踏み切ったママもいます。

特に初日は、赤ちゃんとママの根比べのようになります。先輩ママの話によると、赤ちゃんが大泣きしてもママはお世話に行かず、代わりにおっぱいの匂いのしないパパや家族が行くと、諦めてスッと寝てくれたそうです。

どうしても泣き止まない場合は、夜のドライブに出かけてみるのもよいでしょう。車の心地よい揺れのおかげもあって、すんなり寝てくれる赤ちゃんもいます。

赤ちゃんが泣いている間中、あやし続けることは腰や肩に負担がかかってくるので、パパや家族の協力を仰いで乗り切りましょう。

昼間にたくさん遊んでスキンシップをとろう

日中は思い切り体を動かして、汗をかくくらいママと一緒に遊びましょう。その疲れから、夜はぐっすり眠ってくれる赤ちゃんもいます。お天気に合わせて楽しく遊べる方法を室内、室外で探しておくのもよいでしょう。

いつもあった母乳やミルクがもらえなくなることは、赤ちゃんにとって不安に感じるものです。しかし、日中、しっかりとママとスキンシップをとることで、愛情をたっぷり感じることができれば、不安や寂しさが解消され、安心して眠れるようになります。

夜間断乳を始めるタイミングは、赤ちゃんにとってもママにとっても変化のときです。体を動かしながらしっかりとスキンシップをとることで、赤ちゃんの情緒は安定していきますよ。

まとめ

夜間断乳は、赤ちゃんとママの睡眠をしっかりと確保するためにも大切です。離乳食をしっかりと食べてくれるようになったり、母乳やミルク以外の飲み物を飲めるようになってきたりなどしたら、夜間断乳を始めてもよい時期です。

時期が早すぎてしまうと、赤ちゃんにもママにも大きな負担となってしまうので、タイミングを見極めることはとても重要です。

夜間断乳は、一度始めたら3日間は継続しましょう。夜間断乳を成功させるためにも、生活リズムを整えたり、パパや家族に協力してもらったりしましょう。
28 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版