就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

月齢で違う乳児のサイズを把握!服の選び方や足と頭囲の測り方

月齢で違う乳児のサイズを把握!服の選び方や足と頭囲の測り方

生まれてから1歳になるまでの間に、赤ちゃんはめまぐるしく成長していきます。体の発育に合った洋服を着せてあげたいけど、次の季節はどのサイズを買えばよいか分からないと悩んでいるママも多いはず。そこで今回は月齢ごとの服のサイズや帽子と靴下の必要性、また頭の大きさから分かる病気などについて紹介していきます。

乳児の服のサイズは月齢によって違う!

【50サイズ】生後0~2カ月

出産前は50サイズを中心にベビー服を選びましょう。肌着は短肌着、長肌着、コンビ肌着の3種類がありますが、特に新生児の頃は頻繁におむつ替えをするため足の部分が閉じていない短肌着や長肌着が便利です。また、ミルクの吐き戻しやうんち漏れで1日なん度も着替えることもあるので、5~6枚ほど準備しておけば安心ですね。

洋服は2WAYオールとプレオールがあります。新生児期を含むこの期間はあまり外出しないため、2~3枚用意して様子をみることをおすすめします。

ベビー服はすぐにサイズアウトします。可愛くてつい買いすぎてしまうママの気持ちも分かりますが、たくさん買っても1度も出番がないまま大きくなってしまったなんてことがあったらもったいないですよね。

【60サイズ】生後3~5カ月

生後3カ月を迎えると体重は生まれたときの2倍になり体つきも少しふっくらしてきます。また、多くの赤ちゃんは首がすわり始め、以前より手足を動かすようになる時期でもあります。

早い子では寝返りをするようになるため、ママも着せやすく赤ちゃんも動きやすいコンビ肌着やカバーオールが重宝するでしょう。首がすわっているなら頭からかぶるタイプのボディ肌着も着せやすいので試してみてはいかがでしょうか。

服の数ですが、赤ちゃんは大人が思う以上に汗っかき。大人が着ている枚数のマイナス1枚を目安にしましょう。冬場はベストなど温度調節しやすいアイテムがあると便利です。夏の冷房対策や冬場の防寒になるのでレッグウォーマーを活用しているママも多いようです。

【70サイズ】生後6~11カ月

生後6カ月になるとほとんどの赤ちゃんは寝返りをし、腰がすわり始めます。おむつ替えのときにじっとしておらず、寝返りで遠くへ転がっていく子もいるという話を聞くほど動きが活発になります。

ほかにも生後6カ月~11カ月はズリバイやハイハイができるようになったり、つかまり立ちを覚えたり、早い子は歩き始めたりとさまざまな動きをするようになるのが特徴です。腰がすわるようになると、カバーオールより大人の服のように上下別々の服が着替えがずいぶんと楽になります。

個人差はありますが70サイズの服を着る時期が最も短かったというママの体験談をよく聞きます。ベビー服を選ぶ際、60~70サイズの2WAYオールを購入すると長く着られてよいかもしれませんね。

乳児の服のサイズや選ぶときのポイント

赤ちゃんの体型にぴったりなサイズを選ぼう

必ずしも先ほど紹介した目安のサイズが当てはまるとは限りません。なぜなら身長や体重は個人差によるところが大きく、4,000g以上で生まれる赤ちゃんがいれば2,000g未満の赤ちゃんもいるからです。

このように生後すぐで2倍ほど体重が違えば、その後の成長にも少なからず差が出てくるでしょう。月齢だけを目安にせず赤ちゃんの体型に合っているかどうかを重視することがベビー服選びのカギです。

小さすぎる服では赤ちゃんが動きにくく発達の邪魔をするおそれがありますし、大きすぎる服は裾をふんで怪我をすることが考えられます。すぐにサイズアウトしてしまうから大きめの服を着せたいと思うかもしれませんが、できるだけジャストサイズの服を選んであげましょうね。

機能性や安全性を重視して選ぼう

可愛い洋服を着せたいと思うママの気持ちは分かりますが、赤ちゃんのうちは機能性や安全性が第一。素肌に触れる肌着は、赤ちゃんの繊細な肌を傷つけないように縫い目やタグが外側にあるものを選びましょう。

ほかにもフードや紐がついた服は可愛らしいですが、寝てばかりいる赤ちゃんにはもたついてしまいますし、万が一フードや紐がなにかに引っかかってしまったら首がしまる危険性があります。
また、ボタンやビーズがついている服はとれた拍子に誤飲をまねくことがあるので、これらはできるだけ避けたいですね。

赤ちゃんの動きが活発になっていくほど予想もしないことが起こります。あらゆる可能性を考えながらベビー服を選ぶのも周りの大人の大切な仕事になってきます。

着せにくいと感じたらサイズアップしよう

着替えさせにくくなったときがサイズアップの目安です。たとえば2WAYオールのボタンが止めにくくなったり、ボディ肌着を着せるときに頭がとおりにくくなったりしていませんか?それがサイズアップのサインです。丈はちょうどだけど太ももがムチムチしているというときも買い換え時かもしれません。

セパレート服も同じです。シャツのボタンが届かなければ腕があげにくくなりますし、ズボンやスカートはお腹にゴムのあとがつくようになると苦しいかもしれませんので、これらの場合も大きめサイズに移行したほうがよさそうですね。

赤ちゃんは自分が不快であることをうまく伝えられません。ですので、周りの大人が気付けるよう日頃からチェックしてあげることが大切なのです。

乳児の足のサイズの測り方や靴下を使う時期

月齢ごとの赤ちゃんの足のサイズ

赤ちゃんの足のサイズは生後0~3カ月で8~11cm、3~6カ月で9~12cm、6カ月~1歳半で11~13cmが標準的なサイズのようです。3歳までは3カ月に0.5cmほど大きくなるといわれているので、その成長のスピードには驚かされますね。

生まれたばかりの赤ちゃんに土踏まずはありません。それどころか軟骨が配置されているだけの状態なのです。成長とともに軟骨にはカルシウムが蓄積されて次第に骨へと変化し、立ったり歩いたりできるようになります。それでも歩き始める頃にはまだ足首の骨は完成しておらず、完全になるのは18歳前後だそうです。

土踏まずがないほかに指が扇状に開いていたり、足の幅が広いのが赤ちゃんの足の主な特徴です。

赤ちゃんの足のサイズの測り方

自宅で足を測るには計測紙を使う方法が1番簡単でしょう。計測紙とは足をあてるだけでサイズが測れる用紙です。ベビーシューズやスポーツシューズのメーカーの公式サイトに掲載されているので、プリントアウトしておきましょう。

まずかかとを計測紙のゼロに合わせ、子どもを立たせます。足に体重がかかった状態で測るのが基本です。赤ちゃんが指先を丸めているなら、のばしてあげてから計測しましょう。

シューフィッターに計測してもらうのもおすすめです。シューフィッターとは足と体の健康を学んだ専門家で、靴選びや計測のスペシャリスト。ママの強い味方になってくれるはずですので、定期的にプロに計測してもらうのもよいかもしれませんね。

靴下は靴をはくようになってから使おう

靴下が必要か悩むママもいるのではないでしょうか?はかせなくてよいという人も、はかせないと寒そういう人もいるので判断に困りますよね。

実は赤ちゃんは手足で熱を放出しているため、靴下やミトンをつけてしまうと体に熱がこもりがちになってしまいます。特に現代は冬場でも暖房がきいている家庭が多いので、外出しないかぎり靴下をはかせなくてよいでしょう。

特に立ったり歩き始めたりする時期は、滑り止めがついている靴下より裸足のほうがずっと安全です。それに足裏には多くの神経が通っていて、刺激を受けると感覚や脳の発達がよくなるともいわれています。

靴をはくようになれば靴下が必要ですが、それまでは裸足で過ごしてたくさんの刺激を与えてあげましょう。

乳児の頭のサイズと帽子の必要性を知ろう

月齢ごとの赤ちゃんの頭のサイズ

赤ちゃんの一般的な頭のサイズは、生後0~3カ月で40~42cm、生後3カ月~6カ月で42~44cm、生後6カ月~1歳で44~46cmです。それに比べてフリーサイズの大人の帽子の大きさは58cm。身長のわりにあまり変わらないと思いませんか?赤ちゃんは頭が大きいといわれるのが本当だということがよく分かります。

生まれたばかりの赤ちゃんは頭蓋骨が完全に繋がっていません。これは分娩時に必要なことで頭の骨が柔らかいほうが産道をとおりやすいからなのです。

それだけではなく成長する脳に対応するためでもあるようです。新生児の頭に見られる骨と骨の継ぎ目(大泉門)が小さくなっていくのは生後10カ月頃で、完全に継ぎ目がふさがるのは2歳前後です。

赤ちゃんに帽子は必要なの?

赤ちゃんにもできるだけ帽子をかぶせてあげましょう。外出する機会が少ないうちは帽子の必要性を感じないかもしれませんが、赤ちゃんが歩くようになりそのうち外で遊ぶことが多くなると熱中病の予防が必要になってきます。

特にここ数年の夏の暑さは厳しく、大人でも熱中症で倒れたり救急搬送されることも。小さな頃から帽子をかぶる習慣をつけておくと、赤ちゃんも帽子に違和感を抱くことなくスムーズにかぶってくれるでしょう。

それに赤ちゃんの肌はとても繊細です。大人にとってはどうということのない日差しでも、赤ちゃんにとっては刺激が強くてやけどや水ぶくれを起こすことも考えられます。冬場には防寒もできますし、できるだけ帽子を持ち歩くように心がけましょう。

赤ちゃんの帽子のサイズの測り方

先ほど紹介したとおり赤ちゃんの帽子のサイズは40cmを基準に3カ月ごとに2cmずつ大きくなるのが一般的です。しかし頭の大きさも個人差がありますので買う前に測ることをおすすめします。

帽子のサイズを測るためにメジャーを用意しましょう。耳の付け根より指2本分を並べた位置から後頭部の1番出っ張っているところ、そしておでこの生え際ちかくをとおって頭をメジャーで囲みます。測ったサイズに1~2cm足したサイズの帽子を選ぶと、かぶったときにきつくないのでよいかもしれませんね。

計測が難しい場所ですし、帽子にはニット帽やキャップなどさまざまな種類があってかぶり方も異なります。赤ちゃんと一緒に買い物へ行けるときは試着をおすすめします。

乳児の頭囲のサイズの大きさに注意しよう

乳児の頭が【小さい場合】に考えられる病気

乳児健診でも頭囲を測りますね。あれは頭囲が平均より大きすぎたり小さすぎたりしないかを調べるために測っているのです。一般的な頭囲から大きく外れたり、ある程度月齢が経ったのにまったく変化がない場合は病気の可能性が考えられるためです。

頭囲が大きくならないときは「小頭症」という病気の場合があります。これは染色体異常やママが妊娠中に風疹などにかかっていた場合(胎内感染)、それに細菌やウイルスが脊髄や脳に感染する場合(中核神経感染症)などで発症するケースがあります。

ほかにも妊娠22週以降から生後7日未満の周産期に重症仮死などが起こり、小頭症になることもあるようです。小頭症は合併症をともなうことも多く早期発見と治療が重要になってきます。

乳児の頭が【大きい場合】に考えられる病気

急に頭囲が大きくなった場合は「巨頭症」の可能性があり注意が必要です。巨頭症の原因の一つに水頭症があります。

これは脳内の髄液が過剰分泌されるもので、頭囲が大きくなるだけでなく発達運動障害やけいれんなどを起こす病気です。先天的な原因としては風疹やトキソプラズマへの胎内感染、後天的な水頭症はケガによるものや感染症への炎症が原因となることがあるようです。

それ以外にも脳腫瘍や染色体異常、ケガや感染症による硬膜下血腫や硬膜下水腫などさまざまな原因で巨頭症を引き起こしている可能性があります。

このような病気を発見するために乳児健診は行われているのですね。赤ちゃんのためにも早めにスケジュールを立てて乳児健診を忘れず受けましょう。

成長曲線にそっていれば心配しなくて大丈夫

頭には脳など人間が生きるうえで大切な機能が備わっています。だからこそほかの子と少し違うだけで不安になりますよね。

大人と同じように赤ちゃんの頭の大きさには個人差があります。遺伝によるところも多く、成長曲線から目立つほどはずれていなかったり、その子なりに少しずつでも成長の様子が見られるようならあまり心配する必要はなさそうです。

ただし新生児の頃から頭が全然大きくならなかったり、急に大きくなった場合は小頭症や巨頭症の可能性が考えられるのですみやかに病院を受診しましょう。またこれらを引き起こす要因の一つに風疹の胎内感染がありますが、妊娠中は人混みを避けたりパパにも風疹の予防接種を受けてもらうなどして風疹感染の予防に努めましょう。

まとめ

見た目の可愛さだけではなく、安全性や機能性でベビー服を選べば赤ちゃんもきっと大満足なはず。赤ちゃんがのびのびと快適に過ごせるよう、ママも発達に合わせた洋服選びを心がけてみましょう。

また、靴下は必ずはかせなければいけないと思っていたママは目から鱗が落ちる思いがしたのではないでしょうか?赤ちゃんはなるべく素足にして、足の裏からたくさんの刺激を感じてもらいましょう。赤ちゃんの足裏をこちょこちょして遊ぶのもおすすめの遊びなので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018